top
下ネタ

昼に新宿のハプニングバーにカップルで行ってみたら、相方がレズに目覚めた話。

新宿ハプニングバー
Pocket

友人女性が、ある日こんなことを言ってきました。
 
 
 

友人女性

「わたし、複数プレイをやってみたい!」
 
 
 

カルロス

「よっしゃ!やろうッ☆ミ」
 
 
 
 
 
 

な、なんだ、この展開!?www

AVくらいでしか目の当たりにしたことないぞ?!
 

ということで、ハプニングバーに行くことになりました。

先日縁が出来たばかりのハプニングバーです。

まさかこんなにも早くまた行くことになるとは・・・

[体験談]渋谷のハプニングバーでなにもハプニングが起きなかったことが、本当のハプニングだったんじゃないか・・・

昼には人妻が多い・・・?

友人と直近で時間が合うのが昼間だったため、昼のハプニングバーに行くことになりました。

しかも平日です。

絶対人がいるわけないっしょ〜!

と思ったんですが、友人女性はこう言いました。
 
 
 

友人女性

「昼は人妻が多いらしいよ」
 
 
 

“人妻”というエロス

それは男性の欲を唆るワードに間違いありません。

「愛してる」の響きだけで強くなれる気がしたように、「人妻」という響きだけでエロくなれる気がします。

もうチェリーではない僕ですが、要するに体内に蓄積されたエロスが容易に湧き上がってしまうわけです。

人妻 セクシー
 

ただ僕は一つ言いたい。

声を大にして言いたい。

人妻がすべて美しいわけではない!!!ということを。
 

美しい人妻だったらいいです。

年増でも黒木瞳のように美しい人妻なら素晴らしいです。

でも一般的に人妻で美しさを保っている人にはなかなかお目にかかれませんよね。
 

JKで萌える人はいますが、JKでもカワイイ子がカワイイだけです。

JKがすべてカワイイと思ったら大違い。

僕はここに真理があると思っています。
 

夏目漱石だって言っていますよ。

囚われちゃ駄目だ、ってね(肩書きに)。

昼の開店は13:00

さて、何を言っていたのかわからなくなったので、話を戻します。
 

待ち合わせした当日、実際に向かいました。

バーの住所が記載されておらず「新宿コマ劇場に着いたら電話をしてください」という指示がHPに書かれていました。

電話をし、指示されたとおりに進み。ようやく着きました。

なんだか風俗店みたいですね。

最近はめっきり行っていないので、この感覚が懐かしいです。
 

店は13:00開店でしたが、on timeに入店しました。

もちろん、一番乗り!誰もいませんでした 笑
 

店内に入り、あらかた説明を受け、カウンターに座りました。

僕はこのお店が初めてですし、相方はハプニングバー自体が初めてでしたので、2人にとっては全然知らない世界です。

目に映る全てに、興味津々です。

業界歴10年以上の女性店員さんが超面白い!

そんな僕らをカウンター越しに立つ女性店員さんが対応してくれました。

その方の話が面白いこと、面白いこと・・・
 

どうやら業界歴10年以上なんだそうです。

歳相応には全く見えず、とっても美しい・・・☆ミ

これだけで来た甲斐がありましたね!

女性店員 セクシー
 

店員さんは僕たちにたくさん話しをしてくれました。

様々なハプニングバーを渡り歩いてきたこと。

きっかけは友人が勤め始めたので、興味本意で来たこと。

昔はもっとアングラ色が強かったこと。

来店する人は一様に際立った変態だったこと。

いやぁ、様々な世界があるもんなんですね〜

超面白かったです。
 

店員さんはマッチングアプリでセックス相手を求めている

そんな店員さんももちろん趣味が偏っていまして・・・

どうやら“複数名プレイ”をプライベートで行っているようなのです・・・

店員さんはおもむろに自分のスマホを取り出し、その様子を画像で見せてくれました。

まぁ、なんというか・・・その・・・

エロスというよりもアートの感覚を強く感じました。

でもこういう現実世界も実際にあるのかとビビり倒しましたね。。。
 

店員さんは彼氏がいないそうで、現在はセックスパートナーというのもいないそうでした。

セックスパートナーとは長くても3ヶ月しか持たず、飽きやすいということでした。

店員さん曰く「セックスはしたい」らしく、そういう相手を探すにはマッチングアプリを使うのだそうでした。

見せてくれた画像の男性ともアプリで出会ったそうで、複数名プレイをするようになったとのことでした。

女性は無料で使えますし、人によっては最高のコスパなのかもしれませんね。
 

>>マッチングアプリは【pairs】がオススメですよ!

チラホラと来店し始める

店員さんとそんな話をしていたら、チラホラと来店者が現れ始めました。

ひとまず僕らは奥の小部屋に行き、事をすることにしました。
 

ゆっくりと楽しんだ後、部屋を出てみるとカウンターがいっぱいになるくらいには人が集っていました。

ほとんどがワイシャツ姿だったので、営業中のサラリーマンなんでしょうかね?

もしくは休みなのかな?わからん。
 

問題の人妻ですが、、、全然いなかったです!

女性客は僕の相方を除き、単独客1人とあとはカップルで1人居るくらいでした。

単独のお客さんが人妻かどうかは聞いていませんが、まぁ人妻の有無は日によるのでしょうか。

男性と女性の割合は7:3くらいでした。

ボックス席でダブルデート

僕らはボックス席に居たカップルと合流し、ダブルデートの様相で会話を楽しみました。

2人は以前にマッチングアプリの前身的なサービスで出会ったのだそうです。

定期的に会ってはお互いの身体を持って楽しんでいるそうでした。

女性は大学生でしたし、男性は僕と同い年だったのでとても楽しく話しました。

ボックス席 ハプニングバー
 

ある程度楽しそうに話していると先程の店員さんが

「奥に楽しく話せる部屋があります」

と4人を促してくれました。

そこはひと目が入らない個室的なところで、さらに4人で楽しく話し始めました。

これはチャンス到来か?!

初の複数プレイなるか?!

人目が入らないところだったので、ボディタッチが激しくなっていきました。

(というか一方的に僕が積極的になっただけかも。酔っ払ってたし。)

相方も「複数プレイをしたい」と言っていたので、これはいい流れかもしれません。

ただ並び順が僕、相方、女子大生、タメ男性なわけです。

並び順

次第に相方と女子大生がいい感じにいちゃつき始めてしまいました。

むむむ、これはおかしいぞ・・・

相方は「ファッションバイ」であることを自覚していました。

※ ファッションバイ:付き合う対象ではないものの、プレイなどは問題なく出来る性癖。

そのまま4人で小部屋に入る流れになりそうでしたが、まずは相手カップルが事をすますということなりました。

僕たちはそのまま待機することになりました。

きっと量は質に転換するだろう・・・

相手カップルは帰ってきましたが、もはや席順も変わることはなく、女性同士のイチャつきがより激しくなったばかりでした。

そして、そのまま解散の流れになりました。
 

カルロス、ハプニングバー戦績。

2戦0勝2敗

きっとこのまま挑戦し続けた先には、素晴らしい未来が待っていることでしょう!
 

まずは店員さんみたいな素敵な女性に出会うべく、マッチングアプリで修行していく必要がありそうです。

女性は無料なので、ぜひお試しを♪
 

>>マッチングアプリは【pairs】がオススメです!
 

もっと楽しく!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カルロスをTwitter で
Pocket