途上国に“そろばん”で教育を!IPPO代表・鵜飼明さんのビジネス展望。

フィリピン セブ IPPO 鵜飼明
スポンサードリンク

「起業とはいばらの道である」

これはある一定の社会の共通認識であることに間違いありません。

ましてや途上国でそれを行うとはどれほどの苦労を強いるかは見当がつきません。

今回はフィリピン・セブでそんな挑戦をしている男性を紹介します。

起業して1年、IPPO代表・鵜飼明さんです。

IPPO 鵜飼明

 IPPOに通う子どもとの素敵な写真

IPPO代表・鵜飼明さんとの出会い

そもそも、鵜飼さんとの出会いは半年前に遡ります。

僕が2017年4月にブロガー招待キャンペーンでフィリピン・セブの語学学校「サウスピーク」に留学しました。

セブ島語学留学の英語スピーチコンテストで優勝したよ!

2017.05.05

ブロガー第一期生だったからか、スタッフさん方からもとても良くしていただきました。

とりわけ社長の丸山さんには非常に可愛がってもらったと思っています。
 

何度か丸山さんのご自宅に招かれ食事を共にする機会に恵まれました。

その時にご一緒したのが鵜飼明さんでした。

 丸山さん宅に招いて頂いた時の写真

 

鵜飼さんはサウスピークの卒業生です。

起業願望をずっと持っていて、セブに語学留学に来た縁とタイミングで起業する決心をしたそうです。
 

と言っても鵜飼(UKAI)さんは本当に愉快(YUKAI)な方です。

鵜飼さんに出会うちょっと前に、僕がサウスピーク・オリジナル校の屋上で“ふんどし一丁”で音読練習している写真を撮りました。

それにサウスピークのロゴとそれっぽいキャッチコピーを用い、勝手に広報活動を行いました。

全部太陽のせいだ サウスピーク

 伝説の一枚。褌も一枚。

※ これはちょっと問題になりました・・・

その節は大変申し訳ありませんでした。。。_| ̄|○

この写真を見せると
 

鵜飼さん
カルロスくん、ふんどし姿本当に素敵だね!今、見せてもらえるかな??
 

と半ば本気で迫って来ました。

(え、マジ?!w)

一応“ノンケ”なはずですが、終始キャラを徹底し
 

鵜飼さん
すごいいい身体だね♡今度ふんどしに一緒になろうね♡♡
 

というくだりを“執拗に”展開されました。

(もうこのくだり良くないですか・・・?w)

ということで、僕の第一印象としては「この人、変わってんなw」という具合でした。

フィリピンの教育水準

そんな鵜飼さんと半年ぶりに再開し、IPPOの教育現場にお邪魔させて頂きました。

フィリピン セブ IPPO 鵜飼明

 生徒に自己紹介させて頂いている様子

フィリピンの教育環境は未だにあまり良くないとのことです。

九九を暗記している人は少ないです。

今まで行われて来た詰め込み教育の弊害が随所にあるそうです。
 

鵜飼さんは

鵜飼さん
理数系が強くないと国が発展しない

とおっしゃっていました。

商売の基本である「四則演算」すら満足にできなければビジネスもしようがありません。

そういった環境に日本式のそろばんを通じて、教育を施そうとされているわけです。
 

世界を見渡せば、そろばんを通した教育はボランティアでちらほらとあるようです。

ですがビジネスとして取り組んでいるのは史上初だそうですね。

IPPO代表鵜飼明さんの経歴

鵜飼さんは大学時代にバックパッカーとして様々な国を回りました。

その中で「将来は海外で起業したい」という夢を描き、新卒で商社に入社します。

石炭や鉄鉱副原料、建材を扱い、中国やオーストラリア、東南アジアを繋ぐハブを担ったりしました。

3年間勤めましたが、自分が希望していた海外駐在の可能性が感じられなかったので退職。

インドネシアにある財閥系日系食品商社に入社し、インドネシアに住むことになりました。
 

入社初日、“英語と日本語しか話せない”と事前に伝えていたものの、100人のインドネシア従業員の前で自己紹介するようになりました。

インドネシア語は全くわからないので、ひとまず即席で覚えたインドネシア語でこう言ったそうでした。

鵜飼さん
私の名前は鵜飼明です。1・2・3・ウカイ メイ ダーーーッ!!

こういう話をされている時の鵜飼さんは勝手に豪快に笑っていますw

実に愉快ですw

そこではスーパーの店長となり、卸から販売まで手がけられました。

1年半の勤務後、3ヶ月に渡るサウスピークでの語学留学を実施。

現在の起業に至ります。

2016.12 IPPO開業

セブでの起業にチャンスを見出した鵜飼さんは、そろばんのフランチャイズを日本から輸入することにします。

日本でフランチャイズ展開している「いしど式」に連絡すると

いしど式
海外展開をしたくて、ちょうどそう言ったことを手がけてくれる人材を探していた

とのこと。

利害が一致したのですぐに輸入し、鵜飼さんはノウハウをすべて英語に翻訳します。

 いしど式ロゴ

準備期間に翻訳作業を終え、フィリピン人スタッフを2名雇い、満を辞して12月にオープンしました。

最初に入塾説明会を実施し、プレゼンに余念無く完璧に準備してきました。

入塾説明会の時間になりました。

“たくさん来すぎたらどうしよう”

と懸念していました。

そして時間に集まったのはたったの、、、0名。。。

(正確には丸山さんの息子さんのみw)

これはまずいと危機感が走ります。

このままでは経営が継続出来ません。

フィリピン セブ IPPO 鵜飼明

 子供と親身になって指導している鵜飼さん

 

その後1月には、スーパーに頼み込んでブースを開かせてもらい、学校帰りの子どもたちに現地語のビラを配り、富裕層の住む地域にポスティングを試みました。

富裕層の住む地域は関係者以外は入れないようになっていますが、守衛にお金を渡し、無理言って入らせてもらったそうです。

ものすごく泥臭いことやっています。

フィリピン セブ IPPO 鵜飼明

 フィリピン人講師も熱心に子どもに向き合います

その甲斐あってか2月には一気に20名くらいの入塾生が現れました。

現在では全体で80名ほどになっています。(うち10数名の貧困の生徒には無償で提供しています)

私立の学校にもそろばんの授業が採用され、学校での授業も行なっています。

フィリピン セブ IPPO 鵜飼明

 進級しガッツポーズをとっている生徒

 

月謝は3000ペソ。

フィリピン人の平均月収は1万ペソなので、その30%に当たりますね。

富裕層をターゲットとしているため、親は弁護士、開業医、公務員が多いです。

その一方でNPO法人セブンスピリットの子どもたちにも週一で無償で授業を提供しています。

フィリピン セブ IPPO 鵜飼明

 子どもたちの集中力は素晴らしかったです

現在、経営はなんとかトントン。(自身の給料を抜けば)

まだまだフィリピン人スタッフに無理をさせている段階です。

より集客することで

鵜飼さん
創業時から働いてくれているスタッフをゆっくりさせてあげたい

と鵜飼さんはおっしゃっていました。

鵜飼さんが考えるのビジネス展望

現在、IPPOの情報は英語でも発信しているので、カリブ海の国や中東などの海外からの問い合わせもあるそうです。

鵜飼さんも元バックパッカーだけに一箇所に留まるとストレスに感じてしまう性質です。

まずはセブで3-4店舗展開してしっかいと基盤を築き、その後はマニラで進出。

ゆくゆくはアジアを中心に様々な国でも展開したいとおっしゃっていました。

フィリピン セブ IPPO 鵜飼明

 僕も子供達と一緒に「願いましては〜」に挑戦しました。

 

そろばんはある意味、日本の文化です。

日本の文化を輸出して諸外国に貢献する。

とても美しい形だと思います。
 

文化を伝え、知能を磨き、国の発展に貢献する。

ビジネスではありますが、これは素晴らしい社会貢献です。

しっかりと結果として、IPPOに通う生徒の学校での成績も普通の生徒と比べると高いそうです。

フィリピン セブ IPPO 鵜飼明

 授業風景。先生が子どもの間を行き来します

 

僕も子供の幼少期の教育として

・礼儀作法や身体の鍛錬のために柔道
・そろばんや公文式を用いた脳のトレーニング
・感性を磨くためにピアノ

などは理想なのかなとも思っています。

そのような機会を民間で、ビジネスを通して提供しているのは素晴らしい!

いい話を聞かせていただきました!

僕も旅先で「ここでそろばん教室を開業したい!」と思ったらすぐに鵜飼さんに相談します!

鵜飼さん、ありがとうございました!

フィリピン セブ IPPO 鵜飼明

 集合写真(当日は通常より生徒が少なかったw)

IPPO情報

フィリピン セブ IPPO 鵜飼明

Facebookページ:IPPO Japanese Math School

鵜飼明ブログ:フリーメイさん.com

関連記事

【異色の経歴】パチスロライターからNPO法人理事長へ。セブンスピリット代表・田中宏明さんの生き方。

2017.11.08

  もっと楽しく!
 
ピックアップ
  1. カルロスブログ代表作一覧
  2. ラグビー特化ブログ ➡︎ Sanchoz Rugby
  3. 下ネタ専用ブログ ➡︎ 20代モテたい男子のエロ事情
スポンサードリンク
フィリピン セブ IPPO 鵜飼明

この思い、届けッ!!!

ABOUTこの記事をかいた人

1988年、生まれのみ岩手県花巻市で、育ちは神奈川県川崎市。2011年、早稲田大学 政治経済学部 経済学科を卒業。体育会ラグビー部に所属し、日本一を経験。五郎丸選手が4年生の時に1年生だった。2011年、野村證券入社。自分の能力のなさに絶望し、1年半で逃げるように退社。その後独立を試みるも、騙されて貯金を切り崩し、アイフル・アコム・レイクで借金100万円を負った。ブログを開始し、今までの失敗談や自分の考えを書き始めると、読者と接点が出来人生が面白くなる。最近は高校で授業をしたり、インドに放浪したり、ミュージシャンのスタッフとして全国ツアーを回ったり、千葉県富津市の金谷に移住したり、イベントを主催したりと、自分が楽しいと思ったことを貪欲に行っている。