僕が信じている世界は

sky

親しい友人に

「カルロスはなぜインドに行ったの?」

「なぜ今後、海外に行きたいの?」

と尋ねられた。

その答えを考えることで、自分の現在を深掘りする結果となった。

僕が信じている世界は

なぜかと聞かれれば単純で

「新しい物を見たい」

「新しい体験をしたい」

ということだ。

でもその答えの根底には、僕が信じる世界観がある。
 

僕が信じる世界は

「人間の根底にあるのは優しさである」

「人間は可能性の塊である」

ということだ。

人間の根底にあるのは優しさ

これは海外に行くことに限ったことではない。

自分がすべての行動を実施する根底にある思いだ。

自己中でわがままで傲慢な僕は、自分の信じる世界を実現させたい。

だから行動することでそれを実証しようとしている。
 

海外に行けばいつもと違う状況なので、否応なしに人間の醜さに触れることとなる。

と同時に、優しさにも触れる機会にも恵まれる。

そこで感じられる貴重な優しさを求め、わざわざ自分が不安定な状況に身を置きに行くのかもしれない。

人間は可能性の塊である

海外に行けば、自分が知っている範囲を超えた可能性を目の当たりにする。

自分が知っている範囲の世界はあまりにも狭く、その中にある常識を覆される結果となる。
 

そんな思いを持っていることに気づいた僕は、最近腹が立つことが増えてきた。

自分の可能性を信じられず、自分はこんなものだろう、と限界を作っている人を見ると腹が立つ。

「お前はそんなもんじゃない」

「お前ならもっと出来る」

そんなことばかり思ってしまう。
 

これは僕が自分の正義感を振り回している結果である。

相手にとっては暴力でしかない。

現実ではそれを押し隠したいと思うが、腹が立っている僕もいる。
 

なにかが変わってきたのだろうか。

いつもどおりなのだろうか。

ただ単に歳をとったのかもしれない。

28歳にして生え際に難を抱え、腰にも現役時代の傷を感じることが増えた。
 

これは現在である。

この考えが変わるかもしれないことは重々に承知していただきたい。

 

もっと楽しく!

まるも
line

sky

この思い、届けッ!!!

ABOUTこの記事をかいた人

1988年、生まれのみ岩手県花巻市で、育ちは神奈川県川崎市。2011年、早稲田大学 政治経済学部 経済学科を卒業。体育会ラグビー部に所属し、日本一を経験。五郎丸選手が4年生の時に1年生だった。2011年、野村證券入社。自分の能力のなさに絶望し、1年半で逃げるように退社。その後独立を試みるも、騙されて貯金を切り崩し、アイフル・アコム・レイクで借金100万円を負った。ブログを開始し、今までの失敗談や自分の考えを書き始めると、読者と接点が出来人生が面白くなる。最近は高校で授業をしたり、インドに放浪したり、ミュージシャンのスタッフとして全国ツアーを回ったり、千葉県富津市の金谷に移住したり、イベントを主催したりと、自分が楽しいと思ったことを貪欲に行っている。