三宅洋平さんのボランティアをして、僕は号泣した。闘ってくれてありがとう。

三宅洋平

三宅洋平さんの選挙フェス、DAY8[6/29 @蒲田]、DAY9[6/30 @多摩センター]のボランティアをしてきました。

僕はスタッフにもかかわらず、周り関係なく、号泣し続けました。

トップ画:HUFFINGTON POST

選挙演説・動画集

動画を見てください。

それだけでわかります。

その他の演説動画はコチラにあります。

juliassange – YouTube

政策ビジョン

詳細は三宅洋平オフィシャルサイトをご確認ください。

三宅洋平さんとの縁

2015年5月12日に開催されたアースデイ永田町に参加しました。

僕の目当ては経済をテーマにしたトークイベントでした。

そこにはまだ会ったことのなかった三宅洋平も登壇されていました。
 

トークイベントの終盤、参加者が発言する機会がありました。

僕は自分が普段している引越の話をすると、会場にとても面白がってもらえました。

登壇者である洋平さんは僕の写真を撮ってくれている程でした。
 

イベント登壇者の締めの言葉の時、洋平さんは「引越屋カルロス」と僕のことについても話してくださいました。

最後には1対1で挨拶させていただく機会にも恵まれ、本当に大満足でした。

※ 残念ながら動画はもう存在していないみたいです。

生の三宅洋平はYOUTUBEとは違った

その後映画“選挙フェス”の初日公演を見に行った時には、真後ろの席に洋平さんは腰をかけられていました。

僕の顔を見て「引越し屋カルロス」と思い出して頂けて、本当に嬉しかったです。
 

前回の選挙活動を見て感銘を受けたので、今回は是非手伝う気満々でした。

そして2回だけですが、手伝わせてもらいました。

全部手伝っている方々は本当にすごいです。

僕はたったの3時間くらい立っているだけで、もう腰がダメでした。

それを毎日3箇所で、期間中続けている方々を心から尊敬します。
 

そして何よりも洋平さんは全力でマイクを持ち続けています。

身体が心配ですが、洋平さんならやってくれると信じています。
 

前回の選挙フェスのYoutubeをくまなく見ていましたが、生は全然違いました。

涙が止まりませんでした。

カッコ良かったし、魂がこもっていました。

長いものに巻かれず、矢面に立ち続け、自分の主張を貫く姿勢に美しさを感じました。

僕もこうありたいと強く思いました。
 

洋平さんが当選することを心から祈っています。

そして、僕に出来ることを期間中にやっていきたいと思います。

三宅洋平
 

もっと楽しく!

まるも
line

三宅洋平

この思い、届けッ!!!

ABOUTこの記事をかいた人

1988年、生まれのみ岩手県花巻市で、育ちは神奈川県川崎市。2011年、早稲田大学 政治経済学部 経済学科を卒業。体育会ラグビー部に所属し、日本一を経験。五郎丸選手が4年生の時に1年生だった。2011年、野村證券入社。自分の能力のなさに絶望し、1年半で逃げるように退社。その後独立を試みるも、騙されて貯金を切り崩し、アイフル・アコム・レイクで借金100万円を負った。ブログを開始し、今までの失敗談や自分の考えを書き始めると、読者と接点が出来人生が面白くなる。最近は高校で授業をしたり、インドに放浪したり、ミュージシャンのスタッフとして全国ツアーを回ったり、千葉県富津市の金谷に移住したり、イベントを主催したりと、自分が楽しいと思ったことを貪欲に行っている。