【無料公開】Twitterアカウント開設後1ツイート目で1.3万RT(2.8万いいね)、1週間で750フォロワー獲得した方法

ツイッター 攻略

どうも、カルロス(@crls1031)です。

早速ですが、こちらの動画はご覧になられましたでしょうか?

最近、僕のSNS周りを賑わせている全裸スノーボーダー@_naked_hero)の動画コンテンツです。

全裸スノーボーダー

このツイートは現時点で1.3万RT、2.8万いいねのバズを記録しています。

天才ですね。

※ 全裸スノーボーダーは以降は“全スノ”として省略します

スポンサードサーチ

全裸スノーボーダーとの出会い

全スノとの出会いは偶然。

彼がスマホからPCにエアドロップで画像を共有していた時に、誤って僕のスマホに送ってしまったことがきっかけでした。

(そういえば、なんでその作業をしていたのかは覚えていませんww)

興味を持った僕は話しかけ、すぐに動画を見せてもらうことになりました。

彼はもともとこういった動画を仲間内に向けて作ることが好きだったそうです。

「これは面白い!」と感じ、仲間内だけではもったいないと思ったので、Twitterに載せる許可をもらいました。

そして投稿したのが冒頭のツイートです。

バズるとは感じましたが、まさかこんなに絵に描いたようなバズを見せるとは思っていませんでしたね。

Twitterアカウントの整備を開始

全スノはプライベートアカウントを持っていたものの全く活用していませんでした。

フォロワー0でしたし、すぐにテコ入れを開始します。

 

現在のプロフィール画面はこの通りです。

全裸スノーボーダー

以下に実際に行った作業をまとめておきます。

謝罪

タイトルでは開設後1ツイート目と言っていますが、実際は僕のツイートです。

そして厳密に言えば開設後1週間じゃないですね。

放置してフォロワーも0だったのでそのように表現しました。

タイトル、盛ってますね。

申し訳ありません、謝罪します!!

① アカウント名を変更

プライベートアカウントの時はひらがなの本名で登録されてました。

イケダハヤト、オダギリジョーなどカタカナにすればカッコいい風潮が漂う中のひらがなは悪くはないと思います。

ただ「プロ奢ラレヤー」のように一発でわかり差別化を測れるものを選択するのが今の時流です。

ということで「全裸スノーボーダー」としました。

目を引きますし、すぐにわかりますね!

② プロフィール画像&背景画像選定

正体が一眼見てわかるものを選定しました。

全スノ本人は逆光の写真を選択しましたが、パッと見でわからなかったので順光のものに変更を提案しました。

③ プロフィール文章整備

プライベートアカウントの時、様々な情報がたくさんに入っていました。

なので、全スノのアカウントということがわかるように情報を統一しました。

バズった暁に仕事の依頼も来るように一文も添えています。

フォロワーの増え方

フォロワーは

① ツイートを見る

② プロフィールを確認する

③ フォローする

という手順を辿ります。

なので、基本的にはコンテンツとプロフィール魅力と統一感が大切です。

そこでフォローするかしまいかを判断します。

仕事募集は是か否か

プロフィール欄で仕事募集をすると安っぽく見えるという議論もあります。

でも、今回は入れてみました。

この動画コンテンツがきっかけで仕事が本当にきたら面白いんでね^^

④ ID変更

プライベートアカウントの時は適当なものでしたが、わかりやすく「@_naked_hero」に変更しました。

⑤ URL設定

Twitterのプロフィールには一つだけ自身を紹介するURLを掲載することができます。

全スノのURLの欄にはWEBサイト、Youtubeを提案しましたが、彼はamazonのほしいものリストにすることを選択しました。

(WEBサイト・Youtube共にテコ入れの必要あり)

ここで購入されたものを動画内で使い、衣装スポンサーとして紹介する企画なども視野に入れています。

それもそれで面白いと思います。

今後は整備が済み次第、WEBサイト・Youtubeに変更する可能性はあります。

スポンサードサーチ

Twitter活用戦略

全スノはRTも引用RTの違いもわからないTwitter初心者でした。

なので、上記の作業と同時に手とり足とりTwitterの使い方を伝授しました。

以下には今後取っていく戦略を記します。

① 定期的にコンテンツを投稿し続ける

これに尽きます。

ネットで名の知れるようになるためにはオンラインサロンに入ることではありません。

ⅰ. いいコンテンツを作る

ⅱ. いいコンテンツを発信する

というシンプルな作業を繰り返すのみです。

– 新作でも身体を張って頑張ってます –

 

全スノのコンテンツは肉体的に大変な労力を伴うので頻度は彼次第です。

本業とのバランスを考えて、彼のできる限りで取り組むしかないでしょう。

(これは僕が決して強要しているのではなく、彼がやりたいからやってますw 変態w

 

またスノボは冬しかできないので、夏の期間には彼が構想していたことを発信してみるとのことです。

予約投稿ならBufferかTweetDeck

Twitterは既存のサービスを使えば予約投稿が可能です。

コンテンツを作り込み、時間がきたら勝手に投稿されているのは楽でいいですよね^^

 

僕はPCでTwitterを見るときはTweetDeckを使っています。

Twitter社のサービスで、自分仕様にカスタマイズできます。

TweetDeck 画面

実際に使っているTweetDeckのPC画面

TweetDeckには予約投稿機能もあります!

 

またBufferというサービスも使いやすいです。

まずは自分の好きな時間を選択しておきます。

続いてコンテンツを拡充しておくと、その設定した時間になったら勝手に投稿されています。

Buffer

実際使っているBufferのスマホ画面

またツイートごとにも投稿時間を設定できるのでおすすめです^^

② インフルエンサー・マーケティング

面白いコンテンツを発信していき、インフルエンサーに自然に取り上げてもらえるのは理想的なスターダムです。

大阪府立登美丘高校のダンス部のことをみなさんはご存知でしょう。

これは純粋なすばらしいコンテンツとしてインフルエンサーに取り上げてもらい、みんなに周知されるまでになりました。

美しいバズ作品の典型的な一例でしょう。

 

でも、自ら仕掛けてそれを最短にするのも一つの手です。

1ツイート目がバズった波に乗って、コンテンツの題材である松本人志と東野幸治をタグ付けしてツイートしてみました。

これはこれでスベっていますが、数打たないと始まらないのでナイスチャレンジです!

(ゲレンデで滑り、ツイートでスベる。。。!w)

リプとタグ付けの認識

これはあくまでも僕の認識ですが

◆ リプ:@〜から発信するツイートのことで、公開メッセージのようなもの(=リプライ)

◆ タグ付け:ツイート内に@〜をつけることで、関係者に通知させること

③ ハッシュタグ検索対策

Twitterでは検索流入も見込めます。

なので効果的なハッシュタグを仕込むことで、時流を過ぎた後の対策も講じています。

この場合は「#ごっつえぇ感じ」を仕込んでいます。

本来の番組タイトルは「#ごっつええ感じ」ですが、前者でも流入がある程度あったので良しとしました。

(二つ目のえが小さい“ぇ”か通常の“え”かの違いです。)

ハッシュタグの場合一文字でも間違えると検索が効かなくなるので、正しい単語を選択することが大切です。

④ バズぶらさがり作戦

バズっているコンテンツには注目が集まります。

自分のコンテンツと親和性の高いものだったら、それに便乗することで注目を分けてもらえるかもしれません。

 

先日、小島よしおがマイナス5℃の中で全裸で仕事をしているツイートがバズってました。

 

でも でも でも でも

そんなのカンケーねー!

 

全スノは北海道ニセコのマイナス15℃の中で全裸でスノボしているわけです。

ということでリプで対抗してみました。

すると注目を分けてもらえることになり、このツイート自体が138RT・557いいねを記録できました。

結果、Twitterフォロワーも増えました。

 

最高なのは「小島よしおに拾ってもらう」ことです。(=インフルエンサーマーケティング)

ですが、このように便乗できただけでもここまで効果を発揮しています。

同じアホなら踊らにゃソンソンですね!

もし拾ってもらっていたらすごい爆発を見せていたかもしれませんね。

今後も局所で仕掛けて行き、どこかで火がつくことを願います。

全裸スノーボーダー

これをきっかけにフォローを小島よしおだけ
にしているのも地味に楽しいですw

バズをチェックするならこの2サイト

僕は趣味がSNSなので、どんなものが世によく見られているか空き時間にいつもチェックしています。

いつも使うのはこの2つのサイトです

 

⑴ Twitimez

時間あたりのRT数(時速=RT/時間)をランキング形式で更新し続けているサイト。

世の中のトレンドがわかる。

大手企業のキャンペーンなどが上位を占めがちなのでそこは無視して、純粋な面白いコンテンツを見るようにしている。

 

⑵ ニュートピ

著名ライターのヨッピーさんが「こんなサイトあったら便利だよね」という思いで作ったサイト。

Twitter内で話題のツイート&記事を抽出してくれている、マジ便利。

どんなアルゴリズムかは不明だが、面白いコンテンツがフォーマットを跨いですぐにわかる。

スベったら“ツイ消し”すればOK!

タイムラインをある程度美しくしていた方がフォロワーに情報が届きやすいものです。

またウケた動画ばかり並んでいた方が、すごいアカウントだと錯覚してもらえることでしょう。

全スノも何度かツイ消しをしています。

先日、ガンダムがゲレンデを滑走しているツイートがバズっていました。

そこに便乗して見たものの、誰も見向きもしません。

同じゲレンデでも、同じアニメ(ガンダムとキン肉マン)でも親和性は低かったのかもしれませんね。

ということで、スベったツイートは現在消されています。

ナイスチャレンジですね!

挑戦の数が大切です。

ロールモデルを提示

自分の進む先のロールモデルを見つけることは大切です。

(違う考え方もありますがw)

「守破離」という文化がありますが、ロールモデルを模倣して“守”の時期があるのもいいと思います。

全スノにはARuFa(@ARuFa_FARu)を提示しました。

彼くらい真面目なことは一切せず、ずっとふざけ倒してほしいですね!

他にも参考にすべき巧みなツイッタラー、取り上げてくれそうなインフルエンサー、一緒に仕掛けてくれそうな仕掛け人は伝授しました。

Instagram戦略

Twitter戦略は以上で、これからはInstagram戦略です。

インスタグラムは画像・動画のSNSなので、簡単に国境を超えます。

PPAPで一斉を風靡したピコ太郎が顕著な例でしょう。

また、日本の裸芸が海外に受けるケースはよくあります。

ウエスPゆんぼだんぷは全米を震撼させた一例です。

全スノにはこの片鱗を感じるので、インスタではもちろん海外向けに発信することを提案しました。

プロフィール文、投稿文は全て英語です。

全裸スノーボーダー 英語

“Because too hot”がいいですねw

ウエスPとゆんぼだんぷの動画

文中で紹介した裸芸の芸人の動画はコチラです。

完全に全米を震撼させていますね、すばらしい!!

インスタグラム=ハシュレコ!

インスタを攻略する上でオススメのサービスは「ハシュレコ」です

ハシュレコ

ハシュレコのスマホ画面

効果的なハッシュタグを教えてくれ、選択することでスコアを算出してくれます。

ハシュレコ

右下に“SCORE”があります

要するにハッシュタグを効果的に使えるとスコアが伸びるシステムになっております。

Googleで言うところの検索ボリュームみたいなものでしょう。

ハッシュタグは上限30コなので、限界まで使ってスコアを高め、リーチ数を増やすことをオススメします。

実際に僕がプライベートの投稿で使い始めると普段10いいねだったものが、10倍の100いいねまで上昇するようになりました。

それほどハッシュタグの使い方によってリーチが変わるですよ!

使わない手はありませんね^^

 

全プラットフォームに言えることですが、インスタグラムも

ⅰ. いいコンテンツを作る

ⅱ. いいコンテンツを発信する

だけです。

 

インスタの動画の上限時間1分です。

なので、最適なのはそれに合わせた細かい小ネタ動画を作ることです。

1分間動画に興味を持ってもらったらYoutubeに誘導していくのが王道でしょう。

と言うことはYoutubeも英語対応にしなければならなくなりますね^^

まだまだここまで手が回っていないようですが、バランスを見て取り組む価値は確かにあると思います!

スポンサードサーチ

TikTok戦略

2018年の主流は間違いなくTikTokだったことでしょう。

ここでプラットフォーム自体が持つ波にも乗れたら、一躍スターになれる可能性があります。

世の中、新しいプラットフォームができる時に新しいスターが誕生しているものです。

 

僕も趣味でTikTokを見ていて不思議に思ってたのですが、以下の記事によると

「オススメ」から動画を次々に見ていると、基本的にはバズった動画しか出てこないが、10〜15回に一回は、いいね数がゼロや数個しか着いていないような「新規動画」も紛れ込んで流れてくる。この仕組みを発明したことが、TikTokの真骨頂。

ということなんだそうなんです!

他のプラットフォームと違い、チャンスがとても平等ですね!

誰も気付いていないTikTokの本当のイノベーションを語る – 世界一TikTokを愛する男のブログ

全スノももちろんこの初回ブーストを使わない手はありません。

ということで早速投稿してもらったんですが、、、

なんと投稿却下www

卑猥な動画と判断されたことでしょうw

確かに卑猥なんですが・・・w

(この挑戦自体もネタになるのでオールOK!!)

まとめ:SNSマーケティングは楽しいよ!

Twitter、Instagram、TikTokと戦略を並べてみました。

SNSマーケティングを始めて行くぞ!という人はこの記事に書いてあることを実践するだけでも、かなりの要点は抑えられると思っています。

 

全スノのコンテンツの良さは

① 誰もがやらないことを本気でやっていること

② 聞き馴染みのある音楽にスポーツが実施されていること

あたりでしょうか。

人に強要されず、自分が面白いと思ったことを身体を貼って実践しているのも美しいですね。

 

彼曰く

「高校生のノリのような低俗なコンテンツで、たいしたことをしてないバカげたコンテンツだ」

と主張したいそうですが、現代は遊びが仕事になってしまう時代ですからね。

コンビニのアイスに飛び込むような下品なことではありません。

こういったコンテンツであれば人々を広く笑いに包んでくれることでしょう。

 

結果として動画が拡散されることによって

・Twitterではフォロワーが750名超える

・Youtubeのチャンネル登録者が40名から250名になる

という結果を伴っています。

また彼の動画コンテンツには全てRTが入っているのも見事ですね。

 

彼の動画コンテンツが広く拡散され、企業案件とかやる未来がきたら面白いですよね^^

無駄にTwitter広告とかを打って、突然全裸スノーボードの動画が流れるのも笑えますw

彼にはこのままどんどん突き進んでもらって、一点突破してもらいたいですね!

 

まぁ、遊びだから失敗しても楽しい思い出が残るだけですしね。

どんどん進んで行きましょー♪

スポンサードリンク
ツイッター 攻略

この思い、届けッ!!!

ABOUTこの記事をかいた人

1988年、生まれのみ岩手県花巻市で、育ちは神奈川県川崎市。2011年、早稲田大学 政治経済学部 経済学科を卒業。体育会ラグビー部に所属し、日本一を経験。五郎丸選手が4年生の時に1年生だった。2011年、野村證券入社。自分の能力のなさに絶望し、1年半で逃げるように退社。その後独立を試みるも、騙されて貯金を切り崩し、アイフル・アコム・レイクで借金100万円を負った。ブログを開始し、今までの失敗談や自分の考えを書き始めると、人生が面白くなり始める。