top
かんがえたこと

現実が自分を通り越していく感覚。これは夢か?

夢
Pocket

カルロスを知らない方へ!

カルロスこと小林勝宗とは

なんだか現実が面白いです。

場合によっては面白すぎます!

最近あった夢の様な体験をまとめます。

トップ画:Photo credit: Wendelin Jacober via Foter.com / CC BY

仙台にて「超有名人な」カルロス

先日仙台にて、team-0/Blood Blister Triathlonに参加してきました。

□参考記事:新潟が生んだ“異端児”、いばや・保科亮太の強靭な精神力について再考察。

そこではお昼には知らない人の家に招かれ、ごちそうを振る舞っていただきました。

仙台

あまりにも至福な時間だったのでお礼のメッセージを送りました。

すると返信がありました。

カルロスさん、ご訪問ありがとうございました!

坂爪さんと並び、僕の中での超有名人が家にいる感じ、最高に不思議でした。

今日お会いできたのは、きっとご縁なんだと思います。

またいつかお会いできると思いますし、もちろん我が家にもいつでも遊びに来てください!

なぬーっ?!

僕が超有名人ですとーッ?!

僕からしてみれば、知らない人の家でごちそうが振る舞われる方が不思議な感覚なわけです。

でも本当に素敵な空間で、素敵な時間でした。

また是非伺わせて頂き、ゆっくりとお話出来ればと思っています。

名古屋から「新幹線代出しますよ!」

名古屋からラブコールがありました。

一度お会いして、漫然と過ごしてしまっている日々に挑戦する刺激を頂戴したい次第です。

そんな具合だったので交通費(夜行バスでOK!)を出して頂けるのならすぐに行きます!と伝えると、

交通費は新幹線代出しますので、身体第一でお願いします^_−☆

となりました。。。

し、し、し、新幹線ッ!!

野村證券の時以来、乗っていませんね。

普段は夜行バス、ヒッチハイクを駆使しているわけですので。

人のお金とはいえ、新幹線に乗ったら感慨深いものがありそうですね。

なんだか、今から感動を覚えています・・・(T^T)

こんなに聞いてタダでいいの?!

先日起業家集団からお誘いがかかり、ランチをしました。

記事を書いてくださりましたね。

□参考:いま最も旬なブロガー、カルロスとランチしてきたよ。 – マッチベター

僕は当然のようにごちそうになってしまいました。(お金がないことがわかっているからかな?)

そして“こんなにタダで聞いちゃっていいの?”みたいな反応をされました。

野村證券の辞め方。がイケハヤさんのブログで1位を取って、僕が思っているよりも価値が生まれてしまっているみたいです。

出し惜しみもするつもりもありませんので、僕としては人のためであればなんでもいいんですけどね。

西野亮廣さん「好きじゃないことで食べていけるほど、甘くない」

他にも「カルロスさんですよね?」と2人から話しかけられたりして面白いわけです。

面白い話は尽きませんね。
 

こういう状態になるために僕は惜しみない努力をしてきたかといえば、全然そんなことはありません。

「ブログ運営」という好きなことをやっているだけなわけです。

そのことを的確にキングコングの西野亮廣さんが表現されていました。

ベルトコンベア的な仕事はテクノロジーに奪われ、これからの仕事は、クリエイティブな能力がこれまで以上に求められる時代になってくることは間違いなくて、その時に、その仕事が“好きで好きでたまらなくはない人”のパフォーマンスなんてウンコで、つまるところ、どこぞのご両親が言いがちな「好きなことで食べていけるほど甘くない!」が、破綻しちゃってるんだよね。

ご両親の時代はそうだったかもしれないけれど、今は、まったく逆で、「好きじゃないことで食べていけるほど、甘くない」。

これからは、リスクヘッジや、それこそ単純な興味(やりたいから、やってみた)で、2~3つの仕事を掛け持つことが当たり前になってくるし、「なんで芸人のクセに絵本を描いているの?」というツッコミをすればするほど絞まっているのは自分の首で、職業を越境できない人間と、もう一度言うけど、その仕事に対してモーレツな愛情がない人間は、テクノロジーにに限らず、外から来た“自分が競争相手とも思っていなかった人”に仕事を奪われる。

労働時間の概念がなくて、オン・オフなんてなくて、四六時中、寝ても覚めても食事の時も、そのことばっかり考えている人の能力が、社会との接点を見つけた時は、もう誰も敵わなくて、僕は今、35歳なんだけど、気がつきゃ周りは誰も敵わないモードに突入している人達ばかりになっている。

35歳でこれだから、40歳、50歳、60歳…となってくると、更に、バランス感覚を兼ね備えているオタクばかりなっていくだろうな。興奮するよ。
今、僕が出演するわけではないけれど、映画の話が2本浮上していて、これから、その打ち合わせ。

10年近く前に、「職業名で動きを決めるのではなくて、その時、自分が『面白い』と思ったことへ純粋に動こう」と決めてから、数百回炎上して、数千万回バッシングされてきたけど、今、とんでもない角度から「西野、これどう?面白くない?やってみない?」というボールが毎日飛んできて、メッチャ楽しい。

だから好きなことしかしないし、面白いことしかしない。

もし、あなたが何かに挑戦する時に、「好きなことばっかりしやがって!」とチクチク言ってくる“好きでもないことをして生きていこうとしている奴”がいたら、「自惚れるな、ジジイ」と言ってやればいいんだよ。

まぁ、ほとんどの人に理解されないとは思うけど(^_^;)、少なくとも僕は全力で応援するね。

ニシノ アキヒロさんのFacebookより引用。

さすが、西野さん!

最高です。

好きなことをやっているだけ

批判する人は好きじゃないことを強いられているんでしょうね。

だから嫉妬して批判したくなる。

そうであれば、逆に好きなことをやってダメなことを証明してみてもいいんじゃないかなと思ってしまいます。

体験でしか物事は語れませんし、体験してないことに真実味は帯びませんしね。

そんなことを思いました。
 

僕は好きなことを中心とした人生を全うしたいと思っています。

もっと楽しく!

12月20日(日)18時:坂爪圭吾さん 中島芭旺くん 対談

坂爪圭吾 中島芭旺 いばや通信・坂爪圭吾 × 天才少年・中島芭旺 対談 坂爪圭吾 中島芭旺

12月16日(水)19時:たろう、カルロスのオフ会

たろう、カルロスのオフ会 たろう、カルロスのオフ会 たろう、カルロスのオフ会

ブログ塾、始めます!

カルロス Wonderful 「ブログを活用して、もっと楽しい日常を」毎月4名限定・カルロスブログ塾、始動!! カルロス Wonderful

記事作成依頼、承ります。

あなたの人生を僕なりに綴ります。 #記事作成依頼開始 カルロス 横顔

Dream comes true!!

カルロス wants to do カルロス wants to do!! カルロス wants to do

カルロスと会いたい方、いつでも会いましょう!

小林勝宗 Katsuhiro Kobayashi【Carlos】
TEL:07066863561 or 08011269638
Facebook:https://www.facebook.com/kobayashi.katsuhiro
Twitter:https://twitter.com/crls1031
LINE:crls1031
Schedule:http://bit.ly/1F3ljpn
Mail:carlos1031.ind@gmail.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カルロスをTwitter で
Pocket