【体験談】長島スパーランドで半年間リゾートバイトした体験談。(テーマパーク・東海・三重)

テーマパーク リゾートバイト

こんにちは、カルロス(@crls1031)です。

僕は冬の北海道春の箱根でリゾートバイトの経験があります。

今回は関西屈指のテーマパーク、三重県にある「長島スパーランド」で働いた友人に話を聞きました。

友人は2013年の4月から9月までの半年間働いたそうです。
 

テーマパークのリゾートバイトの話を聞きましたが、、、

\ 超楽しそう /

リゾートバイトを選ぶのに悩んでいる人は必見です!

スポンサードサーチ

高収入稼ぐなら夏のテーマパークはおすすめ!

その前に!

インタビューしてみて、テーマパークのリゾートバイトは稼げるということがわかりました!

この通りです。

ポイント:テーマパークの給料(月額)

通常:約20万円

夏の繁忙期:約30万円

以下に計算式で根拠を説明します
 

長島スパーランドのリゾートバイトの場合、通常は8:00-17:00の拘束時間となります。

でも夏は入場時間が早まるため7:00出勤となります。

また、土日とお盆期間には花火が上がるため、就業時間が22:00-23:00になります。

つまり拘束時間が長くなる夏は高収入を稼ぐことができます!
 

長島スパーランドの時給は1,000円だそうで、通常は8時間労働で日当8,000円になります。

週6勤務とすると週給48,000円、月給は約20万円ほど。
 

夏の場合、平日は7:00-17:00となり、高速9時間(昼休みの1時間を除く)となるので日当9,000円。

土日・お盆は7:00-23:00となるので15時間(昼休みの1時間を除く)となります。

「8時間以降の残業は時給25%UPルール」を適応して計算してみると

8,000円 + 10,000円(時給1,250円 × 8時間) = 日当18,000円

となりました。
 

週6勤務(土日2日、平日4日)すると

18,000円 × 2 + 9,000円 × 4 = 72,000円

つまり、週給7万2,000円、月給は約29万円ほどになりました。
 

お盆も含めると30万円は行ってしまいますね!

これはだいぶ稼げる!すごい!!

テーマパークのリゾートバイトの職種は5つ

長島スパーランドで働くリゾートバイトの職種は5つです。

長島スパーランドの職種

① 入場券売り場
② ゲート
③ ショップ
④ レストラン
⑤ 騎手

友人は半年間で全ての職種を経験したそうです。

それぞれについて一つずつ説明していきます。

スポンサードサーチ

テーマパーク職種① 入場券売り場

まずは入場券売り場です。

お客様は長島スパーランドについたらまず入場券を買います。

そこで対応するのが入場券売り場スタッフです。
 

通常の労働時間は、8:00から17:00までの8時間(1時間昼休みを除く)です。

夏休みの場合は開演時間が早まるため7:00から出勤するそう。

また夏休み中の土日・お盆には花火があるため、終わるのが22:00-23:00になるそうです。

入場券売り場スタッフの楽しみ

そんな入場券売り場の楽しみですが、現金を管理するため、その日の売上がわかるそうです。

なんなら夏の間は1日700万円の売上も達成することもあるそうですが、それを入金センターというところに届けにいくこともあるそうです。

社員にやらせろよ、と思いますが人員がカツカツだったため普通に持っていていたそう。

入金しに行く間の徒歩5分、友人は700万円の女となって遊園地ないを闊歩するのでした。。w

テーマパーク職種②:ゲート

次にゲートスタッフについてです。

入場券をゲットしたお客様はゲートを通過します。

その時にチケットのもぎりと手首にリストバンドを巻く作業をするのがゲート係です。
 

出勤は入場券スタッフより遅めの、オープンに合わせた9:00。

夏は入場時間が8:30になるため30分早くなります。
 

終業時間は通常17:00、夏休み期間は22:00-23:00と入場スタッフと同様です。

ゲートの楽しみ

ゲートの楽しみといえば「いかに早くもぎる(腕に巻く)か」をゲーム感覚で楽しめることだそう。

開演前には長蛇の列が並びます。

それをいかに素早く、効率的に、スムーズに捌くかが技の見せ所なんだそうです。

もはや職人さんですねw
 

確かにこういった単純作業もゲーム感覚で楽しめたら、なんでも楽しめちゃいますよね!

スポンサードサーチ

テーマパーク職種③:ショップ

続いてはお土産などを販売するショップのスタッフです。

これは通常の接客と同じです。
 

ショップの開店が10:00からなので、その時間から労働時間が始まります。

と言っても朝は入場がラッシュとなるので、まずは入場券売り場かゲートでラッシュの対応をして、その後ショップに来るというシフトになります。

ショップスタッフの楽しみ

ショップには常に人が押し寄せている訳ではありません。

なので、割と暇な時が多いです。

そんな暇なときには、ショップが我が城のごとく、フラフラと自由に出来てしまいます。
 

またショップ内にある商品は、賞味期限が切れると業者が引き取ることになります。

ただ業者が廃棄する前にその商品を休憩所に確保し、自由に咀嚼することが出来てしまいます。

ゆえに休憩所には常に商品が陳列され、お菓子がわりに食べる。

パラダイスですね!

テーマパーク職種④:レストラン

3つ目はレストラン係です。

レストラン係はキッチンとホールに分かれます。

友人はホール側となり、ご飯の最後の盛り付けを担当したそうです。

キッチン係について

キッチンについては僕が北海道で洗い場を経験しました。

興味があればお読みください → 記事

レストランのホールは11:00から入ります。

その前はショップと同様、入場券売り場・ゲートで朝のラッシュを対応します。

レストランスタッフの楽しみ

レストランの楽しみといえば、、、社員の目を盗んだつまみ食いですよね!w

休日の混雑時は無理ですが、平日人少ないときにはキッチンから回ってきたアツアツの一品を頂いていたりしたそうです。

僕も北海道で洗い場、盛り付け係をした時は大層楽しませてもらいましたw

なんであんなにタダで食べるものは美味しいんでしょう・・・w

スポンサードサーチ

テーマパーク職種⑤:騎手

最後は騎手についてです!

漢字が合っているかは確かではありませんが、おそらくこれだと思われます。

要するに「乗り物の案内係」です。

乗り物自体を動かす運転手は社員さん方ですが、最後の安全レバーの確認などはバイトが行います。

ディズニーランドのように笑顔で、手を振って見送るんですって^^

別人格になった気分でテンションあげて取り組めることでしょう

騎手の楽しみ

騎手は当日にならないと担当のアトラクションがわからないそうです。

社員さんは固定されているそうですが、バイトはバラバラ。

なので、その日に行って初めてわかるワクワク感があるそうでした。
 

また、営業時間終盤になると社員さんが「乗るか?」と聞いてくれるそうです。

自分の担当アトラクションを最後に楽しんで仕事を終えさせてくれるそうです。

これこそバイトが楽しめる極みですね^^

テーマパークのリゾートバイトの出会いはあるか?

結論から言えば「ある」そうです。

実際に仲の良いグループでカップルが成立したそうでした。
 

体験者の友人曰く、テーマパークのスタッフでそんなに変な人とは出会わなかったそうです。

仲間たちはリゾバ後には就職やワーホリなどを選択していたそうでした。

テーマパークに集まる、楽しい愉快な仲間たちでカップルが成立するのはちょっと理想的ですね^^

宿泊施設の寮について

長島スパーランドから徒歩10分に寮があります。

そこで半年間生活していたそうでした。

家賃は“無料”で個室の畳部屋。

昼・夜ごはんは250円、美味しく問題なく食べれるレベルだったそうです。

嬉しいことに、ご飯・味噌汁は食べ放題でした。

4F建の建物で、社員の方々も住んでいたそうでしたが、何も問題なく快適に過ごせたそうでした!
 

そしてラッキーなことに、寮から徒歩圏内にはアウトレットパークがあったそうです。

散歩がてらにアウトレットパークに行けるなんて素晴らしい立地ですね。

よく仲間たちと遊びに行ったそうでした。
 

またシャトルバスが定期的にあり、桑名駅まで出ているそうでした。

街中に行きたいときはシャトルバスを利用すれば問題なかったそうです。

リゾートバイトのスタッフである特典

表向き、リゾートバイトスタッフである特典はないそうです。

ただスタッフが仲間である以上、色々と出来てしまいますよね・・・!w
 

ゲートには仲間が立っているわけです。

リストバンドをつけてもらい、しれっと入らせてもらうことは容易に出来てしまうことでしょう。

やったかどうかは定かではないですよ!

あくまでも一アイディアですよ^^笑

休みの日に長島スパーランドを遊び放題なんて最高ですね〜!

テーマパークリゾートバイトのシフト

シフトは各職種を時間帯ごとに変化させ、一日中スタッフをします。

朝は「入場券売り場」か「ゲート」でスタッフをします。

朝の入場ラッシュを過ぎたら、ショップやレストランなど担当に分かれます。

(入場ラッシュを過ぎた後は、少人数で1日中対応します)

騎手だけは1日固定で担当したそうでした。

テーマパークのリゾートバイトは超おすすめ!

楽しい空間でのスタッフはとても楽しいということがわかりました。

友人も楽しかったので半年間働いたそうです。

しかもテーマパークきっかけでその地を気に入り、そのまま数ヶ月滞在してしまったそうです。

楽しい空間で高収入も稼げるので、最高ですね!

 

リゾートバイト派遣会社

👉 【アルファリゾート

👉 【はたらくどっとこむ

 

関連記事:リゾートバイトで派遣会社を選ぶときの4つのポイント

スポンサードリンク
テーマパーク リゾートバイト

この思い、届けッ!!!

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ、神奈川県川崎市育ち。2011年、早稲田大学 政治経済学部 経済学科を卒業。体育会ラグビー部に所属し、日本一を2度経験。五郎丸選手が4年生の時に1年生。2011年、新卒野村證券入社。1年半で逃げるように退社し、その後独立を試みるも、騙されて貯金を切り崩し、アイフル・アコム・レイクで借金100万円を負った。ブログを開始し、今までの失敗談や自分の考えを書き始めると、人生が好転し始める。最近は超楽しい。