もっと素直に存在していて、いい社会なんじゃないかな。

もっと素直に存在していて、いい社会なんじゃないかな。

坂爪圭吾さんにインスパイアされまくっている僕からのメッセージです。

もっと素直に存在していて、いい社会なんじゃないかな。

人は言います。

ここにしか僕には生きる道がないんだ!

社会に出たら、こうしなくちゃいけないんだ!

僕はそういったことをことごとく無視して生きてきました。

そしてなんとか現在も生き永らえています。
 

“嫌なものは嫌”

それじゃダメなんですかね。
 

嘘はついてはいけません。

正直に、素直であることが大切です。

子供の頃、親によく言われたであろう言葉です。

こういったことをウヤムヤにして生き抜くことが出来るのが大人なのでしょうか。

そうだとしたら僕は27歳ですが、決して大人になんかなれそうにありません。

自分に正直に、素直に生きることが僕の最優先です。
 

「批判の9割は嫉妬」と圭吾さんは言います。

今回、公人について議論した際に僕を批判してきた人たちは、僕に嫉妬していたのでしょうか。

それはよくわかりません。

社会に出ているくせに自由にやりやがって。

公人のくせに子どもじみた屁理屈をゴネやがって。

残念ながら、僕はそういった方々のために文章を綴っていません。

嫌な気がするなら見なければいいのに。

わざわざコメントをするという労力を割かなければいいのに。
 

最後に訓練所を去る時、総括に「僕は問題児ランキング何位でしたか?」と伺いました。

「凄いのもいっぱいいたし、セクハラとかでね。

 ランクではないかな。

 ただ小林くんとはキャッチボールが難しかったね。」

総括、大変お世話になりました。
 

僕はボールがいつも“組織人”という偽りの面を被ったものに感じました。

その偽りの言葉だと、僕に全然入ってこないんですよね。

響かないんです。

血が通っていないんです。

ただ僕に傾聴力が足りなかったというのならそれだけです。
 

「小林くんが“わからない!”と主張することが本当に“わからないんだ”ってことはわかったよ。」

自分の目で見ない限り、自分の肌で感じない限り、僕は物事を信じることは出来なさそうです。
 

さて、ちょっとカッコよく決まったかな?!w

もっと楽しく!

【随時更新】カルロスのほしいものリスト!

【無料開放宣言】カルロス(小林)の取扱説明書

カルロスと会いたい方、いつでも会いましょう!

小林勝宗
TEL:07066863561 or 08011269638
Facebook:https://www.facebook.com/kobayashi.katsuhiro
Twitter:https://twitter.com/crls1031
LINE:crls1031
Schedule:http://bit.ly/1F3ljpn
Mail:carlos1031.ind@gmail.com

もっと素直に存在していて、いい社会なんじゃないかな。

この思い、届けッ!!!

ABOUTこの記事をかいた人

1988年、生まれのみ岩手県花巻市で、育ちは神奈川県川崎市。2011年、早稲田大学 政治経済学部 経済学科を卒業。体育会ラグビー部に所属し、日本一を経験。五郎丸選手が4年生の時に1年生だった。2011年、野村證券入社。自分の能力のなさに絶望し、1年半で逃げるように退社。その後独立を試みるも、騙されて貯金を切り崩し、アイフル・アコム・レイクで借金100万円を負った。ブログを開始し、今までの失敗談や自分の考えを書き始めると、読者と接点が出来人生が面白くなる。最近は高校で授業をしたり、インドに放浪したり、ミュージシャンのスタッフとして全国ツアーを回ったり、千葉県富津市の金谷に移住したり、イベントを主催したりと、自分が楽しいと思ったことを貪欲に行っている。