「この仕事に誇りがあります」田舎フリーランス養成講座の外部ワークショップが僕の仕事です。

外部ワークショップ
スポンサードリンク

3月の田舎フリーランス養成講座(以下、いなフリと略す)が終わろうとしています。

先月に引き続き、今月も外部ワークショップの担当講師として携わりました。

注釈:田舎フリーランス養成講座のワークショップ

いなフリではWEB学習以外に外部と連携してワークショップを実施しています。

せっかく地方に集まった若者に「田舎暮らし」や「地方ならではの働き方」や「生き方」を体験してもらうことが目的です。

簡単に言えば、人手の足りない産業や民家に宿飯付きでボランティアを行なっているということです。

詳しくは以下の記事をお読みください。

【地方創生・地域活性化】若者は地方にいるだけで価値がある。

3月実施ワークショップ一覧

3月もバリエーション溢れるワークショップを実施出来ました。

地域の方々の理解あってのワークショップです。

いつもありがとうございます。

以下には今月実施したワークショップを並べます。
 

■ 3/8(水) 畑開墾 @金谷

■ 3/10-12(金土日) 味噌作り @有機農家びろえむ

びろえむ

■ 3/19(日) 古民家DIYリノベーション @横須賀かなこハウス

■ 3/20(月) 小屋作り @金谷

■ 3/22-23(水木) 竹林開墾 @有機農家びろえむ

■ 3/28-29(火水) アースバックハウス作り @白浜フラワーパーク

アースバックハウス作り 集合写真
 

僕が受講した昨年5月の時は、田植えワークショップだけでした。

[衝撃告白]まるも田舎フリーランス養成講座の実態。こんなはずじゃなかった…

今では様々なジャンルのワークショップが実施出来て嬉しいばかりです。

参加者の感想

ワークショップに参加した受講生から、感想を募りました。

以下に連ねます。


 椎葉康祐(25)

古民家ゲストハウス「びろえむ」を訪問しました。
びろえむでは「自然と、生きものと共に生きる喜び」を感じ、「本当の豊かさって何なのだろう」と考えるきっかけとなりました。

「びろえむ」では、味噌づくりや農作業、薪割り体験、料理作りをしました。
味噌をつくるときに必要な糀菌やお米も、農作業で触れた土も、かまどに必要な薪も、薪でおこす火も、料理する野菜も、すべて生きもの。
生きものを全身で感じて、生きものから活力をもらった気持ちになりました。
「生きているってこういうことなんだ、自然と生きものと共に生きるってこういうことなんだ」という実感がありました。

このワークショップで経験したことが、ブログ記事を書く原動力になりましたし、自分の「農村ゲストハウスを開きたい」という夢に向かってまた一歩近づいたという実感がありました。
このようなワークショップには今後もぜひ参加したいですし、いなフリ受講者はぜひとも参加すべきだと思います!

 


 古冨竜也(35)

僕の目的の一つに仲間をつくることがあります。
そのため、いろいろな方と知り合いになれたことはとても良かった。
また、それぞれの生き方を触れることで自分の世界を広げてもらえたので大満足です。
もっと違う人とも交流したいです!

僕は地方出身なので、一つの地区全てがまとまったコミニュティだと思ってました。
ただ、金谷に来て同じ地区でも、それぞれが一つの小さなコミュニティを作って連携する考えを見れたこと。
そして、あたりまえですが目的を持って行動することが大切だと確信すると教わりました。

 


 トッティ(41)

プライベートで凹んでた僕にとってはとてもいい薬になったよ。
肉体労働の後の疲れが心地いいかな。
楽しいだけじゃなく、キツイもんもあると、体験できた事が非常に有意義な時間やと思った。
あと、いい人ばっかしかいないのよね〜!

自然と過ごすと、やる事はいくらでもある。
金銭に変えるにはハードルは高いが、お金がなくても、生きてはいけると実証できた。

都会と田舎を繋げる仕事が僕の理想かな。
と、ホントに沢山の人が地方創生に携わってる事が知れて良かった。
ある意味、変わった人ばっかりかな。
自分も変わってれればいいなと思った。

 


 兵藤有生(21)

僕はWEBの学習が忙しかったため2回しか参加しませんでした。
ですが、どちらも有意義で楽しい時間を過ごせました。

特に白浜フラワーパークでのワークショップは、自由でのびのびした空気感の中での作業で、とても新鮮でした。
こういった外部の人達のお仕事を体験させてもらえる経験はとても貴重で、フリーランス養成講座にもはや欠かせない企画だと思います。
僕はカルロスさんの斡旋のおかげで、ワークショップ先でお仕事を頂けることになったこともあり、参加して良かったと心から思えます。

僕自身は長野県で農業アルバイトをしていたこともあり、地方で働くことを経験しています。
ですが、今回の白浜フラワーパークのワークショップに参加して、本当の意味で地方で働くことの魅力に気づけたような気がします。
長野県での農作業は正直過酷で、きつく怒鳴られることもあり、どうしても『やらされている感』が抜けませんでした。
それとは対照的に、フラワーパークでアースバッグハウスを作る草太さんの周りには自発的に手伝いたいという人が集まっていました。
そして一緒に何かを創り上げていくような、僕にとって理想のコミュニティが形成されていました。
そういう意味で地方での働き方に対する考えが変わり、興味が湧いてきています。
貴重な経験をありがとうございました。

※ 草太さん:白浜フラワーパークのスタッフ

 


 小倉望未(運営スタッフ)

まるもにせっかくいるのに、パソコンばかりじゃもったいない!
運動ではなく、仕事として体を動かす、そういう時間をもてるって素敵。

 


 吉田優喜(30)

いなフリのこのワークショップは、受講生が自分の将来や夢を考えるのにもとても役に立っていると思う。
別に将来、直接農業とかリノベーションとかをやらなくても、
そういうことをやっている人に出会って、実際に体験してみるってことだけで、
十分価値ある経験を出来ていると思う。
今後の自分の生き方や幸せとは何か、みたいなことまで広げて考えることができる機会になると思う。

地方活性には、外部からのインフルエンサーがいることが大きいと思いました。

びろさんの暮らしは、「土の上で生きる」というビロさんの言葉がそのまま形になったライフスタイルでした。
自然と共存していて、改めて田舎での暮らしへの憧れが強くなった。
自分で収穫した、その季節で1番おいしい旬の食材を使ったご飯は素材そのものが本当に美味しかったです。
そんなおいしいものを毎日食べられるびろさんの生活は、お金やモノでは感じられない違った形の幸せを感じられる素晴らしさがありました。

今回のワークショップを通して、びろさんのような生き方に触れ、自分の将来やりたいことが少し明確になった気がします。
素晴らしい体験、ありがとうございました!

※ びろさん:有機農家びろえむの大山宏子さんのこと

 


 佐藤彩人(33)  

素晴らしい活動だと思った。
いくら本を読んでも結局体験でしかわからない事が沢山あるという事を改めて感じた。
自分でもこういった活動をしていきたいという気持ちがあるのでとても参考になった。

地方には都会にはない魅力がやっぱり沢山あるなと思った。
収入を稼ぐという生き方も素晴らしいけど、豊かな暮らしの追求という意味においては地方という舞台は可能性でしかないと感じた。
地方、都心、お互いが足りない部分を補い、楽しんでいく。
地方の当たり前が都会には新鮮出し、都会の暮らしが地方の人には魅力的に見えるというそのバランスの中でできる事は沢山あるのだ、と感じた。
ありがとうございました。

 


 ニコはんぶんこ・にっこる(30代) 

今月は、自身の事(自己表現、ブランディング)落とし込みで時間がかかってしまい、キャパオーバーだったのでした。
これから咀嚼していき、これからの人生、経験に落とし込んでいきたいと思っています。

日暮の家に住むという、非日常であり、人本来の原体験。
とても有意義な時間!
貴重で大切な経験です。
ありがとうございました!

 

この仕事に誇りがあります

僕はこの仕事に誇りを持っています。

野村證券の給料とは比べものにならないかもしれません。

でも「足るを知る」を体験した僕には、これで十分すぎます。

(でももっと稼ぎたいかも!)
 

遊びが仕事になっている感覚ですし、仕事を無理にしている感覚は皆無です。

自信を持って人に言える仕事をしています。

公益性も社会性も自分で感じられています。
 

ただ僕は何も持っていないことに変わりありません。

だからこそ人同士を繋げることで、その化学反応を楽しんでいるのでしょうかね。

今後も様々なワークショップが開催出来るように、一つずつの縁を大切にしていきたいです。

いつも本当にありがとうございます!

最後に協力してくださった古民家びろえむ家主・有機農家のびろさん

白浜フラワーパークの草太さん

横須賀古民家リノベーターのかなこさん

いつも本当にありがとうございます!

また手伝いに伺いまーーーーーっす\(^o^)/

参考:参加者が書いた記事一覧

■ 3/8(水) 畑開墾 @金谷

【田舎フリーランス養成講座】畑開墾ワークショップが開催! – 私はクラゲになりたい。
 

■ 3/10-12(金土日) 味噌作り @有機農家びろえむ

「豊かさ」の指標は人それぞれ。古民家ゲストハウス「びろえむ」で感じたこと – 【NEO 農村生活 〜 心の豊かさを求めて〜】

週末田舎暮らしのすすめ〜田舎で味噌作&古民家体験してきたょ!〜 – 地球人になろう!

21年間ずっと都会暮らし野郎。超ど田舎の古民家で2日間、田舎暮らし体験 – なまけものの全力
 

■ 3/19(日) 古民家DIYリノベーション @横須賀かなこハウス

古民家を買ってリノベーションするって夢がある! – 地球人になろう!
 

■ 3/20(月) 小屋作り @金谷

田舎暮らしDIY!小屋を建てて気づいた、建築のオモシロさを伝える – なまけものの全力
 

■ 3/22-23(水木) 竹林開墾 @有機農家びろえむ

いきおいで竹林伐採したらプチ炎上してしまった話 – なまけものの全力
 

■ 3/28-29(火水) アースバックハウス作り @白浜フラワーパーク

アースバックハウス作りを初体験してきた。 | CHILL LIFE

建築専攻の学生がアースバックハウス作りを体験して感じたこと – なまけものの全力

[PR]田舎フリーランス養成講座

次開催は5、6月です!

詳細は以下をクリック!


  もっと楽しく!
 
ピックアップ
  1. カルロスブログ代表作一覧
  2. ラグビー特化ブログ ➡︎ Sanchoz Rugby
  3. 下ネタ専用ブログ ➡︎ 20代モテたい男子のエロ事情
スポンサードリンク
外部ワークショップ

この思い、届けッ!!!

ABOUTこの記事をかいた人

1988年、生まれのみ岩手県花巻市で、育ちは神奈川県川崎市。2011年、早稲田大学 政治経済学部 経済学科を卒業。体育会ラグビー部に所属し、日本一を経験。五郎丸選手が4年生の時に1年生だった。2011年、野村證券入社。自分の能力のなさに絶望し、1年半で逃げるように退社。その後独立を試みるも、騙されて貯金を切り崩し、アイフル・アコム・レイクで借金100万円を負った。ブログを開始し、今までの失敗談や自分の考えを書き始めると、読者と接点が出来人生が面白くなる。最近は高校で授業をしたり、インドに放浪したり、ミュージシャンのスタッフとして全国ツアーを回ったり、千葉県富津市の金谷に移住したり、イベントを主催したりと、自分が楽しいと思ったことを貪欲に行っている。