三宅洋平さんの映画“選挙フェス”を観て、僕は悔しいと思った。

スポンサードリンク

トップ画:「選挙フェス!」2013年参議院選挙、三宅洋平の「選挙フェス」が映画に!全国劇場公開へのご支援をお願いします! – クラウドファンディングのMotionGallery

三宅洋平さんの選挙フェスの初日公開に行ってきました。

内容は選挙活動が等身大のそのままでまとめられていた、という感じでした。

正直“”活動の裏ではこんなだったのか”という期待していた驚きなどはありませんでした。

それでも選挙活動の時に感じたように、「人の心を動かすなにか」がそこには確かにありました。

洋平さんは選挙であんなにも多くの人を動かしました。

僕は全然人を動かすことが出来ていません。

動かすことが目的ではありませんが、ブログで表現している以上、なにかのきっかけであってほしいと願っています。

maxresdefault (1)

引用元:三宅洋平の選挙活動に密着!映画『選挙フェス!』予告編 – YouTube

洋平さんは「人は皆表現者、クリエイター」だと言います。

僕もまさしく同じことを最近感じており、今ブログという表現媒体を得ました。

そのおかげで以前と比べれば、圧倒的に楽しく過ごせています。

洋平さんは「国防などせず、日本は攻めこまれればいい」と言います。

誤解されると困りますが、僕もまさしく同じことを考えています。

もう暴力で暴力を解決するのは古いと感じています。

軍を持たない国を攻めこむことなんて、中国も米国も一兵士にしてみればきっと出来ないと思っています。

c0222907_10165578

引用元:Hand Made In Japan Fes 2013 : bambooforest blog

正直感じることが多すぎました。

今後洋平さんの活動があれば、僕は損得勘定抜きにして手伝いたいと思っています。

また、僕も何かの舞台で、もっと矢面に立ちたいと思います。

あそこまですべてをさらけ出して矢面に立つ洋平さんにカッコよさを感じました。

と同時に、自分はまだまだ出来ていないという悔しさを感じました。

2013072300005_1

引用元:フォロワー数1位 音楽フェスで選挙活動した候補者 〈AERA〉|dot.ドット 朝日新聞出版

僕も自分の感性に従って活動を続けます。

将来洋平さんみたいな方と力を合わせられるようになりたいです。

そして何か大きなことにチャレンジしたいと思いました。

素晴らしい映画だったし、洋平さんの考え方をもっと知りたいし、そして何よりも悔しい。

まだまだだ、カルロス、小林勝宗。

ありがとうございました。

もっと楽しく!

< カルロス出現情報 >

7/9(木)- 9/16(水)研修 @長野県駒ヶ根

9月下旬、10月上旬 インドへGO!!

□参考記事:カルロス、故郷・インドに帰ります : もっと楽しく!

【ブログ楽しいですよ!】

【ブログコンサル承ります】今、Livedoorブログが猛烈に熱い!!

カルロスと会いたい方、いつでも会いましょう!

小林勝宗
TEL:07066863561 or 08011269638
Facebook:https://www.facebook.com/kobayashi.katsuhiro
Twitter:https://twitter.com/crls1031
LINE:crls1031
Schedule:http://bit.ly/1F3ljpn
Mail:carlos1031.ind@gmail.com


  もっと楽しく!
 
ピックアップ
  1. カルロスブログ代表作一覧
  2. ラグビー特化ブログ ➡︎ Sanchoz Rugby
  3. 下ネタ専用ブログ ➡︎ 20代モテたい男子のエロ事情
スポンサードリンク

この思い、届けッ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

1988年、生まれのみ岩手県花巻市で、育ちは神奈川県川崎市。2011年、早稲田大学 政治経済学部 経済学科を卒業。体育会ラグビー部に所属し、日本一を経験。五郎丸選手が4年生の時に1年生だった。2011年、野村證券入社。自分の能力のなさに絶望し、1年半で逃げるように退社。その後独立を試みるも、騙されて貯金を切り崩し、アイフル・アコム・レイクで借金100万円を負った。ブログを開始し、今までの失敗談や自分の考えを書き始めると、読者と接点が出来人生が面白くなる。最近は高校で授業をしたり、インドに放浪したり、ミュージシャンのスタッフとして全国ツアーを回ったり、千葉県富津市の金谷に移住したり、イベントを主催したりと、自分が楽しいと思ったことを貪欲に行っている。