top

マジで皆やるべき!【人狼ゲーム】が面白すぎる件。

マジで皆やるべき!【人狼ゲーム】が面白すぎる件。
Pocket

「人狼ゲーム」をご存知でしょうか。

実際にゲームに参加したことがある、テレビで見たことがある、名前だけ聞いたことがある、様々な方がいらっしゃることでしょう。

一つだけ言えることは「それを一度経験したら、そのゲームの虜になる人が多い」というのがこのゲームです。

僕も虜になっていしまっている1人です。

トップ画:人狼~嘘つきは誰だ?~ – フジテレビ

人狼ゲームとは

ルールを説明するのはここでは割愛します。

リンクした動画を見ればきっと理解できることでしょう。

動画では芸能人たちがゲームを楽しんでいる姿が見れます。

この動画だけでも非常に面白いので、是非見てみてくださいね。

班ゼミで実施

駒ヶ根訓練所では課業後、週に一度だけ班会議が行われています。

そしてその際にはよく、班ゼミと呼ばれる活動を行っています。

それは訓練生が自分たちで作る講座のようなものです。

各回の担当者が創意工夫をして、様々なアクティビティに取り組みます。

僕が担当の時には人狼ゲームを採用しました。

以下に目的と結果を記述します。

目的

日本では電車で網棚の上に荷物を置いて、寝ていても取られることはありません。

また、財布をなくしたとしても、中身はそのままで交番に届けられるなんてことまであります。

これは世界的に見れば“平和ボケ”と呼ばれても仕方のないことでしょう。

僕個人としてはこの平和ボケが世界のスタンダードになればいいな、という希望も少し持っています。

しかし現実的に考えて、任国ではこの日本の平和ボケスタンダードは通じるわけはありません。

網棚に荷物を置いていなくても盗まれるわけです。

時にはナイフでリュックを切り裂かれることや、また2人組に襲われ強盗されるという話も今までの講座でたくさん聞いてきました。

そこで今回は人狼ゲームを通して、「人を疑う力」「人の話を信じ過ぎない力」「人の話を聞いて分析する力」の3点を磨きます。

結果

まずゲームとして非常に盛り上がることが出来ました。

参加者全員が楽しめているようで、企画した僕としても非常に嬉しかったです。

ポイントとしてあげた3点は、ゲームを通して十分に体感しているように見受けられました。

参加者はいつも通りの顔を装い、平気で嘘をついていました。

これは任国における詐欺師の手段と全く同じことでしょう。

いくら普段から仲良くしていても、このゲームの時だけ嘘をつくという体験が出来ました。

そこから任国では日本人は自分だけであり、誰も心から信じることは難しいという疑似体験が出来たように思います。

この経験を任国の活動にも活かして行ければと思います。

そして人狼ゲームを通して皆の素性を知り、もっと仲良くなっていければと思います。

実にそれっぽいことが書けました!

(実際ルールありきのゲームの中で体感することはしっかり出来ています。)

人狼ゲーム開催決定!と言いたいところだが

僕がもっと日本にいるならば、ブログの呼びかけにより人狼ゲーム大会を開催すれば面白いなと思いました。

ただ、もう時間がないんですよね。

なんでもっと早く気づいてやっておかなかったのか・・・

人狼ゲームが好きな人が集まって出来たらきっと楽しいですよね!

いつか出来ればいいなと思います。

今は駒ヶ根訓練所のメンバーで、休みの時間にたくさん楽しんでおきたいと思います(^^)

もっと楽しく!


カルロスブログにクリックをお願いします。

カルロスと会いたい方、いつでも会いましょう!

小林勝宗
TEL:07066863561 or 08011269638
Facebook:https://www.facebook.com/kobayashi.katsuhiro
Twitter:https://twitter.com/crls1031
LINE:crls1031
Schedule:http://bit.ly/1F3ljpn
Mail:carlos1031.ind@gmail.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カルロスをTwitter で
Pocket

コメントを残す

*