その行動は“不安”からの選択か。それとも“希望”からの選択か。

スポンサードリンク

昨日、講座委員会主催の“ボランティア・スピリッツ”なるグループワークが開催されました。

訓練生同志の意見交換などが行われ、非常に有意義な話し合いとなりました。

そこで話したことをまとめておきます。

トップ画:Photo credit: Kansas Poetry (Patrick) / Foter / CC BY-ND

志望動機

まずは「初心忘れるべからず!」ということで自分の志望動機に立ち返りました。

皆それぞれ大義名分のある素晴らしい志望動機を披露されていました。

でもそれってホントかな〜、どこか着飾ってないかな〜、とも少し感じました。

僕はと言えば超シンプルです。

「海外に行きたかった」

「お金がなかった」

それだけです。

国際協力したい!とかボランティアしたい!とかは考えたことはありませんでしたね。

お金のない状況で海外に行くには何かのシステムに乗っからなくちゃならない。

そこで知っていた青年海外協力隊に応募しました。

これは不謹慎でしょうか。

僕は現地に行ったらラグビーを通して現地との交流を深めることが出来ると思います。

インド情報をブログを通して日本に届けることが出来ると思います。

これでいいんじゃないかなと思っています。

自分へのメッセージ

現地に行って、辛くなった時に見れるようなメッセージを書こうという企画がありました。

僕はその時に話していたことを踏まえ、こう書きました。

2015-08-02 08.06.04

人間のリスクは死ぬことだけだと思っていました。

でもそれすらも最近変わりつつあります。

□参考記事:“死”をもって、社会価値を残すつもりはある。

□参考記事:僕が死んだらしてほしい3つのコト。

最悪死ぬだけです。

そんなに死に意味を込める必要があるのでしょうか。

今世頑張ったら来世きっと報われることでしょう。

これは私のお墓の前で泣かないでください、ってことなんですかね。

希望を根底に置いた行動の未来は

このインドへの派遣は言わずもがな一つの大きなチャレンジです。

日本においていろいろと活動してみた結果、“希望を根底に置いた行動の結果には、希望がある”と感じました。

逆に、人と話していて違和感を感じるときは、その人の発言の根底に不安があるときでした。

その人の不安に巻き込まないでくれ!という風に感じました。

(あちら側からすれば僕の希望に巻き込まないでくれって感じなんでしょうか。)

これが日本以外の国においても感じられるか、というのが一つの命題な気がします。

状況・環境が変われば自分を見失うかもしれませんが、なんとか実践したいです。

まだまだ不安をきっかけに行動に移してしまう時もありますが、基本的に希望ありきの行動を根ざしていきたいと思います。

ま、なんだかんだいって“なんとかなる”ことでしょう♪

もっと楽しく!

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ

カルロスと会いたい方、いつでも会いましょう!

小林勝宗
TEL:07066863561 or 08011269638
Facebook:https://www.facebook.com/kobayashi.katsuhiro
Twitter:https://twitter.com/crls1031
LINE:crls1031
Schedule:http://bit.ly/1F3ljpn
Mail:carlos1031.ind@gmail.com


  もっと楽しく!
 
ピックアップ
  1. カルロスブログ代表作一覧
  2. ラグビー特化ブログ ➡︎ Sanchoz Rugby
  3. 下ネタ専用ブログ ➡︎ 20代モテたい男子のエロ事情
スポンサードリンク

この思い、届けッ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

1988年、生まれのみ岩手県花巻市で、育ちは神奈川県川崎市。2011年、早稲田大学 政治経済学部 経済学科を卒業。体育会ラグビー部に所属し、日本一を経験。五郎丸選手が4年生の時に1年生だった。2011年、野村證券入社。自分の能力のなさに絶望し、1年半で逃げるように退社。その後独立を試みるも、騙されて貯金を切り崩し、アイフル・アコム・レイクで借金100万円を負った。ブログを開始し、今までの失敗談や自分の考えを書き始めると、読者と接点が出来人生が面白くなる。最近は高校で授業をしたり、インドに放浪したり、ミュージシャンのスタッフとして全国ツアーを回ったり、千葉県富津市の金谷に移住したり、イベントを主催したりと、自分が楽しいと思ったことを貪欲に行っている。