鹿児島大学の講義を出て感じた、学生の意識の低さ。

学生よ

大学から卒業してから早7年。

久しぶりに大学に足を踏み入れ、講義を受けました。

鹿児島の長島で活動をしている神明くんの話を聞くためです。

長島で活躍する神明くんの話は面白かった!

彼は大阪出身、東大卒、DeNAを経て長島の地域おこし協力隊になったという異色の経歴を持った面白い人です。

2017年7月に頴娃町に初めて来た際に、一度会っていました。

神明竜平

神明くんの話はと言えば、まぁ面白かった!!

スライドはこんな感じです。

神明竜平 長島 神明竜平 長島 神明竜平 長島 神明竜平 長島 神明竜平 長島

全部は載せませんが、素晴らしかったですよ!

ここは本題ではないので割愛します。

スライド神明くんにご好意で頂きました。

ありがとう!

スポンサーリンク

鹿児島大学生の意識の低さ

久しぶりに大学に足を踏み入れて僕が感じたのは「学生の意識の低さ」です。

純粋に「もっと食らいつけよ!」と思いました。

目の前にチャンスがあるのに・・・
 

と!

嘆いたところで仕方ありませんね。

きっと何をすべきか方法がわからないんでしょう!

ということで僕が思う、学生がすべき3つのことを書きます。

1.講座を一般公開せよ

大学にはクソみたいな講義はたくさんありますが、中には本当に素晴らしい講義もあります。

神明くんの講義は紛れもなく本物でした。

神明くんの価値ある講義を自分だけのノートに取ったところでもったいないです。

一般向けに公開しちゃいましょう!

(怒られてから非公開にすればOK!!)

そうすれば、神明くんの尊い活動を周知することに協力も出来ますよ!
 

実際に、僕が

カルロス
神明くん、ダメ元で聞くんだけど、、、

まさかこの前の鹿大で発表してたスライド、もらえたりしないよね・・・?
そしてブログに公開しちゃダメだよね・・・?w

失礼だったら申し訳ない・・・!!!

と丁重に聞くと

神明くん
ぜんぜんいいよ!

と二つ返事になったわけです。

ブログでもなんでもいいので、神明くんの発表をレポートにまとめればよいでしょう^^

2.実際に足を運べ

神明くんが話す長島の話は非常に面白かったです。

地域活性などを学んでいる学生なら、すぐに現地に行ってしまいましょう!

きっとWelcomeなはずです!
 

学生をWelcome出来ないような大人は見本となるような人間じゃなかっただけの話です。

僕ならいつでもOKですぜ!

学生・社会人、プライベート・仕事とかの垣根とはもういりません。

一緒に面白いことをいっぱい考えましょう!
 

そうすると講座後に神明くんに話に行くべきことは

「いつ伺ってもよろしいですか?」
「この日、行ってもいいですか?」

が正解です。

このくらいできれば上出来ですね!
 

ちなみに、僕が大学生の時に足を運んだ結果出会った体験は、今でもネタとして残っています。

大学生の体験談

【❶ 就職活動の時の話】

新宿2丁目・ゲイバーに初めて行った時、“全裸”になった話。
 

【❷ 知らないホームパーティーに単独参加した時の話】

ガチで日本屈指のAV男優、トニー大木さんとの衝撃的な出会い。これは実話です。

3.活動を開始せよ

もう思いがあったら動きましょう!

活動を始めちゃって何も問題ありません!

一歩踏み出して成功すればラッキーだし、失敗すれば経験になるだけです。

踏み出した時点で全部正解ですよ!
 

学生のうちは「学生ブランド」があるから色々と免除されるなんて言います。

でも、社会人の僕は散々周りに迷惑をかけ失敗しまくっています。

それでもみんな優しく懲りずに接してくれています。

世の中、そんなに悪い人ばかりじゃないみたいです。

動いてみたらそういった世界がどんどん見えるようになりますよ^^

まとめ:新しい世界を一緒に体感したいッ!!

僕が講義に参加して実際やったことは

  • 休憩中に大学生に積極的に話を聞いた。
  • キーマンである主催者の先生に挨拶しに行った。
  • 一番最初に質問した

の3つをしました。

鹿児島大学に入り、学生と接する機会なんて早々ないですからね!

何か得なければコスパ悪いです。
 

今回の講座は柔軟な先生が自主で開催した講座です。

先生も大変素晴らしい!

公務員の鏡です!!
 

参加者と言えば、単位ももらえない講座にわざわざ参加したような意識高い学生たちなわけです。

なんとまぁ、もったいないッ!!

そんなところで立ち止まっている人材ではないことでしょう。

どんどん行きましょう。

冗談じゃなく、世界を変えるのはそういった若者たちですよ!

一緒に新しい世界を見ましょ^^

スポンサードリンク
学生よ

この思い、届けッ!!!

ABOUTこの記事をかいた人

1988年、生まれのみ岩手県花巻市で、育ちは神奈川県川崎市。2011年、早稲田大学 政治経済学部 経済学科を卒業。体育会ラグビー部に所属し、日本一を経験。五郎丸選手が4年生の時に1年生だった。2011年、野村證券入社。自分の能力のなさに絶望し、1年半で逃げるように退社。その後独立を試みるも、騙されて貯金を切り崩し、アイフル・アコム・レイクで借金100万円を負った。ブログを開始し、今までの失敗談や自分の考えを書き始めると、人生が面白くなり始める。