top

倒れている人を助けたら、“純金”を貰ったウソみたいな本当の話。

3591746275_13cfbdfe05_z
Pocket

ふと新卒1年目の時の話を思い出したので、ここに記しておきます。

トップ画:Photo credit: BullionVault / Foter / CC BY-ND

大阪・梅田にて

僕は新卒で証券会社に入り、大阪・梅田に配属されました。

結局1年半で退職しましたが、向いてなければ続けられない環境だったと思います。

入社当時は名刺を1日20枚以上もらってくるように指示されました。

名刺がもらえなければ会社の封筒など住所の記載されているものをもらうように努めました。

地域を決めて、手当たりしだいに飛び込み営業を行いました。

自転車を漕ぎ、目的地につくとビルの最上階までエレベーターで上ります。

そして全部のドアにノックをして「社長はいらっしゃいますか」と全階に言って回りました。

素晴らしい経験でしたが、もうやりたくないですね。。。

ある日支店を出ると・・・

その頃は毎日怒られ続け、それでも頑張るぞとなんとか気持ちを保っていました。

今日も怒られるのかとちょっとブルーな気持ちで営業のために支店を飛び出しました。

すると、目の前にはまるでマンガのような光景が待っていました。

おじいさんが道で仰向けに転倒しており、立ち上がれなくなっていたのでした。

僕はあわてて近寄り、おじいさんの荷物を持ち、抱きかかえて立ち上がらせました。

そしておじいさんの希望するように大通りまで肩を貸し、タクシーを拾い乗せました。

おじいさんは「名刺をください」と言ってきたので、とりあえず渡しました。

(毎日100枚以上配っている名刺でしたし。)

翌朝「小林さんにお客様が来ています」

翌朝いつも通りに怒られつつ、ピリピリした支店で作業していると、受付から僕に内線電話が入りました。

「小林さんにお客様が来ています」

新人であり、自分の抱えるお客様なんておらず、なにかの間違いかと思いました。

しかし内線をかけ直して確認しても僕に間違いそうなので、受付まで行ってみました。

すると1人のおじいさんが立っていました。

気づきました、昨日手を貸したおじいさんでした。

おじいさんは言いました。

「昨日はありがとうございました。

買い物をして荷物が多くなって転んでしまったんだ。

そうしたら立てなくなって、にっちもさっちも行かなくなったんだ。

そこに小林さんが来てくれて助けてくれました。

本当にありがとう。

これは気持ちです。

あと、僕はこういうものなので、何かあったらいつでも連絡してくださいね。」

そんな言葉を伝えてくれ、おじいさんは帰っていきました。

渡された資料を見ると驚きました。

地場に根付いた会社の元会長さんだったのです。

さっそく自分の席に戻り、昨日の出来事から全てを課長に話しました。

すると

「なにもらってくれてるんだっ!!k、こ、このバカがっっっ!!」

といまだかつてない剣幕で怒鳴られました。

お礼の品をもらってしまいましたが、本来はお客様から絶対に品はもらってはいけない決まりでした。

そして課長がその品の中身を見てみると“純金のカード”だったのです。

初めて純金を見ましたが、課長の怒りは頂点に登っていました。

6209626333_f182f5faf6_o

トップ画:Photo credit: Photasia / Foter / CC BY-SA

まさにこの画像のようなものです。

その後、純金のカードを手渡される

課長がどこかに持って行き、かえってくると僕に品を渡しました。

「今回は許されたけどな!今度やったらお前はクビだぞっ!

お前は本当にいつも無駄なことをやってくれるなっ!」

そんな具合にまた怒鳴られました。

怒られたので、いいことをしたのになーとしんみりしました。

周りの先輩たちが恐ろしい剣幕で怒られた僕を見て、噂は広がったようでした。

先輩から廊下で「お前いいことやったらしいな、自信もってけよ!」と優しい言葉を多数いただきました。

やっぱりいいことをしたんだな、と嬉しく思いました。

いいことはし続けたい

もしかしたら、課長は怒る役を買ってくれたのかなと思いましたが、今になっては知る由もありません。

それでもやっぱりいいことをしたらいいことが返ってくるんだな、と感じました。

この時は目に見える形で返ってきましたが、いつも目に見えるものであるとは限りません。

見返りがないからやらないわけではなく、常にこうしたスタンスで生きていきたい。

この話をふと思い出してそんなことを思いました。

もっと楽しく!

< カルロス出現情報 >

7/9(木)- 9/16(水)派遣前訓練 @長野県駒ヶ根

10/7(水) インド派遣予定

□参考記事:カルロス、故郷・インドに帰ります。

カルロスと会いたい方、いつでも会いましょう!

小林勝宗
TEL:07066863561 or 08011269638
Facebook:https://www.facebook.com/kobayashi.katsuhiro
Twitter:https://twitter.com/crls1031
LINE:crls1031
Schedule:http://bit.ly/1F3ljpn
Mail:carlos1031.ind@gmail.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カルロスをTwitter で
Pocket

コメントを残す

*