top

軍事力放棄は理想論ではない。コスタリカから学ぶ非武装中立について。

Pocket

この本に出会いました。

丸腰国家―軍隊を放棄したコスタリカの平和戦略― (扶桑社新書)

足立 力也 扶桑社 2009-02-27
売り上げランキング : 18415

by ヨメレバ

まだ3分の1しか読めていませんが、マジでシビれています。

シビれまくりです。

トップ画:Photo credit: marissa_strniste / Foter / CC BY

以下なんてどうでしょうか。

「軍隊がないことが最大の防衛力だ」。
コスタリカ人たちは誰もがそう断言する。
しかも妙に肩から力が抜けている。
さも当たり前であるかのように、さらっと言ってのけるのだ。
追い討ちをかけるように、「軍隊がなくても大丈夫なのか?」と尋ねると、怪訝な顔すらされる。
もはや彼らにしてみれば、問いのたて方自体がおかしいのだ。
なぜなら、彼らは軍隊がなく「ても」大丈夫だと考えているのではなく、軍隊がない「からこそ」安全だと考えているからである。

軍は不要なんじゃないかと考えていましたが、いつも理想論だと指摘されました。

しかし、実際にそれで存続している国家があったのですね。

しかもアメリカの裏庭と呼ばれる大変危険な地域においてです。

本当に感動しました。

日本も9条をより深め、ここまでの境地に達すればいいなと思います。

軍に注ぐ資金は福祉などに還元されているようです。

素晴らしいですね。

ビックリするくらいマーカーだらけなのですが、ここだけは引用させて頂きます。

例えば誰かがあなたを、逃げられないところで殴りかかろうとしたとしよう。
その場を動けないのであれば、よけるのにも限界がある。
いっそ殴り返さない限り、あなたの身の安全は確保できないように思える。

しかし、そこにいるのは、あなたとあなたを殴ろうとしている人だけではない。
その周りに第三者が必ずいるはずだ。
そこで、あなたはすぐさま白旗を上げて、それを殴ろうとしている相手というより、それを見ている第三者たちみんなにみせびらかす。
そうすると、周りの誰かが、あなたを殴ろうとしている人を止めるだろう。
もしこちらの白旗を誰もが無視するようだったら、こちらから声をかけて第三者たちに向けて白旗を向かせ、「あなた」や「あなたを殴ろうとしている人」ではなく、「白旗」に対して賛成か反対かを問い詰めるのだ。

殴ったり殴られたりという対立の関係に対しては、どちらを支持するかは場合によって分かれるだろうが、白旗という「理想」に対しては反対しにくい。
秩序を重んじようとすればするほど、理想には賛成せざるを得なくなるのだ。
第三者から白旗に対する支持を得られれば、あなたを殴ろうとしている人に対してそれは「抑止力」として働く。
なぜなら、それでもあなたを殴ろうとした場合、その人はもはや「あなたの敵」というより「秩序の破壊者」と取られてしまうからだ。
もちろん、その支持が多ければ多いほど、その抑止力は強力になる。

素晴らしい考え方だと感じました。

ますます読み進めて理解し、これを根拠とし、これからは理想を語れるようになりたいと思います。

もっと楽しく!

< カルロス出現情報 >

7/9(木)- 9/16(水)派遣前訓練 @長野県駒ヶ根

10/7(水) インド派遣予定

□参考記事:カルロス、故郷・インドに帰ります。

カルロスと会いたい方、いつでも会いましょう!

小林勝宗
TEL:07066863561 or 08011269638
Facebook:https://www.facebook.com/kobayashi.katsuhiro
Twitter:https://twitter.com/crls1031
LINE:crls1031
Schedule:http://bit.ly/1F3ljpn
Mail:carlos1031.ind@gmail.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カルロスをTwitter で
Pocket

コメントを残す

*