top

あのー、“保険料”払いたくないんですけど・・・?

2478514667_c11f906e33_b
Pocket

僕は生きているだけで経費が発生してしまうことがおかしいと感じてしまいます。

経費とは固定費のことで、市民税、保険料、年金、家賃などが当てはまります。

だからこそ固定費を減らすべく、家のない生活などにも挑戦してみました。

もっと“楽に生きられたらいいな”と思います。

「生きているだけで丸儲け」という格言をもっと身に沁みて分かるような制度が整うことを願っています。

(かといってどのような制度が望ましいかなどはまだわかっていません。)

トップ画:Photo credit: aeu04117 / Foter / CC BY

“ビジネス”西洋医学?

最近西洋医学に疑問を持ち始めています。

だからといって「東洋医学が正しい!」と言っているわけではありません。

たぶん本来の西洋医学はとても素晴らしいのでしょう。

現在の西洋医学は感覚的にですが、どこか資本主義に合わせた、儲けのための医学に成り下がっている気がします。

僕が以前施した膝の前十字靱帯断裂の手術は本当に良かったのかと考えることもあります。

実際に手術をしない選択をしなかったので、しなかった場合はわかりません。

もしかしたら、パッチ・アダムスを見たのも影響しているのかもしれません。

□参考記事:[ひとを思いやるという人生を送ることによって、あなたは自分のなかで一番深い平和と安らぎを得る。] ユーモアで世界を救う“パッチ・アダムス”に僕はなりたかったのかもしれない。

内海聡さんのFacebookタイムライン

最近暇な時に内海聡さんのタイムラインを見ては様々なことを無駄に考えてしまっています。

おそらく彼のおっしゃっていることは非常に全うなことなのでしょう。

母親にも聞いてみると彼のことを知っていましたが、表現方法でつっかかりを覚え、内容まで捉えられないのだそうでした。

まぁ、しょうがないなと思いながらももったいないとも感じました。

以下には彼の保険制度に関する所感があったので載せます。

●医原病を生み出す健康保険制度についてて(2013.6.22の投稿)
 
一般の人は、日本の健康保険というものについてどう考えているのだろうか。常に良質で平等な治療が受けれる、ありがたいシステム?
 
この健康保険のシステムそのものこそが、医学産業の源であり医原病を生み出す源でもある。しかもその健康保険にかかる医療費は、日本の国家財政を根底から破壊するレベルにまで肥大してきた。増大する医療費などを賄うためという論理で消費税をアップが、二〇一三年現在、決定してしまっているが、このような愚かな判断に私は失笑するよりない。
 
ある人はこう言うだろう。海外では消費税を増やし、医療費を拡大することで、医療の充実を図ってきたではないか。日本の医師の数などはOECD内部でも非常に少ないレベルではないか。それらに矛盾してはいないか、と。それらの人々は世界全体にわたる構造の問題と、医学そのものがもたらす根源的な問題に何も気づいてはいないのだ。
 
健康保険システムは、どのようなビジネスであっても担保されている「結果」への対価ではなく、通うことでカネが入るという、まさに〝治さないことを助長するシステム〟になっている。
私がここで述べることは、医学における報酬制導入のススメでもある。治せば多額の報酬をもらう――それが本来の仕事においては必然であり、治せなかった場合は失敗に当たるので、経費のみもらい、報酬はもらえないというのが当たり前ではないだろうか。もし仮に、このようなシステムが導入されたとすれば、日本中のほとんどすべての病院が潰れること間違いなかろう。
 
それはまさに私の望みとするところだが、きっと医療関係者だけでなく、一般の方こそがそのシステムに反対することだろう。今の一般の人はそれほどまでに洗脳され、奴隷化されているのだから。

内海聡さんの2013.6.22のFacebookタイムラインより

僕は何ヶ月分か滞納している

現在僕はちゃんと把握していないが、3ヶ月程度滞納しています。

インドに派遣される前にはちゃんと精算しなければと思っていますが、やっぱり嫌なんですよね。

払わないとどうなるかはわかりませんし、調べる必要があります。

調べてもわからなければ自分の身を持って試す価値はあると思います。

常識なんて覆されて当たり前ですし、その矢面にたったら不謹慎ですが、ちょっと面白そうにも感じます。

もし金持ちだったら・・・

もしかしたら現状の僕にはお金がないから、そういうことにばかり思考が行ってしまうのかもしれません。

もし潤沢な資金があったら面倒な手続きなどはすぐに済ませて、事業拡大などにもっと考える時間を増やすかもしれません。

こうやってグジグジ考えている時点で負け組なのかもしれませんね。

でも僕は考える価値があると思います。

皆がしているから、決まりだからはナンセンス!

皆がしているから正しい、これはルールだから正しいというのは違うんじゃないかなと思います。

僕が携わっているラグビーだってもう僕が現役していた5年前とは全然ルールが違います。

ルールなんて変わってしかり、周りがそうしているから正しいとは限りません。

いつまでたっても子供のように疑問に思うことを辞めずに、自分の感覚に素直にありたいと思います。

もっと楽しく!

< カルロス出現情報 >

6/25(木)月間 髙坂勝 @たまtsuki

6/29(月) – 30(火)引越Project @東京 ⇨ 長野

7/9(木)- 9/16(水)研修 @長野県駒ヶ根

9月下旬、10月上旬 インドへGO!!

□参考記事:カルロス、故郷・インドに帰ります : もっと楽しく!

【商売やってます!】

カルロスは“引越アーティスト”改め、“引越コンシェルジュ”となりました。

【ブログコンサル承ります】今、Livedoorブログが猛烈に熱い!!

カルロスと会いたい方、いつでも会いましょう!

小林勝宗
TEL:07066863561 or 08011269638
Facebook:https://www.facebook.com/kobayashi.katsuhiro
Twitter:https://twitter.com/crls1031
LINE:crls1031
Schedule:http://bit.ly/1F3ljpn
Mail:carlos1031.ind@gmail.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カルロスをTwitter で
Pocket

コメントを残す

*