top
ビジネス

街コンを主催し、全国各地を途方も無く回った大阪事業立ち上げ時代。

カルロス デニス
Pocket

これで僕の新卒3年間の思い出が完結することになると思います。

(恋愛の面ではちょっと書くことがありますが。。。)

順番で言えば、

1.野村證券の辞め方。新卒入社、在籍1年半、僕は給料泥棒でしかなかった。

2.【ネットワークビジネス】毎月13万円ずつ買い込むように洗脳され続けた1年間 : もっと楽しく!

[ネットワークビジネス]毎月13万円支払っていた当時の写真を公開

3.【新「新卒3年間」論】僕は新卒3年間で最高の経験をした。 : もっと楽しく!

となりますね。

その後に、[大阪3大風俗]桜川アポロビルの圧倒的魅力についてを挟みますが、まぁ良しとしましょう。

ということで、新「新卒3年間」論の続編です!

(今回の舞台は大阪、前編です。)

街コンを主催し、全国各地を途方も無く回った大阪事業立ち上げ時代。

僕は当時、悪徳アフィリエイターに騙されている真っ最中である。

(当時、騙されていることには気づいていない)

そんな時、友人から一人の投資家を紹介してもらうことになった。

その友人は投資家になるのが夢なので、その投資家のことを尊敬していた。

だから、僕もすんなり信じることにした。
 

会って話してみると、投資家は新規事業立ち上げのメンバーを募集していた。

当時派遣社員だった僕は、二つ返事でそこにジョインさせてもらうことにした。
 

新規事業立ち上げの新会社の社長は、僕よりも年下だった。

精悍な顔つきとハキハキとしっかり自分の考えを話す感じを見て、これがやり手なんだなと感じた。

実際、前に立ち上げた事業では“億”もの利益を残していたのだった。
 

ちょうどその時、僕は派遣社員として務めていた企業の人事調整のため、いわゆる“派遣切り”にあった。

いろいろ複雑な思いもあったが、それを機にフルタイムで新規事業立ち上げに携わることになった。
 

新規事業立ち上げの時にはお金なんてない。

なので国の制度を利用して、インターンとして国からの援助をもらいながら働くことになった。

国からの支給額は1ヶ月14万円。

アフィリエイターから騙されて借金もすることになったが、最初こそ手元に資金が出来た

なので、風俗に行ってみたり、土日にはバスケとトライアスロンに向けたトレーニングを行っていた。

(下線部に関しては記事参照
 

余談になるが、将来トライアスロンの最高峰・アイアンマンレースを完走するという、地に足ついていない野望がある。

だから当時、毎週日曜日に家の近所にあった市民プールに行くことから開始した。

最初はなんとか25mを泳ぐ、という具合だった。

次第に慣れると、クロールが力を抜いて泳げるようになって来た。

地上でジョギングしている感覚に近い。

そして25mプールだと高齢者がゆっくり歩くことがメインなので、水温が高い。

僕がガチで泳ぐと、水中が熱くてたまらなくなる。

息が切れてゼェゼェという具合だ。

そこで家に帰って調べてみると、どうやら家から6.5km先に国際大会でも使われるような50mプールがあることに気づいた。

しかもいつも使っているプールと同一価格で使用できてしまう。

翌週からは6.5km走って、プールで泳いで、また6.5km走って帰るということを開始した。

一夏の間だけとなったが、当時はプールでも1kmを続けて泳いで、休む、それを3セットこなせるようにまでなっていた。

 

結局最終的には手元に出来た臨時収入を使い切り、生活費がままならなくなった。

月から金までは新規事業立ち上げに取り組み、土日はアリさんマークで働くことになった。
 

またまた余談だが、僕はアリさんマークに務めている時には、10km先の守口支店まで自転車を漕いでいた。

毎朝5:30に起床し、朝ごはんを作って食べ、その朝ごはんを弁当箱にも詰め、昼のために持って行った。

6:00に出発し、45分間自転車を漕いだ。

雨の日にも、ドンキで買った安くて通気性の異常に悪いカッパを着て、汗だくになって漕いだ。

支店の体制がひどかったので、夜中の2:00に支店に帰ってきても、それから自転車で45分漕いで自宅に戻り、そして翌朝には6:00に家を出発した。

よくやったものだと思う。
 

そんな土地で読者にごちそうになれたものだから、それは本当に感慨深かった。

“実質4畳”“3食白米のみ”を経験した大阪・福島で、歯科医師さんに串揚げをごちそうになりました。

 

新規事業立ち上げのほうは全然うまく行かなかった。

新しいサービスの立ち上げにいろいろと試みたが、どれも軌道に乗らなかった。

それでもやる気満々だった僕は、7:00に出社することもしばしばだった。
 

この時に実はブログも開始させられた。

(▶もっと楽しく! – アメブロ

ただ会社のためのブログだったから全然面白くなく、続くことはなかった。

ただここでブログを1年間くらい継続してきた社長から基礎は学ばせてもらった。
 

このままでは企業としての活動資金がなくなるので、社長は無難に以前までやっていた事業を再開することにした。

上記に記述した億もの利益を残した事業である。

それは「街コン」だった。

街コンといえば当時社会現象になるほどのブームだった。

社長は見事にブームに乗って全国各地で開催したため、うまく行ったようだった。

その当時のノウハウを活かし、僕が事業責任者として全国を回ることとなった。
 

全国の主要都市の人口や人口密度を出し、競合の開催状況を徹底的に調査し、開催候補地を挙げた。

そして実際に開催するところのホームページを立ち上げ、その地を営業に回ることになった。

結局開催できたのは浜松、広島、滋賀だけだった。

開催できたと言っても小規模で、決して利益の残せるものではなかった。

敗因はブームが過ぎ去り、集客が果たせなかったからだと僕は思っている。
 

浜松に行く時には経費削減のため、大阪から4時間くらいかけて鈍行で向かった。

僕はお金欲しさにキセルをしたが、駅員に捕まって個室に連れて行かれ、警察に問いただされて、結局3倍もの交通費を支払うこととなった。

どんだけの時間を掛けて、どんだけの額を払って、自分は何をやっているんだと情けなかった。
 

また浜松では中学校の時の縁を伝って、初対面の友人宅に泊めてもらった。

世の中ってこんなにも素晴らしい!#2 僕が出会った本当に素敵な人 山崎泰輔 & 高橋大祐 : もっと楽しく!

以後、浜松に行った時には、毎回泊めてもらうことになった。
 

愛媛に行った時は夜行バスで早朝に着き、その日の夜行バスで帰るという強行スケジュールだった。

僕の営業力では1日だけで開催店舗を確保することが出来ず、社長にめっちゃ詰められた。

(その後、集客がうまく行かず、開催には至っていない)
 

京都にも、神戸にも、滋賀にも何度も足を運んだ。

あの頃は本当に頑張っていたと今振り返る。
 

広島の繁華街を牛耳るドンと相対した時、僕は緊張のあまり飯が喉を通らなかった。

に続きます。

[ガチ募]3月27日に中部国際空港近くで泊めてくれる方

詳細はこの記事にあります。

[ガチ募]インド旅アイディア & 中部国際空港近くで泊めてくれる方

OKな方は以下の項目に記入の上、「送信」をクリーーーック!!☆ミ

[必須]お名前

[必須]メールアドレス

[必須]中部国際空港に近いから、3月27日に
 カルロス泊まりにきなよ(^^)

もっと楽しく!
 

■ 3月13日(日)15:00 イベント@渋谷

カルロスに会う方法

カルロスのほしいものリストAmazonバージョン

カルロスのやりたいことリスト

旅サポーター募集

■ライター・トークイベントなどの問い合わせは、以下からお気軽にお願いします( ´ ∀ ` )
 

小林勝宗 Katsuhiro Kobayashi【Carlos】
TEL:07066863561 or 08011269638
Facebook:https://www.facebook.com/kobayashi.katsuhiro
Twitter:https://twitter.com/crls1031
LINE:crls1031
Schedule:http://bit.ly/1F3ljpn
Mail:carlos1031.ind@gmail.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カルロスをTwitter で
Pocket