【地方創生・地域活性化】若者は地方にいるだけで価値がある。

カルロス
スポンサードリンク

端的に言えばこういうことです。

ひとつの事業により移住者が増加

千葉県富津市金谷にはコワーキングスペース「まるも」があります。

ここでは昨年6回、田舎フリーランス養成講座を実施しました。

現在は7期が最終日を迎え、3日後には8期が開講します。

池ちゃん

→ 田舎フリーランス養成講座の仕掛け人・池ちゃん
 
彼自身、月間100万円の収益を超えるトップアフィリエイターである

 

僕は3期の受講生であり、その後講師として携わっています。

カルロス

→ 著者カルロス

本講座では地域と接点を持たせる、まるも外部とのワークショップを担当

 

講座が行われると10名から20名程度の、主に20代から40代までの若者が集います。

あらゆるWEBの知識を講座で伝授し、受講生には日々実践を重ねてもらいます。

参加料金は1ヶ月住み込み、かつ夕飯付きでたったの13万円(プラス家賃3万円程度)です。

稼ぐことに特化する受講生の中には、本講座中に収益10万円を達成する人も少なくありません。
 

また講座によって金谷やまるもに興味を持った受講生の金谷移住が増えています。

僕が受講した頃(昨年の5月)にはシェアハウスがたったの1つだけでした。

現在ではシェアハウスが3棟、多い時期には5棟を構えるくらいになっています。

地域の人手が足りていない産業や民家にボランティア

この1ヶ月間でWEBをしっかり学ぶのはもちろんです。

ですが、せっかく地方に来たので、「地方なりの生き方・独立の仕方を学ぼう」というコンセプトも含んでいます。

だからこそ「田舎」「フリーランス」と言う名称にもなっているわけです。
 

僕は地域に縁あった人手が足りていない産業や民家に、受講生を引き連れてお手伝いに伺っています。

簡単に言えば飯・宿付きのボランティアを実施しています。
 

7期では

・北米インディアンの移動式住居「ティピー」建て(薪割りの手伝い)

ティピー

・古民家DIYリノベーション

古民家DIYリノベーション

・有機農家の醤油作り

醤油作り

・フラワーパークの芝はり

白浜フラワーパーク

を行いました。
 

手伝った方々からは「ありがとう、また手伝いに来てね!」と言って頂けました。

こちらとしても本当に嬉しいばかりです。

また受講生は今までやったことのない作業なので、貴重な経験を積むことが出来ます。

参加受講生の感想

先日行われた白浜フラワーパークでの芝はり体験に参加した受講生の感想をここに並べます。

※ 草太さん:白浜フラワーパークのスタッフ


 20代男性 

達成感がものすごかった。
草太さんは優しくてノリが面白い。
でもそれだけじゃなくBBQの場では、真面目に自分の成り立ちとか持論とかを話してくれる一面もあった。

だんだん

草太さんの姿自体が自分にとって凄く刺激的でした。
地元に戻ってきて自分が面白いと思ったものを、人を巻き込んでどんどん形にしていってるのは憧れました。

 


 30代女性 

本当に楽しい2日間でした。

整地作業は正直大変でした。
ですが、目に見えて変わっていく姿を見るとすごく嬉しかったです。

芝を張り終えた時の達成感は半端なかった。
何もない所から、こんな風になるんだ、って感動しました。
何もないからこそ、何でもできるってこういうことだなぁ・・・

5月にキャンプ場としてオープンされるとのことなので
自分たちの作った土台がどんな風になっているのか、見に行くのが楽しみです。

作業自体はもしかしたら、めんどくさくて大変なことなのかもしれません。
ですが、草太さんの明るい人柄と、参加メンバーが面白すぎて笑い転げっぱなしでした。
何やるかってことよりも、誰とやるかの方がホンマに大切やなって改めて実感しました。

ともろ

1日目は作業終了後、BBQして、カラオケして、温泉入って、
普通に旅行気分になりました 笑
でも体を動かして働いた後のご飯て、めっちゃめちゃおいしかったです!

フラワーパーク、さびれていましたが、これからどんどんおもしろくなる気がしました。

土に触れて、体動かして、新鮮な野菜を食べてみんなで語る。
あ~幸せだなぁと思いました。

 


 20代男性 

キャンプ場を作ったり、フェスを開いたりすることは、一見すると難しそうに思う。
でも草太さんの姿を見て、一人でもやろうと思えばできるもんやなって感じた。
ただ1人より2人、2人より3人でしたほうが、楽しいし作業効率も上がるし感動も大きくなる。

白浜フラワーパーク 作業

夜の飲み会で草太さんが話してくれたことが印象的だった。
世間に流されて生きている時に、そのことに気付けるかどうかのタイミングって人それぞれ。
20歳で気付く人もおれば、40歳で気付く人もおる。
俺は幸いにして、20歳にして気づくことが出来た。

そして気づいた後に行動できる人ってほんの一部。
その気づきって全然価値観の違う人に出会うことで生まれるんやないかな。

どれだけ遊ベるか、その振れ幅が大きい人が面白い人。
やから俺は今後もっと遊びまくるつもり。

 


 20代女性 

妻子が居てもなお自由で明るくやりたいことをかたちにしている草太さんは、
これから人と暮らしていくわたしにとって、希望でしかなかったです。
草太さんの’やりたいこと’は結局は地域の活性にもなって、誰かを楽しませることになっていくのが見えて、自己満足の世界で終わっていないことが素晴らしい。
年にとらわれない生き方を学んだように思います。
30代40代だからこうあるべきっていうのは確かにナンセンスだし、年齢に囚われずにわたしもチャレンジしていきたい。

はるにゃん

この2日間とにかくよく笑いました!
なにもないところに自分たちで形作れた達成感はすごくて、何よりみんなと同じ目標に向かってる感覚が最高でした。
ひたすら”最高だな〜””幸せだな〜”を言いながら過ごせたことがとっても幸せ。
あの芝たちが青々と茂ったら、みんなでキャンプしたいな。

一緒に作業をした仲間が「ある人の影響で考え方が変わった」ってBBQの時に話してたけど、わたしにとってはきっと今がその時だなと思った。
早い年齢で気づけるみんなは若干うらやましいけど、たくさんの人と話していろんな価値観を吸収しよ。

”仕事がない”は言い訳。ほんとそれ。

 


 20代女性 

草太さんのように、地域を良くしていこうと活動する地元出身の人は貴重な存在。
やはり移住者だけでは人脈や地域独特の風習とか、わからないことが多いので、地元出身者にアツい人がいると地域復興には強いと思う。

草太さんは、身分的にはフラワーパークに雇われているサラリーマン。
こんな自由なサラリーマン初めて見た。

やっすん

 

地域で働く人と実際に仕事を通して触れ合い、またその働き方やフィールドを見てとても刺激になったようです。

僕としても本当に嬉しく思います。

若者は地方にいるだけで価値がある

現在、まるもにはたくさんの若者が定期的に集っています。

地域には人手が足りていない場所がたくさんあって、そこにいるだけで喜んでもらえます。
 

人間は本来、生きているだけで価値が宿っているはずです。

ですが、東京や大組織に所属していると、そういったことを感じるのは難しくなってしまうのではないでしょうか。

僕は過去にそういった経験があるので、現在金谷で伸び伸びと過ごしているわけです。
 

自分の生きる世界を広げてみると、意外にも生きやすいところはあったりするんですよ!
 
 

あ、こんな素敵な場所や活動や人物へのインタビューや取材は、いつでもお待ちしてますよ〜\(^o^)/♪


  もっと楽しく!
 
ピックアップ
  1. カルロスブログ代表作一覧
  2. ラグビー特化ブログ ➡︎ Sanchoz Rugby
  3. 下ネタ専用ブログ ➡︎ 20代モテたい男子のエロ事情
スポンサードリンク
カルロス

この思い、届けッ!!!

ABOUTこの記事をかいた人

1988年、生まれのみ岩手県花巻市で、育ちは神奈川県川崎市。2011年、早稲田大学 政治経済学部 経済学科を卒業。体育会ラグビー部に所属し、日本一を経験。五郎丸選手が4年生の時に1年生だった。2011年、野村證券入社。自分の能力のなさに絶望し、1年半で逃げるように退社。その後独立を試みるも、騙されて貯金を切り崩し、アイフル・アコム・レイクで借金100万円を負った。ブログを開始し、今までの失敗談や自分の考えを書き始めると、読者と接点が出来人生が面白くなる。最近は高校で授業をしたり、インドに放浪したり、ミュージシャンのスタッフとして全国ツアーを回ったり、千葉県富津市の金谷に移住したり、イベントを主催したりと、自分が楽しいと思ったことを貪欲に行っている。