top

浦沢直樹「挑戦とは、幼い頃の自分が満足する作品をつくること。火の鳥を読んで以来、なにも変わってない」#クロスロード

浦沢直樹
Pocket

番組内容はうろ覚えです。

次から、ちゃんとメモをとって見ることにします。

(正確に覚えている方がいれば教えて下さい!)

画像はe+(イープラス)より拝借しました。

クロスロードSP[浦沢直樹/漫画家]

偶然この番組を見ました。

20世紀少年MONSTERなど数々の著名作品を作り上げてきた浦沢直樹さんです。

この番組では個展に向けてのドキュメンタリーとなっていました。

(個展の様子)

幼い頃から現在に至るまで、全く変わらない“漫画大好きっ子”な浦沢直樹さんが等身大で映っていました。

漫画以外でも音楽活動に夢中になったりと、多才ぶりも初めて拝見し、興味深かったです。
 

また自身の感覚については

あの時、手塚治虫先生の火の鳥を読んで以来、なにも変わってない

とおっしゃっていました。

故に浦沢直樹さんにとっての挑戦とは

幼い頃の自分が満足いく作品を作ること

とおっしゃっていました。

この2つのフレーズが僕にとって、大変印象深いものとなりました。

僕が手段を変え、場所を変え、様々なことに挑戦している意味。

人の話を人の話のままにせず、自身に置き換えて考えます。

以前にはこんな記事を書きました。

僕のブログを一番理解して欲しいのは、間違いなく過去の自分だ。

この感覚には現状変わりないですが、さらに思考を深くしてみました。
 

現在僕は手段を変え、場所を変え、様々なことをやってみています。

それはなんでなんだろう、と考えた結果

「これでも生きていけるじゃん!」

を証明したいんだと思いました。

この記事にも通じるものです。

僕の就活日記ーあの頃の自分に就職を勧めるか。
 

すべてはきっと自分次第

現代社会、ニュースを見れば暗い話題ばかりが立ち並び、不安ばかりが煽られます。

だから最近ではテレビのニュースとかは見てられないですね。
 

そんな状況とは関係なく、「これでも生きていける!」という選択肢を増やしたほうが、精神衛生的にもいいんじゃないかと思います。

日本の財政もいつ破綻してもおかしくないのかもしれませんし。

(破綻すると思う人がマジョリティを占めたら破綻する、という考察を拝見しましたが、大変興味深かったです。)

そんな時でも大丈夫な自分である。

そのほうが健全ですし、なんか楽しそうじゃないですかね!
 

もしかすると浦沢直樹さんのように僕の場合だと

エリートコースからはみ出した、資本主義に絶望した“僕”「生きていけるじゃん!」

と言いたいのかもしれないですね。

感覚としては大学の時に描いたものと、きっと変わらないのでしょう。

僕が学生時代に描いた夢。小林勝宗として生きるだけで皆HAPPYな世界。 : もっと楽しく!

そんなことを思いましたとさ♪

参考文献

[ガチ募]3月27日に中部国際空港近くで泊めてくれる方

詳細はこの記事にあります。

[ガチ募]インド旅アイディア & 中部国際空港近くで泊めてくれる方

OKな方は以下の項目に記入の上、「送信」をクリーーーック!!☆ミ

[必須]お名前

[必須]メールアドレス

[必須]中部国際空港に近いから、3月27日に
 カルロス泊まりにきなよ(^^)

もっと楽しく!
 

■ 3月13日(日)15:00 イベント@渋谷

カルロスに会う方法

カルロスのほしいものリストAmazonバージョン

カルロスのやりたいことリスト

旅サポーター募集

■ ライター・トークイベントなどの問い合わせは、以下からお気軽にお願いします( ´ ∀ ` )
 

小林勝宗 Katsuhiro Kobayashi【Carlos】
TEL:07066863561 or 08011269638
Facebook:https://www.facebook.com/kobayashi.katsuhiro
Twitter:https://twitter.com/crls1031
LINE:crls1031
Schedule:http://bit.ly/1F3ljpn
Mail:carlos1031.ind@gmail.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カルロスをTwitter で
Pocket