【書評/レビュー】「反原発」の不都合な真実【図解あり】

原発 世界平和

こんにちは、カルロス(@crls1031)です。

最近こちらの本を手にとって読みました。

とても興味深かったので、まずは図解を含めた解説をまとめます。

その後、自分の経験を振り返りながら考察します。

飛行機より自動車の方が死亡する確率が高い

人は直感に頼る生き物です。

例えば飛行機と車の危険性を比べて見ると、飛行機の方が危険そうに思われます。

それは飛行機の大きさに由来し、ましてやそれが空を飛ぶわけだからです。

反原発の不都合な真実

しかし実際には、統計的にアプローチしてみると、断然に車の方が死亡確率が高いです。

同じ距離を移動するなら、飛行機よりも車の方が圧倒的に危険です。
 

そういう観点から日常を改めて見直してみます、

日本人の死因は統計的に見れば、タバコによるものが第一位です。

反原発の不都合な真実

これは死亡者数を日本人口で割ったという、シンプルな計算から割り出されています。

こういうデータが出ているにも関わらず、なぜ日本人は喫煙者が多いのでしょうか。

スポンサーリンク

日本人が将来、○○で死ぬ確率

またここでは将来の死亡確率を考えてみます。

前提として40歳の平均的な日本人が、残りの40年間に“何で”死ぬかを確率に出したものです。

これは日本の平均寿命の80歳を前提としています。

反原発の不都合な真実

表から分かるように1位はタバコです。

あれだけ大々的に騒がれた原発事故でさえ、死亡する確率は圧倒的に低いです。

WHOやIAEAが「将来予測で4,000人が死亡」と出しましたが、それでも4,000人です。

毎年自殺する3万人と比べると小さな値です。

事例別の死亡者数とメディアの反応

ここで疑問になるのは

「なぜタバコ・交通事故・大気汚染などの死者を大量に生むものより、原発が人々に恐怖を与えるのか」

ということです。

死亡者数とメディアの反応については以下の相関関係があります。

反原発の不都合な真実 反原発の不都合な真実

要するに稀少性の高い死亡事例は人々を恐怖に陥れる、ということです。

本来なら毎年多くの人を殺傷している要因よりも、パッと出てきたものの方がよりセンセーショナルになります。

1TWh当たりの発電別の死亡者数

また原子力発電は非常に生産性が高いです。

原発事故を含めて1TWh当たりの死亡者数を、発電方法別に表にまとめました。

反原発の不都合な真実

「危険だ!」「撤退しろ!」と声高に叫ばれている原子力は圧倒的に安全です。

著者「原発推進は世界平和に繋がる」

著者の藤沢数希さんは、本書の中でこんなことを書かれていました。

僕は個人的には、CO2削減目標にある程度の義務を課して世界各国が取り組むことは非常に大切だと思っています。

CO2削減というのは、一粒で三度はおいしいと思っているからです。

もちろん温暖化を防ぐ意味で大切ですが、現在世界で毎年100万人以上が犠牲になっている大気汚染も化石燃料を燃やすことにより起こっています。
 

CO2を減らすということは、化石燃料の消費を減らすということと、ほぼ同じ意味なので、とうぜん大気汚染も減ります。

それにより多くの命が救われるでしょう。

cakesより画像を引用

また石油をめぐり世界で戦争が絶えません。

石油依存を各国が減らすことは、世界をより平和にするのです。

とりわけ化石燃料のほぼすべてを輸入に頼る日本で、化石燃料依存を減らすことは日本の安全保障にとって重要でしょう。

論理的であり、非常に興味深いところでした。

何が正しいのかわからない

一方で僕は大学卒業後、新卒野村證券のエリート街道から無職・借金100万円に陥った人間です。

リベラル左派と言われる「脱原発」「反安倍」
を掲げる集団の中で、田舎暮らしを知り、生きる道を見出しました。

三宅洋平さんの選挙フェスにはボランティアで参加し、一時期山本太郎さんの動画をよく見ていました。

(安倍シネ、みたいに声高に叫ぶ行為は嫌いです)

三宅洋平さんのボランティアをして、僕は号泣した。闘ってくれてありがとう。

2016.07.02

自らの肌で実態を感じようと、福島原発の事故の2年後に2km地点まで行ってみました。

その時は「再稼動に賛成できない」と書いています。

 

福島第一原発の現状を見ると、僕は原発の再稼働に賛成出来ない。

2015.07.06

さらに、脱原発派の学会の中では

諸悪の根源はグローバリゼーション

イノベーションにより貧富の差が拡大する

と学びました。
 

その後、実際に最貧層であるフィリピンのスラム街に滞在してみました。

そこで感じたのは貧富の差は確かにあるものの、決して不幸せではない現実でした。

みんな知らない「貧富の差」は「幸福の差」ではないということを。

2017.05.14

原発推進か、脱原発か

一体何が正しいのでしょうか。

今回読んだ本では原発推進による世界平和の道筋が見えました。

でもこれだけが真実ではないでしょう。

他の本も手に取り、思考をめぐらせ、自分の中の答えを探して行きたいと思います。

追記:公開後の反響

公開後、Facebookではいいね!がそんなにつかないものの、たくさんのコメントが寄せられました。

ここに追記しておきます。

宮崎県の農業従事者

農業従事者
原発推進の都合のよい真実。と、なんとなく農派の僕は思いました。

(統計学。といっても、その選択肢が都合がよいな~という意味でですね。)

それはそれとして、原油、天然ガス、ウランなど、諸々のエネルギー資源を、強奪している国、企業、社会のことは、当たり前と思ってはいけない真実ですね。

コスタリカ在住の女性

女性
使用済み核燃料を本当に安全に処理・管理できるのか

(兵器として利用される可能性がある、半減期が長い、漏れる危険性?)

原発が自然災害やテロに耐えられるだけの構造をしているのか

(福島のようなダメージだけでなく、今回の泊原発のように停電でも冷却停止に陥る可能性があるなど脆弱性があるのではないか)

死者数に関して放射能・原発による死は原因を特定・結びつけ・認定するのが難しいこと

(実際に何人それに関係して病気になった・死んだのかうやむやにしやすい)

その他ウラン採掘・輸送に関してなど、いろいろ言及されていない問題があるかと思う。

(まあその本読んでないのでそこに答えが書いてあるなら、ごめん。)
 

原発よりもやはり再生可能エネルギーの方が世界平和への道は近いのではなかろうか、とコスタリカ(電力のほぼ100%が自然エネルギー、軍隊もない)に住む私は思います。

まあそりゃ自然エネルギーでもメガプロジェクトはいろいろ生態系に与える影響も無視できないけどね。

でも核のゴミと生きるよりはいいかな。。。

反原発運動のリーダー

リーダー
核廃棄物を10万年後まで管理するのに何を使うのかな?

10万年後って、イエスが生まれたのが2,000年前、四大文明が6,000年前。

10万年もどうやって管理する?

莫大な電気を使い続ける。

その電気はどう作り続ける?

それだけを捉えても可能?

宮崎県の塩釜職人

塩釜職人
CO2に触れてたけど、ウラン採掘や運搬時に発生するし、大量の温排水(日本だけで年間1,000億t)が流れ海水を7℃上昇させるらしいしね。

でも、おれも今は何が良いのかわからない。
自分が正しいことを知っていると思い込んでいたけど、本当はわからない。

だからカルロスのスタンスすごく共感する。

わっかんねーんだよなー

非電化工房出身の大工従事者

大工
ひとまず、原発にせよ自然エネルギーにせよ、

エネルギーをガンガン使ってガンガン生産してガンガン消費して、

必要のない欲望をあおられて、

目的もなく空虚な生き方をさせられる社会には、疑問があるかな

平和ではあるけど自由はないかもしれないし

論点ずれてるだろうけど

事業家

事業家
僕は単純に、トイレのないマンション(自宅)には住みたくないですね。

廃棄物の処理を先送りにしているところでアウトだと思います。
 

原発推進の人は、自宅の庭で排泄物を管理してほしいと思います。

あ、コンポストしてたらいいのか⋯⋯

と思ったけど、処理できない前提でw
 

安定した発電については、地熱バイナリーとガスコンバインをメインにするのがいいと思っています。
 

それから原発を推進するのは、それがいちばん儲かるからです。

「総括原価方式」という計算で、コストをかければかけるほど電力会社は儲かるようになってます。

原発は建設費も維持費もいちばん高いです。

参考:電力会社からの送電を使わずに、ソーラー発電などで暮らし始めた人たちを紹介したい! – クラウドファンディングのMotionGallery
 

そして火力の燃料問題もあって、世界標準の7倍の値段で日本は燃料を調達しています。

これも日本の商社が儲けてます。

まとめ:ますますわからなくなったw

ますますわからなくなりましたw

どれがちゃんとした情報で、どれが偽物の情報か。

全部自分で調べなければならないのでしょうか・・・
 

何はともあれ、非常に興味深い本でした。

スポンサードリンク
原発 世界平和

この思い、届けッ!!!

ABOUTこの記事をかいた人

1988年、生まれのみ岩手県花巻市で、育ちは神奈川県川崎市。2011年、早稲田大学 政治経済学部 経済学科を卒業。体育会ラグビー部に所属し、日本一を経験。五郎丸選手が4年生の時に1年生だった。2011年、野村證券入社。自分の能力のなさに絶望し、1年半で逃げるように退社。その後独立を試みるも、騙されて貯金を切り崩し、アイフル・アコム・レイクで借金100万円を負った。ブログを開始し、今までの失敗談や自分の考えを書き始めると、人生が面白くなり始める。