top
かんがえたこと

【寄稿】元青年海外協力隊ブロガーがカルロス派遣辞退事件をぶった斬る!

宮崎大輔 JIBURI.com
Pocket

カルロスを知らない方へ!

カルロスこと小林勝宗とは

「大輔さん、今から電話してもいいっすか?」
 
 

2015年9月某日、カルロスさんからFacebookで突然メッセージを受け取りました。

その瞬間に、カルロスさんが何を話そうとしているのか察することができました。

そして、私が言うべきことも、カルロスさんが心で決めていることも。
 

結局、電波が悪く電話はできませんでしたがメッセージのやり取りを行い、カルロスさんの悩みを聞きました。

それから数日後、カルロスさんは予定されていた青年海外協力隊の派遣を辞退し、卒業式直前に訓練所を退所しました。

これが、後に伝説になるであろう「カルロス派遣辞退事件」です。
 

実は、青年海外協力隊の訓練生が訓練所を辞めること、これは別に珍しいことではありません。

年に4回ある派遣前訓練の度に毎回一人くらいは辞退者がいるそうで、私の同期でも辞めた人がいました。

よくある理由は、プライベートな都合や訓練所の語学学習についていけないから。
 

しかし、カルロスさんの場合は違います。

退所の原因は、まさかのブログ。

いったい、なぜ??

そもそもお前、誰やねん?

ご挨拶が遅れました。

はじめまして、宮﨑大輔(@JIBURl)です。

宮崎大輔 JIBURI.com

私は青年海外協力隊OBで、2013年7月から2015年6月まで中米パナマ共和国で野菜の育て方を教えていました。

派遣中に個人ブログJIBURi.comに書いた「ぼくのおとうさんはボランティアというやつに殺されました。」という記事はFacebookで8.5万回いいねを記録したので、青年海外協力隊ブロガーとしては有名な方です。

今はフリーランスの海外農業コンサルタントとして発展途上国で農業を教えながら、LIGブログTHINK FUTUREといったウェブメディアでライターもしています。
 

カルロスさんの存在を知ったのは、彼が訓練所に入所する前で、彼のブログを読んだことがきっかけです。

性体験についてカミングアウトしている記事を読んで、

「ヤバいブロガーが青年海外協力隊になる!」

と戦慄が走り、とても興味を持ちました。

と同時に「このブログはJICAとの間で問題になる……」とも察しました。
 

カルロスさんと実際に会ったのは、日本に帰国した直後の2015年8月。

青年海外協力隊・派遣前訓練の講師としてJICA駒ヶ根訓練所を訪問した際に、初めてお会いしました。
カルロスさんの第一印象は、顔が濃い! 体がゴツイ!! 勢いがハンパない!!!

私たちは“同い年”でしたが、何一つ共通点を見つけられませんでした(笑)
 

この出逢いをきっかけにしてカルロスさんと仲良くなり、その後カルロスさんのブログがJICAから問題視されメンタル的に弱っている時には、青年海外協力隊ブロガーの先輩として相談を受けました。

それが冒頭のメッセージです。

さてさて、感づいた人もいると思いますが、私とカルロスさんの共通点は「元青年海外協力隊ブロガー」ということです。

そこで今回は、お互いのブログに記事を寄稿し合う「クロスカウンター企画」として、元青年海外協力隊ブロガーの私が、カルロスさんの派遣辞退事件をぶった切ります!

01. なぜ事件を蒸し返すのか?

カルロスさんがインド派遣を辞退してから、すでに3ヶ月が過ぎようとしています。

「わざわざこの話題を蒸し返す必要はないのでは?」と思う人も多いでしょう。

しかし、私はカルロスさんの事例をこれから青年海外協力隊を目指す人に知ってもらいたいので、あえてこの事件について意見を述べようと思います。

【超感動】合唱って本当に素晴らしい。#赤穂南小学校の訪問を終えて

最近では個人がブログやSNSを使うことが一般的になってきたので、青年海外協力隊でもウェブメディア関係の問題が発生しています。

ちなみに私自身も派遣中にJICAからブログに関して、注意や削除命令を受けた経験があります。

なので、これから青年海外協力隊を目指す人に、ブログとの付き合い方を知ってもらいたいのです!

02. カルロスさんは、なぜ辞退したのか?

このブログを読んでいる皆さんはご存知だと思いますが、カルロスさんは青年海外協力隊のラグビー指導隊員としてのインド派遣を辞退しました、しかも派遣直前に。

なぜ、カルロスさんは青年海外協力隊を辞退したのでしょうか?

はっきり言います、私はその理由を知りません。

なんとなくわかりますが、その核心部分は誰にも理解できないと思います。
 

JICAの青年海外協力隊という制度の中では、JICAが決めたルールを守らなくてはいけません。

カルロスさんはそのルールに従うことを選ばなかった。

「カルロスさんは協力隊の経験よりも、自由を選んだ」と私は考えています。
 

もちろん、派遣辞退することは称賛されるべきことではありません。

協力隊が派遣されるためには、「およそ2000万円の費用が掛かる」と言われて、このお金は日本国民の税金です。

カルロスさんが派遣を辞退したことで、採用試験や派遣前訓練のために使われた税金は無駄になり、ラグビーの指導を受けることを待っていたインド人もガッカリしている事でしょう。
 

しかし、この選択はブロガーとしては、間違っていないと思います。

JICAからブログを規制されたカルロスさんがインドに派遣されていたら、このブログの内容はこんな感じになっていたでしょう。
 
 
 
 
 

*****
 

タイトル:ラグビー教室を開催しました!

2015-10-28 18.55.23

ナマステ!

毎食カレーを食べているカルロスです。

今日はインド人にラグビーを教えました。

みんなと一緒にラグビーができて、とても楽しかったです。

青年海外協力隊になって良かったなぁ……

*****

 
 
 
 
 

クッッッソ、つまらないよね!

カルロスさんがJICAのルールに従ってブログを書いていたら、全裸にもなれないし、女性ファンにも手を出せないし、絶対につまらなくなっていたでしょう。

全裸ブロガーカルロスさんは組織に属さずに、野生のままでいた方が輝けます。

あくまでブロガーという視点で見た場合ですが、カルロスさんは組織という檻に囲まれた青年海外協力隊の中よりも、自由に走り回れる今の環境の方が合っているように思います。

安心してください、履いてますよ!

03. カルロス派遣辞退事件の教訓

最後に、カルロス派遣辞退事件から学ぶべき教訓を考えてみました。

これは青年海外協力隊になりたい人には、ぜひ読んで頂きたいです。

(1)青年海外協力隊になりたい人は、JICAのルールに従うべき

まず、青年海外協力隊になりたい人は、JICAのルールに従いましょう。

JICAの偉い人も「JICAが決めたことが気に入らないなら、今すぐ出ていってもらって結構」と訓練所で宣言していましたが、確かにその通りだと思います。
 

会社、学校、社会など組織が決めたルールに従うのは、当然の義務です。

法律を守るから国家が成り立ちます。

ルールに従うのが嫌ならその組織から抜け、フリーになって生きていきましょう。
 

自由と責任はセットです。

自由な行動を取るなら、自分で責任を取らなければいけません。
 

個人的にはカルロスさんのブログは好きですが、「JICAの青年海外協力隊が運営するブログ」としては批判を浴びても当然だと思います。

このブログを読んだ人は「カルロスさんのブログ」ではなく、「青年海外協力隊のブログ」として認識するので、批判もカルロスさん個人にではなく、隊員を管理するJICA事務所へ向かうからです。

(2)ブログやSNSの運営は慎重に

JICAには、「JICAとってプラスになる情報は発信してもよいが、マイナスになる情報は発信してはいけない」という規則がありますが、個人ブログやFacebookもその対象になっています。

例えば、私の友人の隊員が「拳銃強盗の被害に遭った」とブログに書いたことがありますが、それはJICAからの命令により削除されました。

JICAは協力隊員のブログやFacebookなどに目を光らせているので、JICAのマイナスイメージに繋がるようなことを書くのはやめましょう。

(3)青年海外協力隊の実態は参加しないとわからない

みなさんは、青年海外協力隊にどんなイメージを持っていますか?

アフリカの無電化村で井戸を掘っている人もいれば、アジアの高層ビルの中でパソコン作業をしている人もいます。

真面目な人もいれば、面白い人もいます。

協力隊といっても千差万別です。

公用旅券

しかし、ブログなどの情報公開が規制されているので、本当のことはなかなか伝わりません。

青年海外協力隊といえば、真面目で誠実な人しかいないようなイメージが出来上がっていますが、その実態は参加してみないとわかりません。

まとめ

カルロスさん派遣辞退事件について、元青年海外協力隊ブロガーとして意見を書いてみました。

この事件について、みなさんはどう思いましたか?
 

裏側の話を知って、逆に青年海外協力隊について興味が出てきた人もいるのではないでしょうか。
 

そんな人は、ぜひ挑戦してみてください!

なかなか面白い経験が積めますよ。

次回の青年海外協力隊の募集は、来年の4月頃を予定しています。

参考:JICA 青年海外協力隊 公式サイト

参考

僕が寄稿した文章はコチラです。

辞退 【特別寄稿】宮﨑大輔に支えられた、カルロスの青年海外協力隊、辞退までの道のり | JIBURi.com 辞退

寄稿してもらった大輔さんのブログはコチラです。

JIBURI.com JIBURi.com JIBURI.com

カルロスから一言

え、2,000万円もかかるの?!

いやぁー、、、、ありがとうございましたッ!!m(_ _)m

おかげさまで英語もそれなりに話せるようになってますし、面白い仲間たちとも出会えましたし、満喫は出来ましたね!
 

僕は協力隊事業を否定は全くしませんし、海外に行きたければ乗っかっちゃえばいいと思っています。

ただし、情報発信などについてはしっかりしていかなければならないと思いますが・・・w
 

今回の企画、お互いに寄稿しあっているんですけど、“クロスカウンター企画”というらしいです。

これを大輔さんはドヤ顔で使い倒しているんですが、なにを言っているんだか・・・

さてと、、、次は誰とクロスカウンターしよっかな〜♪
 

大輔さん、素敵な寄稿をありがとうございました。

コロンビアのダイナマイトボディ美女にうつつを抜かしてないで、無事に日本に帰ってきてくださいね〜♪

もっと楽しく!

12月20日(日)18時:坂爪圭吾さん 中島芭旺くん 対談

坂爪圭吾 中島芭旺 いばや通信・坂爪圭吾 × 天才少年・中島芭旺 対談 坂爪圭吾 中島芭旺

12月16日(水)19時:たろう、カルロスのオフ会

たろう、カルロスのオフ会 たろう、カルロスのオフ会 たろう、カルロスのオフ会

ブログ塾、始めます!

カルロス Wonderful 「ブログを活用して、もっと楽しい日常を」毎月4名限定・カルロスブログ塾、始動!! カルロス Wonderful

記事作成依頼、承ります。

あなたの人生を僕なりに綴ります。 #記事作成依頼開始 カルロス 横顔

Dream comes true!!

カルロス wants to do カルロス wants to do!! カルロス wants to do

カルロスと会いたい方、いつでも会いましょう!

小林勝宗 Katsuhiro Kobayashi【Carlos】
TEL:07066863561 or 08011269638
Facebook:https://www.facebook.com/kobayashi.katsuhiro
Twitter:https://twitter.com/crls1031
LINE:crls1031
Schedule:http://bit.ly/1F3ljpn
Mail:carlos1031.ind@gmail.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カルロスをTwitter で
Pocket