僕に生きる価値があるから、あなたにも生きる価値がある。

僕には生きる価値があるから、あなたにも生きる価値がある。
スポンサードリンク

カルロスを知らない方へ!

カルロスこと小林勝宗とは

またまた嬉しいお便りが来ました。

涙が出そうです。

駒ヶ根訓練所から抜け出して、坂爪圭吾さんのトークイベントに行くために車で送ってくださったカンダさんからでした。

坂爪圭吾 カンダ カルロス 訓練所を抜けだして、坂爪圭吾さんに会ってきたよ! 坂爪圭吾 カンダ カルロス

トップ画:Photo credit: Todd Baker << technowannabe / Foter.com / CC BY

カルロス様

ご無沙汰しています。
上田までドライブした長野のおばちゃんカンダです。(覚えてますか?)

今年を振り返り、坂爪さんとカルロス君に会えた事が、
人生の価値観を変える大きな出来事になりました。

で、感謝状です。

ブログを読んで、カルロス君の“失敗ぶり”に(ごめんなさい)勇気をもらいました。

何でもとりあえずやってみよう、
失敗なんて恥ずかしい事じゃないと色々動いたりしているうちに
近所の畑を借りる事が出来て
来春から小規模ですが農業生活始められそうです。

子育ての事も色々悩んでいたのですが、野外で保育をしている人たちと知り合い
とても良いヒントが貰えました。
ブログにあった弥生さんの考え方もとても共感できたし大事な事が分かった気がします。

カルロス君の活動そのものがチカラになりエネルギーになります。

有り難うございました。

坂爪さんも言っている開くということ、
思い上がると死ぬということの感じが少し分かる気がしてきました。
あと、”自分”なんて無いってこともわかってきました。
有るのは”今”だけですね。

ぼんやり分かり始めた事をこれから大切にしながら暮らしていこうとおもいます。

本当に有り難う!カルロス君はすばらしいよ!
みんな素晴らしいよね!

ではまた。どこかで。

カンダ

いやぁ、涙が滲みます。

本当にありがとうございます。

Life is beautiful

先日、僕のブログは誰に向けたものなのかという記事を書きました。

□参考記事:僕のブログを一番理解して欲しいのは、間違いなく過去の自分だ。

こういう声を掛けてもらえると、どうしようもなかった自分でも生きる価値があるということが感じられます。

本当にありがとうございます。
 

そして先日ブログのタイトルを『Life is beautiful』に変更しました。

僕がブログを投稿する度に、このキレイな言葉が世に増えていきます。

そんな一役を担ってもいいのかなと思ったのと、単純にキレイな言葉を世に増やしたいと思ったからですね。

僕にとってのLife is beautifulの解釈はもっと楽しくです。

カルロス君の活動そのものがチカラになりエネルギーになります。

感動を胸に、僕もますます自分の活動を進めることにします。

カンダさん、本当にありがとうございます!

もっと楽しく!

12月20日(日)18時:坂爪圭吾さん 中島芭旺くん 対談

坂爪圭吾 中島芭旺 いばや通信・坂爪圭吾 × 天才少年・中島芭旺 対談 坂爪圭吾 中島芭旺

12月16日(水)19時:たろう、カルロスのオフ会

たろう、カルロスのオフ会 たろう、カルロスのオフ会 たろう、カルロスのオフ会

ブログ塾、始めます!

カルロス Wonderful 「ブログを活用して、もっと楽しい日常を」毎月4名限定・カルロスブログ塾、始動!! カルロス Wonderful

記事作成依頼、承ります。

あなたの人生を僕なりに綴ります。 #記事作成依頼開始 カルロス 横顔

Dream comes true!!

カルロス wants to do カルロス wants to do!! カルロス wants to do

カルロスと会いたい方、いつでも会いましょう!

小林勝宗 Katsuhiro Kobayashi【Carlos】
TEL:07066863561 or 08011269638
Facebook:https://www.facebook.com/kobayashi.katsuhiro
Twitter:https://twitter.com/crls1031
LINE:crls1031
Schedule:http://bit.ly/1F3ljpn
Mail:carlos1031.ind@gmail.com


  もっと楽しく!
 
ピックアップ
  1. カルロスブログ代表作一覧
  2. ラグビー特化ブログ ➡︎ Sanchoz Rugby
  3. 下ネタ専用ブログ ➡︎ 20代モテたい男子のエロ事情
スポンサードリンク
僕には生きる価値があるから、あなたにも生きる価値がある。

この思い、届けッ!!!

ABOUTこの記事をかいた人

1988年、生まれのみ岩手県花巻市で、育ちは神奈川県川崎市。2011年、早稲田大学 政治経済学部 経済学科を卒業。体育会ラグビー部に所属し、日本一を経験。五郎丸選手が4年生の時に1年生だった。2011年、野村證券入社。自分の能力のなさに絶望し、1年半で逃げるように退社。その後独立を試みるも、騙されて貯金を切り崩し、アイフル・アコム・レイクで借金100万円を負った。ブログを開始し、今までの失敗談や自分の考えを書き始めると、読者と接点が出来人生が面白くなる。最近は高校で授業をしたり、インドに放浪したり、ミュージシャンのスタッフとして全国ツアーを回ったり、千葉県富津市の金谷に移住したり、イベントを主催したりと、自分が楽しいと思ったことを貪欲に行っている。