top
かんがえたこと

経営効率のために大量廃棄されていくガラクタな食べ物たち。

サラダ
Pocket

現在、僕は洗い場の係として働いています。

今まで飲食店のバイト経験はありませんでした。

バイト初日、下がってきた食器を最初に受け取るポジションを任されました。

そこでは大量に余った料理たちを廃棄しなければならないんですよね。

僕は「捨てるんだから食べていいだろ」という考えで、パクパクと食べました。

(近くに居た先輩もいいよ、と言ってくださいましたし。)

すると実はその姿がマネージャー見つかっていたようです。

バイトリーダーには「あの新人をあのポジションに立たせるな」通達があったようです。

またこのバイトリーダーがなかなかの問題なのですが・・・w
 

翌日にはリーダーに説教を受けることになりました。

「皆がお腹空いている状態で働いているのに、1人だけ食べるなんておかしい」

そう指摘されましたが、僕は決してお腹が空いていたから食べたわけではありません。

捨てるなんて“もったいない”から食べただけです。

“どうせ捨てられるんなら、僕が食べたほうがマシだろ”と思ってしまうわけです。

これは貧乏性から来るものでしょうか。

トップ画:Photo credit: WordRidden via Foter.com / CC BY

資本主義が生み出した食品はガラクタ

先日、「腐る経済」を読みました。

“自然栽培”と“有機栽培”の違いはご存知でしょうか。

こういったことを知ることが出来、とても有意義な読書となりました。
 

余談です。

中国3,000kmを徒歩で横断したしうんさんは、以前に岡山のパン屋で働いたことがあるとおっしゃっていました。

本を読んで感銘を受けて、いきなり訪ねて働かせてもらうことになったとのことでした。

この本を読み進めると、どうやら本を書いているパン屋さんは岡山県にあることが判明します。

もしや...??

しうんさんに聞いてみると、「その本だよ!そのパン屋だよ!!」となったわけです。

さすが、中国3,000kmを徒歩で横断する男。

行動に移すスピードが尋常じゃないですね。

中国を徒歩で3,000km横断した“しうんさん”と出会って、2016年『無一文お遍路』を決意した。
 

この本の中に、

「資本主義が生み出した食品は、ほとんどがガラクタみたいなもの、

人を安く働かせるためのエサみたいなもの」

という表現がありました。

その言葉を引用し、タイトルとして使わせて頂くことにしました。

ガラクタな食べ物は廃棄していいのか

きっとオーガニックな食物を摂取し続けたほうが身体にいいのでしょう。

僕の周りにはそういった方も多く、尊敬はするんですが、僕は実践に移せていない状況です。

アイスクリームが大好きですし、たまにジャンクフードも安易に摂取しています。

僕は気が弱いために、簡単にコンビニに流れてしまいますね。

たまにカップラーメンも食べたくなってしまっています。
 

そんなことを常日頃から感じていますが、先日こんな記事もありました。

食器 行き過ぎた「食の安全」志向から、もっとゆるい食文化へ | 佐々木俊尚 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 食器

なるほど、とは思いました。

と同時に、僕の付き合いのあるオーガニック派な人はどう感じるか尋ねました。

無添加無農薬の市場なんてまだ日本全体の0.3%程度。

99.7%が添加物と農薬まみれのものを食っているのが現実。

日本の山も田畑も農薬や化学肥料で土や微生物がどんど死の状態に近づいて、大企業は汚染物垂れ流しで環境を壊している。

人間や他の動植物が生きていけない社会に近づけているんだよ。
 

二者択一で迫る考え方自体がオカシイ。

もしこういうことをマトモに考える時が来るにしても、オーガニックが市場の50%くらいになってからの話し。

健康と社会変革への個人の行動の小さな葛藤を描いているだけで、どうでもいい記事。

この議論に関しては僕はあまり理解することが出来ませんでした。

僕にはまだ難しいのかもしれません。

現在のバイト状況

現在は廃棄するポジションに立つことが禁じられたので、食洗機を通した食器をしまう係をしています。

廃棄する係は正直無理ですね。

お客様のために用意されたサラダなども、余った分はそのまま廃棄します。

僕はそれをボウルにでももらって全部食べたいと思います。

今のポジションに変更してよかったですね。

(もしくは前のポジションで食べたいだけ食べさせてくれるのが理想ですが 笑)

例えガラクタだろうと、なかろうと

祖父母が農業に従事していて、貧乏性で古い考え方な僕は食べ物を粗末にはしたくないんですよね。

それが例えガラクタであろうと、なかろうともですね。

それを平気で捨てるなんてどこか大切なものが失ってしまったんじゃないかなとも思ってしまいます。
 

やっぱりこれも資本主義の弊害なんでしょうか。

大組織故の効率化を突き進めた先の結果。

といっても高時給で働きたいので、それを知りながら僕はこの仕事に従事しているわけです。
 

という見事に自分の意見がない、ただの葛藤(と呼べるものでもない)を含めた考察でした。

食育団体を運営しているもちゆかにでも聞いてみようかな〜。。。

かわいすぎる代表“もち ゆか”率いる食育団体Mealinkとは?!感想、超美味しかった♪ : もっと楽しく!

住み込みバイトの探し方

僕は現在の住み込みバイトをするために、たくさんのサイトに登録しました。

サイトによって持っている案件や、働く条件が全然違ったりするんですよね。

また同じ案件でも会社によって、条件が異なることも判明しました!

(中抜きの額が異なり、実際に僕が今いるところでも200円の差があります。)

ということで、以下にはリゾートバイトに特化したサイトを3つ載せます。

リゾバ.com

アルファリゾート

はたらくどっとこむ

これだけでなく、他にもサイトに登録し情報を比べることをオススメしますね(^^)

もっと楽しく!

<<期間限定バレンタインキャンペーン実施中!>>

バレンタイン ハート 大好きなカルロスにチョコ“とか”をプレゼントしよー! バレンタイン ハート

[New Service Release]

カルロス 大崎上島 旅するカルロスのサポーターになりませんか?(仮) カルロス 大崎上島

カルロスと会いたい方、いつでも会いましょう!

小林勝宗 Katsuhiro Kobayashi【Carlos】
TEL:07066863561 or 08011269638
Facebook:https://www.facebook.com/kobayashi.katsuhiro
Twitter:https://twitter.com/crls1031
LINE:crls1031
Schedule:http://bit.ly/1F3ljpn
Mail:carlos1031.ind@gmail.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カルロスをTwitter で
Pocket