証券業界からの転職。おすすめエージェント3選

証券 転職

こんにちはカルロス(@crls1031)です。

僕は2011年に新卒で野村證券に入社し、1年半で退職しました。

僕は独立する道を選び、再びサラリーマンになる選択をしませんでした。

その課程では騙されて借金を負ったり、事業立ち上げを失敗して人間不信に陥ったりと散々な経験をしました。

スポンサードサーチ

証券会社員の市場価値は高い

今は年収200万円以下で生きていますが、それなりに楽しくやっています。

でも普通の人にこのような人生の歩みをおすすめはしません。

なかなかこのような修羅の道を進むことは難しいからです。

 

新卒で1年半証券会社に勤め、その後アルバイトなどで食いつないできたためキャリアがめちゃくちゃです。

そんな僕ですが、大手転職サイトの診断では現在の僕の市場価値は「年収630万円」と策定されました。

MIIDAS 630万円

やはり証券会社員であった実績は高く評価されるのでしょう。

証券業界のおすすめ転職エージェント

僕が野村證券を辞めた後にはちゃんと人生を考え、しっかりと転職することも悪い手ではなかったなと今は思います。

サラリーマンという働き方が一律で決して悪いのではなく、会社によって全く待遇が異なることもわかりました。

なので、今悩んでいる人は転職することで自分の環境を変えることも大いにいいことだと思っています。

そんな証券業界にお勤めの方におすすめの転職エージェントをこちらに紹介します。

証券業界のおすすめ転職エージェント

リクルートエージェント

ビズリーチ

doda

各企業に登録し、担当をつけ、有力な情報を比較することを強くおすすめします。

スポンサードリンク
証券 転職

この思い、届けッ!!!

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ、神奈川県川崎市育ち。2011年、早稲田大学 政治経済学部 経済学科を卒業。体育会ラグビー部に所属し、日本一を2度経験。五郎丸選手が4年生の時に1年生。2011年、新卒野村證券入社。1年半で逃げるように退社し、その後独立を試みるも、騙されて貯金を切り崩し、アイフル・アコム・レイクで借金100万円を負った。ブログを開始し、今までの失敗談や自分の考えを書き始めると、人生が好転し始める。最近は超楽しい。