top

地元の方曰く、奇跡のリンゴの木村秋則は奇人・変人でしかない。

奇跡のリンゴ
Pocket

先日、シンガーソングライターd-iZeのイベントスタッフのため、青森県に行ってまいりました。

その地域はかの有名な「奇跡のリンゴ」の木村秋則さんの農園があることで知られています。

イベント参加者には就農者もいらっしゃり、ゆっくりと話しを聞くことが出来ました。

すぐ隣が木村さんの農園、という友人がいるくらいの距離感にいる方でした。

「奇跡のリンゴ」の木村秋則は奇人・変人でしかない

ここではその方に聞いた話だけをまとめます。
 

まず、奇跡のリンゴを作った木村秋則さんは、地元の方から言わせれば「奇人か変人」でしかないそうです。

映画の内容も“ものすごく盛っている”というもっぱらの評判でした。
 

そんな木村さんは、人によっては迷惑な方だそうでした。

というのも自然農法をしているところでは害虫が容易に発生します。

「ここからウチの土地、ここからヨソの土地」といったところで、空中に漂う害虫は土地関係なく農作物に被害を与えます。

ということで近隣の就農者にとっては迷惑でしかなかったそうです。

海老蔵の結婚式によって一躍有名に

そんな木村さんですが、映画でもある通り、無農薬のリンゴ開発に情熱を注ぎます。

死を覚悟するほどに追い込まれながらも開発に勤しみました。

結果、無農薬のリンゴ開発を成し遂げます。
 

一方、弘前に有名なシェフが営む「レストラン山崎」がありました。

シェフは木村さんと懇意にしており、奇跡のリンゴを使った料理も出していました。

引用:Yahoo!

シェフは本場フランスで修行を行ったりした有名な方だそうで、人脈も広くあるそうです。

その広い人脈があった結果、市川海老蔵と小林麻央の結婚式で料理を提供することになりました。

その時にはもちろん奇跡のリンゴを使った料理を振る舞いしました。

結果、奇跡のリンゴは関係者の目に止まり、広く知られるようになります。

引用:sanasukeのエイジング日記

自分の信じた道を突き進めばいい

軽く調べてみたところ、

・海老蔵の結婚式、2010年

・木村秋則さんの「奇跡のリンゴ」の本、2011年

「奇跡のリンゴ」の映画、2013年

ということで時系列も間違っていません。
 

まぁ、そこは正直どうでもいいんですが、何が言いたいかというと、

「自分の信じた道を突き進むことに尽きる」んだな、と僕は感じました。
 

近隣の就農者に迷惑なのは考えものです。

ですが、本や映画もヒットし、その地域はフューチャーされたことでしょう。

地域には人が来るようになり、お金もきっと落ちたのは容易に考えられます。

当初は迷惑だったでしょうが、結果一周回って地域のためになっていることだと思われます。
 

本田圭佑もこう言っています。

本田圭佑

引用:YouTube

なんだか共通するように感じてしまいました。
 

歴史を変えるのは奇人・変人であり、バカ者、ヨソ者、若者です。

最近の僕は丸く収まりがちですが、やっぱりもっと自分に素直に生きていきたいと思います。

自分らしくある人は、きっと世の中から浮いていると僕は感じますので。

世間から離れることを恐れず、自分の信じる道をただ歩み続けたいと思いました。

関連書籍

 

もっと楽しく!

ジビエBBQ
line

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カルロスをTwitter で
Pocket