1日で弁償代15万円!野村證券で2次会カラオケをカルト的に楽しんでいた日々の話。

紅
スポンサードリンク

この記事が面白かったです。

➡︎ 電通の人たちとカラオケに行った話 – 雑記

これを読んでいて、僕も当時在籍していた野村證券のことを思い出しました。

野村證券の辞め方。新卒入社1年半、僕は給料泥棒でしかなかった。

2015.11.16

2次会カラオケは標準ルート

僕が勤めていた支店では、毎月支店全員の飲み会がありました。

あとは各課ごとに自由でした。

飲み会の最中、上司がまだ飲んでいる時に、帰ることなんて出来ませんでしたね。

ま、現代の企業戦士社会においては普通のことでしょう。

何かにつけては飲み会が開催され、新人だった僕は帰ることを選択する権利はありませんでした。
 

新人はとーっても飲まされます。

グロッキーになり、変な行動をすることを先輩たちが楽しみます。

逆にいじられる先輩もたらふく飲まされ、グデングデンになっていることもしょっちゅうでした。

ま、これはどこの社会でも妥当なことでしょう。

僕は酒がそれなりに強い方だったり、先輩付き合いが良くなかったので、あまり失態はなかったように思います。

たった1度の失態は弁償代15万円

僕の経験では、1度トイレにたどり着く前に吐いてしまったことがありました。
 

翌朝、気持ち悪く朝起き、なんとか支店に出勤しました。

前夜の記憶もあまりない中、支店に着くと、どうやら僕の指導係の方と課長が二人してウロウロしていました。
 

指導係が僕を見て言います。

指導係
お前、覚えていないのか??(怒)いいから来い!(怒)

徐々にドラクエのパーティーが増えて行くように、課長・指導係・僕となりました。

次には次長のところに行き、次長が加わってラスボスの支店長室(範馬勇次郎室)に行きました。

支店長
次から気をつけろよ

この時はこれくらいで終わり支店は全クリしました。
 

その報告の中で、ある事実がわかりました。

僕が吐いたのは2次会カラオケ後の3次会、しっぽりワインなどを楽しむバーのような居酒屋の時でした。

トイレで嘔吐しようと席を立ちましたが持たず、“顧客の上着が掛かっているエリア”で催してしまいました。

そしてその結果、女性の上着を2着ダメにしてしまいました。

その女性2人は“幸いなことに”「女医」さんだったため、上着が高かったんだとか♪

こうして、弁償代15万円支払うことになりました\(^o^)/
 

当日は僕が勝手にどんどん飲んでいたそうです。

そればっかりは記憶にない。。。

ま、しょうがない。

指導係も責任を取り、弁償代半分持ってくれました。

そんなに潰れたのはこれが最初で最後です。

それ以外には酒の席での顕著な失態はありませんでしたね。
 

現代の企業は唯一の拠り所なのか

同期の新人女性社員は飲み会や2次会に参加するのを明らかに嫌がっていました。

新人は

その場を盛り上げなければならない

カラオケで率先して曲を歌わなければならない

といったルールがあります。

これは暗黙なのかもしれませんが、指導係の一人からはしっかりとそう指導して頂きました。

そのため、自由参加の会の時には、誰一人として参加していませんでした。
 

その実態を見た先輩社員たちは

全員で参加することに意味がある

苦楽を共にして家族になる

などと言っていました。

確かにその面もあります。

でも今の時代、そこにフィット出来る人もいれば、出来ない人も明白に現れている気がします。

Mr.パーリーピーポーにとっては表舞台

さてそんなことはさておき、Mr.パーリーピーポーカルロスはカラオケをとっても楽しんでいました。

盛り上がり具合といったら、もはやカルト的でしたね。

前作に書いた通り、僕の当時のカラオケ・レパートリーはこの通りです。

AKB48/恋するフォーチュンクッキー、ヘビーローテーション

モーニング娘。/恋愛レボリューション21、EXY BOY 〜そよ風に寄り添って〜

氣志團/One Night Carnival

DJ OZMA/アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士

少女時代/Gee

Psy/江南スタイル

大黒摩季/熱くなれ

m-flo/miss you、come again

➡︎ 野村證券の辞め方より引用

2次会ではこれらを僕が率先して歌って踊り、場を盛り上げます。

ある程度盛り上がってきたら、女性新入社員がかわいらしく歌います。

若い女の子が流行りものの歌をかわいく歌ったらもうオールOK♪

そのようにして場が整ったらあとは上司らが“自己満足”に歌い上げていきます。

2次会の定番チューン

みんなで盛り上がる定番チューンとしては「あんたが一番」の曲がありました。

この曲がかかると毎度みんなで熱唱していましたね!

「ビールを回せ」の時にはちゃんと現実でもビールが至る所で振舞われていました。
 

また歌詞の中に

あんたが1番 わたしは2番

という部分がありますが、そこを変えて

○○が1番 ○○1番

と歌い、名指された人が一気飲みをしていました。

そして「ドン! ドン!」の部分は(車のオーライをするように)手の振りをつけて、みんなで熱唱しましたね。
 

最後の締めはみんなで肩を組み、24時間テレビでよく知られる「サライ」が定番です。

そして何を隠そう、Xjapan「紅」が最高潮に盛り上がりました。

野村式「紅」の歌い方については細かく記述します。

(当時の梅田支店限定ですかね??)

「紅」を歌う際における注意事項

まずは紅を歌うにあたっての注意事項を並べます。

※1 「」内は合いの手です。全員で全力で叫びましょう。

※2 コール時には、4章節ごとに一杯を一気飲みすることを推奨します。

※3 4章節で飲みきったら違う名前をコールし、一気飲みする人が交代します。

※4 一気飲みが8章節だと間が空き、6章節とかだと中途半端です。みんなのコールが合わせづらくなります。

※5 最後の方には歌っている人お構い無しで、ずーっとコールが続くことが通常です。

※6 今回はコールを苗字ランキング順に振りました。実際の場ではご自由にお振りください。同じ人が連続することもよくあります。

歌詞全文(合いの手、コール含む)

それでは歌詞全文です。

動画を流しながら、歌詞を追うのをオススメします!

 

ーーー
 

I could not look back, you’d gone away from me
I felt my heart ache
I was afraid of following you
When I had looked at the shadows on the wall
I started running into the night to find the truth in me
 

紅

【コール(12章節:3回)】
「さーとう!」「さーとう!」
「さーとう!」「さーとう!」

「すーずき!」「すーずき!」
「すーずき!」「すーずき!」

「たーかはし!」「たーかはし!」
「たーかはし!」「たーかはし!」

嵐吹く「オ、オイ!」
この街が「オ、オイ!」
お前を抱く「オーーー⤴️⤴️!!」

吹き抜ける「オ、オイ!」
風にさえ「オ、オイ!」
目を閉じる「オーーー⤴️⤴️!!」

お前は走りだす「オーーー⤴️⤴️!!」
何かに追われるよう「オーーー⤴️⤴️!!」
俺が見えないのか「オーーー⤴️⤴️!!」
すぐそばにいるのに


【コール(8章節:2回)】
「たーなか!」「たーなか!」
「たーなか!」「たーなか!」

「いーとう!」「いーとう!」
「いーとう!」「いーとう!」

人波に「オ、オイ!」
消えて行く「オ、オイ!」
記憶の吐息「オーーー⤴️⤴️!!」

愛のない「オ、オイ!」
一人舞台「オ、オイ!」
もう耐えきれない「オーーー⤴️⤴️!!」

All of you in my memory「オーーー⤴️⤴️!!」
is still shining in my heart「オーーー⤴️⤴️!!」
すれ違う心は「オーーー⤴️⤴️!!」
溢れる涙に濡れ

【コール(43章節:11回)】
「わーたなべ!」「わーたなべ!」
「わーたなべ!」「わーたなべ!」

「やーまもと!」「やーまもと!」
「やーまもと!」「やーまもと!」

「なーかむら!」「なーかむら!」
「なーかむら!」「なーかむら!」

「こーばやし!」「こーばやし!」
「こーばやし!」「こーばやし!」

「かーとう!」「かーとう!」
「かーとう!」「かーとう!」

「よーしだ!」「よーしだ!」
「よーしだ!」「よーしだ!」

「やーまだ!」「やーまだ!」
「やーまだ!」「やーまだ!」

「さーさき!」「さーさき!」
「さーさき!」「さーさき!」

「やーまぐち!」「やーまぐち!」
「やーまぐち!」「やーまぐち!」

「まーつもと!」「まーつもと!」
「まーつもと!」

「オ、オイ!」
に染まった「オ、オイ!」
この俺を「オーーー⤴️⤴️!!」

慰め「オ、オイ!」
る奴は「オ、オイ!」
もういない「オーーー⤴️⤴️!!」

もう二度と「オ、オイ!」
届かない「オ、オイ!」
この思い「オーーー⤴️⤴️!!」

閉ざされた「オ、オイ!」
愛に向かい「オ、オイ!」
叫びつづける

【コール(8章節:2回)】
「いーのうえ!」「いーのうえ!」
「いーのうえ!」「いーのうえ!」

「きーむら!」「きーむら!」
「きーむら!」「きーむら!」

お前は走りだす「オーーー⤴️⤴️!!」
何かに追われるよう「オーーー⤴️⤴️!!」
俺が見えないのか「オーーー⤴️⤴️!!」
すぐそばにいるのに

【コール(4章節:1回)】
「はーやし!」「はーやし!」
「はーやし!」「はーやし!」

・・・

まとめ

いかがでしたでしょうか。

これが僕が経験した野村證券梅田支店でした。
 

この環境に合う人はそこに居続ければいいでしょうし、ダメなら逃げればいいと思っています。

業務中は口の中が常にカラカラになるほどの恐怖そのものだったので、僕は逃げました。

今はカラオケも楽しいし、業務も楽しい世界で生きることが出来ています。
 

その時の経験は今も生きているわけなので僕は「まちごうたな」とはあんまり思ってないかもですね。

スポンサードリンク
紅

この思い、届けッ!!!

ABOUTこの記事をかいた人

1988年、生まれのみ岩手県花巻市で、育ちは神奈川県川崎市。2011年、早稲田大学 政治経済学部 経済学科を卒業。体育会ラグビー部に所属し、日本一を経験。五郎丸選手が4年生の時に1年生だった。2011年、野村證券入社。自分の能力のなさに絶望し、1年半で逃げるように退社。その後独立を試みるも、騙されて貯金を切り崩し、アイフル・アコム・レイクで借金100万円を負った。ブログを開始し、今までの失敗談や自分の考えを書き始めると、読者と接点が出来人生が面白くなる。最近は高校で授業をしたり、インドに放浪したり、ミュージシャンのスタッフとして全国ツアーを回ったり、千葉県富津市の金谷に移住したり、イベントを主催したりと、自分が楽しいと思ったことを貪欲に行っている。