2年前に青年海外協力隊で揉めた僕が、現在行政と手を取り合って活動している話。

did i change?
スポンサードリンク

「いすみ市の漁業を考えるシンポジウム」の開催に向けて動いています。

漁業 シンポジウム

 こんなイメージかな?

流れはこんな感じです。

① 思いをブログで発信すると協力者が現れ、漁業会の革命児に連絡してもらえる

② 何かしらの会を設定したらその方が来れることがわかる

③ 行政も巻き込んで「いすみ市の漁業を考えるシンポジウム」をやったら面白いんじゃないか←今ココ

ここまでの活動は以下の記事に集約しています。

【可能性は無限大】“ど素人”が漁業の現状を知り、未来を語ってやるッ!

2017.06.06

当たり前だけど、情報は発信する人の元に集まってくるからね。

2017.06.05

【漁業の6次産業化】旧態依然の「漁業界」に風穴を開けたい。

2017.06.04

2年前、僕は行政と争っていた

僕は2年前に青年海外協力隊を辞退した経験があります。

【JICA青年海外協力隊・派遣辞退】駒ヶ根訓練所、平成27年度2次隊、カルロス。

2015.09.12

でも辞退の原因となったブログを継続した結果、先々月セブ島に無料で留学出来ました。

青年海外協力隊をブログで辞退した僕が、セブ島語学留学にブログで招待されている話。

2017.04.15

現在では争った行政と、“地域で何か出来ないか”“漁業で何か出来ないか”と密に連絡を取り合っている現状です。

僕は変わったのか

争っていた行政と現在では手を取り合って活動を展開しているわけです。

これは、客観的に見ても面白いのではないでしょうか。
 

その間に、果たして僕は変わったのか。

否、変わっていない。
 

ブログは書き続けているし、一箇所に留まることが出来ずに落ち着きなく各地を巡っている。

問題になった下ネタだって書き続けているわけです。
 

なんなんでしょうか。

僕が自分で感じていないところで、変化してしまっているのでしょうか。

こればっかりはわからなりませんね。

1次産業に興味がある

とにもかくにも僕は1次産業に興味があるようです。

農業に漁業に建築に、自分の身体を使って何かを仕掛けていきたいと思っています。

でも従来のような働き方なら、僕にはフィットせずすぐに逃げてしまうことでしょう。
 

現在では、農業は広く開かれたイメージがありますが、漁業はそんなイメージがありません。

「漁業は専門的だから付け入る隙がない」と思うかもしれませんが、素人の僕は違うと思います。

そこにチャンスがあると思っています。

想像に過ぎませんが、昔は農業もそんな感じだったんじゃないでしょうかね?
 

農業の常識外の改革話をインプットして、漁業にアウトプットすることを考える。

これがすっごく面白いんですよね!

今度いすみの漁師さん方と飲むことになりましたし、たくさん話を聞いて、いろいろなアイディアを練り上げたいと思います!

スポンサードリンク
did i change?

この思い、届けッ!!!

ABOUTこの記事をかいた人

1988年、生まれのみ岩手県花巻市で、育ちは神奈川県川崎市。2011年、早稲田大学 政治経済学部 経済学科を卒業。体育会ラグビー部に所属し、日本一を経験。五郎丸選手が4年生の時に1年生だった。2011年、野村證券入社。自分の能力のなさに絶望し、1年半で逃げるように退社。その後独立を試みるも、騙されて貯金を切り崩し、アイフル・アコム・レイクで借金100万円を負った。ブログを開始し、今までの失敗談や自分の考えを書き始めると、読者と接点が出来人生が面白くなる。最近は高校で授業をしたり、インドに放浪したり、ミュージシャンのスタッフとして全国ツアーを回ったり、千葉県富津市の金谷に移住したり、イベントを主催したりと、自分が楽しいと思ったことを貪欲に行っている。