top

高校の同級生との2年ぶりの再会が香港、な3日目の夜

香港 3日目
Pocket

ここでは貧乏人2人が2016.10に香港を野宿で10日間旅した記録を残しています。

第1回:[香港おすすめ観光情報2016]貧乏人が野宿で旅した10日間の全記録

第2回:長洲島で海に入り、山登りで夕日を楽しみ、海辺で野宿をしていたら人がめっちゃ集まってきた香港2日目

起床後、長洲島を脱出へ

朝起きると昨夜夥しく集まっていた釣り人は一人もおらず、爽やかに朝を迎えました。

ひとまずFacebookで生存報告っと。

前日から高校の同級生のロンから連絡をもらっていました。

ロン「香港にちょうど出張で来てるから、一緒に飯食おうよ!」

2年前の忘年会以来会っていなかったので、2年ぶりに香港で再会できることをとても面白く思いました。
 

それはさておき、携帯電話の残り電源があとわずかです。

なんとかして電源を繋ぐ必要性に迫られています。

そうしないとロンとも連絡が取れなくなってしまうし。

【オススメ情報⑫】野宿旅では電源確保がキーポイント!

野宿旅では電源確保が超重要です。

基本的にはモバイルバッテリーを持つのがいいでしょう!

一時はモバイルバッテリー2つくらい持ってたんですけど、失くしました。

どこいったんだろう・・・
 

また、チャリダー(自転車で旅する人)などのブログを見ると以下のソーラーパネルを使っています。

僕もきっと買います、もしくは誰か譲ってくださいm(_ _)m

モバイルバッテリーを買いに香港島へ

自然豊かな長洲島をさり、フェリーで香港島へ戻りました。

香港 長洲島

さらば長洲島!いい島だった*\(^o^)/*
 

中環(セントラル)はフェリーの乗り継ぎで来たけど、今回が初探索です。

ってかめっちゃ都会。。。

香港 中環

海外営業部に在籍している父ロス(注:カルロスの父)は

「香港はただの都会だよ」

と言っていた意味を感じました。
 

電源を求め彷徨っていると、その時はわかっていませんでしたが「IFC」という建物に到着していることがわかりました。

香港 中環

意味もなくオリバーポーズ。

【オススメ情報⑬】IFCには陸橋で行ける

オススメでもなんでもないですが、中環は様々なビルが陸橋でつながっています。

きっとたくさんのビジネスパーソンが移動をスムーズにするためでしょう。

香港 IFC

僕らはよくわかっていなかったでの歩道のない地上を、ジャッキー・チェンばりに車を避けながら歩くことになりました。

IFCっていうエゲつないビル

IFCはめっちゃきれいなビルでした。

入り口近くに近未来的なものとかも置いてあるし。

香港 中環

後に気づくのですが、IFCとはInternational Finance Centerの略なんですね。

道理で高貴なビジネスパーソンが歩いているわけか。
 

そして気づいたのですが、高給取りは美人が多い!

野村證券のときも女性社員は美しい人ばかりでしたし、企業に顔採用があると言われるのも納得です。

美男美女だとあらゆる場面で待遇が良いみたいなテレビ動画もたくさんありますしね。

IFCでは香港にいる時に、1番美人を多く見かけました。
 

美人を目で追いながら、受付の美女にモバイルバッテリーを売っている場所について聞きました。

するとIFCでモバイルバッテリーを借りられることが判明しました!

【オススメ情報⑭】IFCではモバイルバッテリーが借りることが出来る!

IFCではデポジット300香港ドルを渡せば、モバイルバッテリーを借りることが出来ます!

中環のフェリー乗り場からも直結ですし、電源を忘れた旅人には最適です!

確か21:00くらいまでに返せばいいので、朝借りて何処かに出かけても問題ありません(^^)

中環散策開始

モバイルバッテリーも借りれたことですし、そのままその付近を散策するすることにしました。

IFCから出てすぐの電気屋みたいなところで、モバイルバッテリーと変換器を購入しました!

これでその後の旅も一安心です(^^)
 

本当はいくら乗っても30円の路面電車を使って香港島を散策する予定でした。

しかし、IFCに帰れずにモバイルバッテリーのデポジットが返らなくなるのが怖かったので、付近の散策だけにしておきました。

香港 中環

すごく都会ですが、一本入るとすぐにごみごみしたところが多数ありました。

ちょっと裏の方に行くとアップダウンが激しく、バックパック担いだ僕達にはやはりしんどかったです。
 

日本食レストランも非常に多かったです。

特に印象的だったのはラーメン屋さん。

香港 中環

めっちゃ並んでいるwww

香港 中環

日本と同じ!そのまま 笑
 

メニューを見てみると、値段はちょっと高めです。

香港 中環

90香港ドルだとすると、約15倍で1,350円。

高ッ!!
 

その後様々な地でラーメン屋をみることになりました。

他にはケンタッキーで牛丼が売っていたりと、日本とは違って面白かったですね。

【オススメ情報⑮】旅の必需品変換器やモバイルバッテリーは日本で買っていこう!

日本で用意しなかったので香港で買いましたが、値段が高かったかどうかは不明です。

でもモバイルバッテリーは「1度の充電で3回使える」と店員さんに言われて買いましたが、

100%の時に携帯を充電したら残りが30%くらいになっていました。

3回充電出来ねぇッ!!
 

日本でいい製品を買ってから海外に臨みましょう(^^)

IFC裏のホテルの庭でガッツリ昼寝

2日野宿をして、歩き回ったので結構疲れが出始めました。

そこで適当な場所を見つけて昼寝をしました。

香港 中環

これはIFCの裏のホテルにある場所。

絶好の昼寝スポットとして、その後も一度利用しました。
 

僕はすぐ起きましたが、新卒サバイバルが全然起きなかったので、IFCのwi-fiを使ってブログを執筆しました。

お金の話だったので結構反響が大きかったです。

その後、執筆している現在(旅から約2週間後)になってイケハヤ砲が入りました。

たくさん読んで頂いて感謝です。

尖沙咀でロンと合流!

夜、重慶大厦のある尖沙咀(チムサーチョイ)でロンと合流し、一緒にご飯を食べました。

ロンは最大手の商社に勤めるエリート・サラリーマンです。

僕の年収の10倍は稼いでいます。
 

僕はロンに会う前に重要なことをいくつか想像していました。。。
 
 
 

[奢ってもらえるだろう]
 
 
 

[ホテルで電源借りられるだろう]
 
 
 

そして待ち合わせで会ったと同時にホテルでパソコンなどを充電させてもらい、

さらにシャワーも借りさせてもらい!!!

バッチリとご飯もごちそうになりました!

イエーーーーーいヽ(=´▽`=)ノ

ごちそうさまで〜っすヽ(=´▽`=)ノ

さらにホテル泊

ここだけの話です。

決して口外しないでください。
 

ロンの部屋にはベッドが2つありました。

ロンが言います。

ロン「2人で一緒のベッドに寝るなら、寝てもいいよ 笑」
 
 
 

こうして僕らビンボーズはロンのホテルに侵入し、ありがたくふっかふかのベッドで寝ることが出来ました。

祝☆香港初、ホテル泊!

めでたし、めでたし・・・
 

>>3日目に続く。(予定)
 

もっと楽しく!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カルロスをTwitter で
Pocket