top
やってみた

[香港おすすめ観光情報2016]貧乏人が野宿で旅した10日間の全記録

香港
Pocket

2016年10月、香港に10日間行ってきました。

お金に余裕のない貧乏人2人で行きました。

香港について全く知らないので、人におすすめされるがままに各地を旅して回ることになりました。

なぜ貧乏なのに香港に行ったのか

まずなぜ香港に行くことになったのか説明します。

今回の旅のお伴はまっしー。

まっしー

増井勇斗、23歳、新卒サバイバル。

大学卒業後、就職せずに田舎フリーランス養成講座を受講。

受講期間中に参加費である10万円をあっという間に稼いでしまった逸話も持つ。

その後、WEBで稼ぐことに自分の気持ちが乗らないことに気づいた結果、スマホを手放し、パソコンをも手放した。

現在は「自分の生活に関わるすべてのものを自分で調達出来るようになろう」と奮闘中。

熊本に土で作る家作りを学びに行ったり、北海道に狩猟を学びに行ったり、奄美大島に塩作りを学びに行ったりしている。

 
 
 

そんなまっしーが北海道に狩猟を学びに行っている時に、いつまで経っても帰ってこないので、いつ帰るか連絡してみました。
 
 
 

まっしー

それよりカルロス!

今、香港まで航空券がキャンペーンでめっちゃ安いぞ!
 

※ 圧倒的に年上だが、何故かタメ語である。問題はない。
 
 
 

カルロス

マジか!

んじゃ、行こうぜ\(^o^)/
 
 
 

そうして行くことになりました[完]
 
 
 

でも、いざ航空券を取ろうとすると、お互いパスポートが手元にありませんでした。

キャンペーンはその日中で終了してしまいます。

2人はすぐに実家に問い合わせてパスポート番号を取得し、てんやわんやでなんとか予約するに至ったのでした。
 
 
 

まっしー

“陳列室”ってなんやねん!笑

【オススメ情報①】格安航空(LCC)を使うとめっちゃ安い!

旅人にとっちゃ当たり前のことですよね。

「旅行なんて行けない、航空券高いし」

そんなのはもはや時代遅れです。

僕たちはバニラエアのキャンペーンを使って、たったの“往復16,030円”でチケットを予約しました。

バニラ・エア

もはや国内旅行の感覚ですね。

素晴らしい時代になったものです。
 

バニラエア、ジェットスター、Peachのメルマガに登録しておくと、キャンペーン情報が届きます。

また通常時に航空券を安く抑えるために僕が使っているのは「スカイスキャナー」です。

LCCを比較して、最安値の航空券が一目瞭然なので、使ったことのない人はぜひ(^^)!

>>スカイスキャナー

香港は日本より物価が高い

まず僕たちは香港について全く知識がないので、Facebookで情報取得のために友人に聞いてみました。

すると多数の情報が寄せられました。

香港の名物安宿・重慶大厦(チョンキンマンション)がまだ健在ならば、あそこが最安かもしれません。まぁ、かなりいわくつきの宿ですが、カルロスさんならば順応できるのと思います…~_~; 是非行ってみて欲しいです

■ 香港4回行ったことありますが、貧乏旅行向けじゃないですよ。ここはお金を節約するんじゃなくて、増やす旅行をしてみては?
マカオまでフェリーで1時間ちょいです!ここはカジノで大博打しかないんじゃないですかね!!!
咥え葉巻のタキシードでパツキン姉ちゃんを両脇に抱える、ビスケット=オリバみたいなカルロスさん見てみたいです。
でも、ブリーフ姿でカオルーン半島に漂着するカルロスさんも見てみたいです。

■ 香港いいね!バックパッカー時は佐敦道(ジョーダンロード)ラッキーハウスって安宿泊まったよ。
1000円程度だったよーな。汚いけど笑 近くにも安い飲食店あるし。汚いけど笑

九龍島だったかな?繁華街だったらそこら辺のはず!ちなみにマカオも船で1時間くらいだから是非

こんな具合でした。
 

当時近くに世界一周終わりの仲間がいたのですが、彼曰く、重慶大厦(チョンキンマンション)ですら、1泊2,000円らしいのです。

こりゃ、野宿決定だ☆ミ

ということで、荷物に寝袋を加えて、現地に赴きました。
 
 
 

(その後、その世界一周終わりの友人は

「ホントに香港に行くの?!俺は辞めておいたほうがイイと思うよ」

と何度も言ってきたのでした。。。不安)

【オススメ情報②】野宿には蚊対策が絶対必須!

今回は9泊のうち、5回野宿したので4勝5敗。

(縁が繋がって人の家で4泊出来ました。1泊は洗濯物がヤバかったのでお金を支払いました。)

次の機会には勝ち越せるようにしたいです。

野宿

香港は治安がよく、野宿しても全く問題がありませんでした。

朝、掃除のおばちゃんに「ウェイウェイウェイうeいwえぃウェi!!!」とけたたましく怒鳴られるくらいでした。

(違う地で野宿しても、毎回そう言われました。)
 

初めてこんなに野宿を経験したのですが、蚊対策をしなければ大変です。

今回はまっしーに全部の蚊が行ったので、僕が無傷、まっしーが食われまくるという事態に落ち着きました[めでたし]。

次からはしっかり用意していきたいと思います。

趣味がキャンプの人には当たり前なのかもしれませんね。
 

キャンパーな友人はコチラを愛用しているそうです。

[1日目]香港到着、九龍から尖沙咀に徒歩移動

香港に着きました!
 
 
 

カルロス

まずどうしようか・・・w
 
 
 

まっしー

どうしよっか、なんもわからねぇ!笑

ウケるなwww
 
 
 

香港の為替レートがわからなければ、市街地がどこかも把握していません。

(Facebookで情報をもらっていましたが、覚えていませんでした 笑)

ひとまず空港のレートは高い可能性がある、ということで5,000円だけ換金しておくことにしました。

【オススメ情報③】まずは尖沙咀駅にある重慶大厦に行って、香港ドルをGETしよう!

僕が旅したとき(2016.10)の為替レートは1香港ドルが13円(1円が0.07香港ドル)くらいでした。

僕は手数料を含め、計算しやすいので香港ドルを15倍して考慮していました。
 

少しでもいい為替で香港ドルをゲットしたいなら重慶大厦がオススメ!

画像引用:livedoor blog

1Fには「Exchange」と書かれた交換所が多数あり、レートを見比べて交換することが出来ます。

店の手前は高いですが、少し奥にはいると安いところがあります。
 

ちなみに(日程が少し異なりますが)、空港で1円を0.0717香港ドルで交換したのが、重慶大厦では1円を0.0757香港ドルで交換できました。

重慶大厦は中心街に位置しているので、最初に行ってその周りを物色するのにも全く問題ありません。

>>重慶大厦の地図はコチラ(Google map)

鉄道で市街地・九龍へ

香港ドルもGETしたので、いざ市街地に行こうとしました。

でも市街地がどこかわからない 笑
 
 
 

カルロス

ひとまず「City!」って言って、どこが市街地か聞こう!笑

鉄道よりはバスのほうが安そうだよな。
 
 
 

まっしー

そうだな。

でも俺らなら、バスで行けるなら、徒歩で行けるんじゃね?!

香港って“40km”くらいしかないんでしょ?!

徒歩横断とか出来るっしょ!面白くね?!
 
 
 

カルロス

それは面白いね!

(こいつちゃんと調べてきてるな・・・やるな・・・)
 
 
 

そんなことを思いながらカウンターのお姉さんに聞いてみると、市街地までバスで1時間くらいということでした。

いや、絶対40kmじゃねぇし。

目の前が電車だったので、そのまま電車に乗ることにしました。

【オススメ情報④】市街地へ行くには鉄道よりバスが安い

その後知ることになりましたが、市街へはバスのほうが安いです。

電車が100香港ドル(約1,300円)、バスが40香港ドル(約520円)で半額以下で行けます。

しかも時間はそんなに大差ないです。

【オススメ情報⑤】おつりが出ないからオクトパスカードを買うべし

僕らはオススメされていたにも関わらず買わなかったのですが、オクトパスカードが絶対便利です!

あらゆる交通機関で使用することが出来ます。

日本のSuica、Pasmoみたいなイメージですね。

画像引用:ナカジマチカ

香港は公共交通機関、特に路面電車やフェリーが驚くほど安いです。

香港島と九龍を繋ぐStar Ferryが30円程度、路面電車はどれだけ乗っても30円程度です。

野宿旅の場合、常に大荷物を背負っての移動となるので、バスに揺られながら景色を見られるのは最高なわけです。
 

ただ【香港でバスに乗る場合にはおつりがもらえません】でした。

細かいお金を持っていない場合、無駄に支払うことになります。

オクトパスカードなら必要分だけ引かれるので、おつりの心配をする必要がありません。

最初に納めたデポジットも返却時に返ってくるので、何も問題ないでしょう!

九龍に到着、目指せ市街地。

「We want to go to city!」

と電車の案内の人に聞くと

「Kowloon(九龍)? Hong Kong(香港)?」

と聞かれたので、Kowloooooon!!!と答え、切符を買いました。

(九龍が市街地って聞いていたので。そこは覚えていた!)
 

電車に揺られながら香港の町並みを見て、

あんまり日本と変わんないなぁ と思ったり、

工事が各地で行われていて発展途上なのかぁ と思ったり、

思考を巡らせていました。
 

九龍に着きました。

ひとまず地上に出て、市街地と思われるところまで歩こうとなりました。

香港 九龍

デッケェ!!

外に出てみると高層ビルがバンバン立ち並ぶところでした。
 

向こう側がなんだか栄えているみたいなのであっちに行ってみよう、と歩き始めました。

歩いた先は行き止まり、ホテルの入口です。

気を取り直して別の方角から外に出るように試しますが、また行き止まり。

歩けど歩けどいつも行き止まりにぶち当たります。

香港 九龍

さっきもここ通ったな・・・

どこに行けば外に出られるんだろうか・・・
 

日本から香港までの長い時間を移動に費やし、その後10kgくらいのバックパックを担いで歩きまわっているわけです。

1時間くらい歩いてましたから、もう気が遠くなり始めていました。
 

駅ビルにあるデパートの受付で地図をもらい、近くの人に聞く作戦に切り替えました。

親切なおじさんに誘導され、あれよあれよと地上に出ることに成功!

おじさん、ありがとうッ!!

(さっきまで歩き続けていた1時間はなんだったんだ?!)

地上脱出、市街地はどっちだ?!

ひとまず地図を見て繁華街っぽい方向に歩みを進めました。

結果的にそれは尖沙咀(チムサーチョイ)の方に進んでいました。
 

さっきまでの高層ビルとは打って変わって、想像していた香港感が徐々にベールを脱ぎ始めました。

香港 九龍

これこれ!この香港感☆ミ

香港 九龍

日本にはない中華圏の独特な色使いに、4年前に旅した上海を思い出していました。

香港 九龍

こういうの中華圏にはよくありがちですよね!

香港 屋台

ひとまず小腹も空いていたので2人で食べてみました。

香港 九龍

これでたぶん200-300円。

骨がいっぱいありましたが、まずまずの味でした。

まっしーは日本米ではない長粒種の米にブツブツと文句を言っていましたね。

【オススメ情報⑥】物価の高い香港でも、屋台メシなら安く済ませる!

「レストランに行ったら、一番安い料理で700円だった」

などと道中で出会った日本人に聞きました。

やっぱり香港は物価が高いんですね。(と言っても日本と同じくらい)

でも一つ路地に入ったらある屋台のご飯なら安く済ませられます!

香港 屋台めし

上の写真は旅中に食べたものですが、全部500円以内。

安いのだと200円ちょっとくらい。

貧乏人でも大変満足にご飯を楽しめました\(^o^)/

公園ではバトミントンがめっちゃ行われている件。

腹ごしらえも果たし、ふらふらと街中を散策していました。

バックパックを担ぎながら歩き続けるのはさすがに疲れるので、次の公園で少し休憩をしようとなりました。
 

公園に入ってみるとバトミントンを楽しむ人たちがたくさんいました。

中には高齢者の方も!

香港

香港

足をあまり動かさず、手首のスナップをメインに激しく打ち合っているのは実に匠でした。
 

しばらく横で見ているとおじさんからラケットを手渡されました。

僕もまっしーもやらせてもらいました(^^)

香港

増井、あまりうまくない。。。笑

香港 九龍

カルロスは出来る☆ミ
 

(この公園でバトミントンをしている人はたくさん見ました。

でもその後にこの公園に来たときには誰もやっていませんでしたし、

香港滞在中にバトミントンをしているところに出くわすことは一切ありませんでした・・・

謎)

野宿処を探しに海の方へ

まっしー

海の方、行こうぜ!

海なら野宿余裕っしょ!

あっちが海だ。
 
 
 

そう言ったまっしーについていき、着々と歩みを進め始めました。

初めての場所で、初めての文化で、何を見ても刺激的で、インプット過多・・・

香港

めちゃくちゃ疲れました。
 

途中の公園でガッツリの昼寝を挟みつつ、

(ここが旅中で最も素晴らしい野宿スポットだった!写真撮り忘れた_| ̄|◯)

海に向かって歩き続けていたら、スターフェリーの発着所近くにたどり着きました。
 

そこでは大道芸が繰り広げられていました。

香港 大道芸 スターフェリー前

アルゼンチン人がシャボン玉を作りまくっていました。

香港 大道芸 スターフェリー前

周りにいる子どもたちは大はしゃぎで、夢中になってシャボン玉を割りに走っていました。

香港で初日本人、Mr.ウォーリーと出会う

その隣には出番を待機しているウォーリー姿の男性が居ました。

こんな方です、Facebookページを見つけました。

Mr.Wally – Facebookページ

カバー写真、超かっこいい!!

まさにここがスターフェリー乗り場の前の大道芸スポットです。
 
 

ってか、“2.5万いいね!”

Mr.wally

エッグーーーーーッ!!
 

この投稿とか、中国語で読めないけど、2,000いいね!超えてるし((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル・・・・・

すごい人と出会ってたんですね〜♪
 

ひとまず香港情報に乏しい貧乏人2人は手当たり次第にウォーリーさんに聞きました。
 
 
 

ウォーリーさん

・今(10月の2週目)は中国のゴールデンウィークで、安宿も10倍くらいの価格に跳ね上がっているんよね。

・10日間!!長いね 笑 それなら香港の離島を全部巡るのをオススメするよ。まだ行ったことはないんやけど、友人に強く薦められているのは長洲(チェンチャウ)島やね。

The Peakには行くと絶対いいよ!

 

そんな具合でたくさんの情報を伺いました。
 
 

またウォーリーさんの身内話もたくさん聞かせていただきましたが、本当に興味深く素敵でした。

ウォーリーさん

・アジアの各地で歌を歌って旅し回ったけど、いずれは香港でビザをとって住みたいね。香港が自分に合ってるんよ!

・20代後半(忘れた)までは普通にサラリーマンをやってたよ。

 
 

旅先で出会える人は、本当に面白いですね(^^)

大道芸でいくら稼げるかなんて話も聞かせていただきましたが、ここには書かないでおきます。

いろんな生き方がありますね!
 

今後、スターフェリー前でウォーリーさんを見かけた際には、よろしくお伝えください(☝ ՞ਊ ՞)☝

どこかでまたお目にかかれることを楽しみにしています♪

香港の100万ドルの夜景

その後、ウォーリーさんと分かれ、「あっち行けば夜景が見れるよ!」と言われて見に行きました。

香港 夜景

左側の展望台には溢れんばかりの人が集まっています。

香港 大道芸 スターフェリー前

んんんんnnnn・・・素晴らしい☆ミ

香港 夜景

いいものを見させていただきました!

香港 大道芸 スターフェリー前

【オススメ情報⑦】20時から見れるSymphony of Lights(幻彩詠香江)はスッゲーよ!

九龍島から香港島を眺めると素晴らしい夜景が見られます。

さらに毎夜20:00からはSymphony of Lightsが行われています。

画像引用:楽坊

こんな感じ。

僕はそんなことも知らず、ライトが雲を突き刺してんだな〜

お金があるとこんなことも出来るんだな〜

と感じていました。
 
 
 

夜景を楽しみ、九龍公園に行って、香港初の野宿をして1日目を終えました・・・
 
 
 

>>2日目に続く。
 

もっと楽しく!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カルロスをTwitter で
Pocket