top

[前を向こう!]9人から贈られた、僕を繋ぎ合わしてくれる言葉たち。#感謝

[前を向こう!]9人から贈られた、僕を繋ぎ合わしてくれる言葉たち。#感謝
Pocket

批判的なメッセージと向き合っていたら、死にそうになりました。

下手したら死んでました。

そんなに僕って間違った存在なのかなとずっと自分に問いていました。

むっちゃんのコメントには7つもいいね!がついていました。

□参考記事:[批判と向き合ってみる]海外に行くツールとしての“青年海外協力隊”はそもそもの間違いか。

その7人がどういう意図でいいねをしたのかはわかりませんが。

【必ずコチラの記事をお読みください】

【ちょっと待って!】JICAにクレームを入れる前に、カルロスに直接文句を言おうっ!

トップ画:Photo credit: lorenkerns / Foter / CC BY

僕に集まる応援メッセージ

日曜日に行われたソフトボール大会では最初こそ虚勢を張ってみました。

その後、自分に打順が回りました。

せっかくユニフォームも借りたので、塁に出たらヘッドスライディングをしてやろうと意気込みました。

しかし、何も出来ずに三振に終わったので、その機会すら僕には訪れませんでした。

するとまた虚無感が襲ってくる感覚を覚えました。

そんな僕なわけです。
 

批判の意見も来れば、プラスの言葉も頂けます。

僕を奮い立たせてくれる、友人や読者から頂いたコメントを集めました。

1.佐渡ヶ島を共にした仲間

昨年の今頃、トールシェアリングで佐渡を訪れました。

□参考記事:佐渡ヶ島初上陸!よく働き、よく遊んだ3日間の活動記録。

その際に偶然同じ日程で過ごした女子大生が居ました。

その子から久しぶりにコメントが寄せられました。

カルチャン!

改めて青年海外協力隊合格おめでとぉー!
すごいなぁー
blogのこととかで叩かれてるけど、私はカルチャンとJICAの職員の人のどちらの立場も考えて、それぞれの思いや考えが何となくですが想像できます。
それでも、突き進んでいくカルチャンはとても輝いていて眩しいです(*´ω`*)
blogもいつも楽しく読んでいます!
私のこと覚えてるかな?
佐渡で出会ったよ!

私はオーストラリアで、WWOOF楽しんでます!(*^^*)

お互い毎日を楽しもうね♪(*^^*)
見守ってまぁーす!!
ファイティーン!

ありがとう!

2.30代女性から突然のメッセージ

突然lineにメッセージが来ました。

初めまして。昨日カルロスさんのブログに出会って、記事全部読んできました。(と思います)
◯◯といいます。

インドに行かれる前に、是非会っていただきたいのですが、9/28、29、10/1の昼時間でまだスケジュールが空いている日はありますか?
それ以外でも、東京で平日昼間ならほぼ大丈夫です!

自己紹介もなく、突然にすいません。
会ってみたいと感じ、行動しないと、後悔してしまう、と直感したというのが理由です。
いまとでも余白が余ってるだだの人です。

公開しているツールがないので、お会いできるまでに、自分のことまとめてみます。

もし、ほんの少しでも可能性がありましたら、ご連絡お待ちしています。
 

すいません、捕捉させて下さい。
東京から日帰りで行ける所ならどこでも大丈夫です!

なんという熱意でしょうか。

その後電話で話して、インドに発つ前に会うことになりました。

僕に興味を持って下さり、ありがとうございます!

3.大阪在住の20代男性から再メッセージ

一度僕にメッセージをくれた当時大学生です。

□参考記事:僕に会いたいと言ってくれる“まだ”見ぬ方へ。僕は関東で暇してますよ〜っ♪

もう社会人になってるかな?

こんにちは。

前回 LINEでもメッセージ送らさせていただいた◯◯です。
記事でも紹介して頂きました。
 

定期的に小林さんのブログ拝見させていただいております。
今回、何かをお聞きしたい等は特にございませんが、、

本当に小林さんのブログ ストレートで素直で
とても見ていて楽しいです!!

さまざまな批判はあるかもしれませんが、、
私は小林さんの言動、行動、生き方 本当に素晴らしく思います。

無事この訓練生活を経て、
小林さんがインドでの活躍に期待しています!

実は僕自身 今回短期ボランティアを受験します。
職種は 小林さんと同じ、ラグビーでチャレンジしようかなと、、
なので、途上国でのラグビー指導。
このような記事がいつか書かれるのを楽しみにしております!!

いきなりすみません。
ブログを見ていると何か同情してしまい、応援メッセージを送りたいと思い、気がつくと文章を打っていましまた。

JICAに負けず頑張ってください!!
本当に応援しています!!

ありがとうございます。

本当に励まされました。

4.先日駒ヶ根訓練所を訪れた高校生から

先日駒ヶ根を訪れた高校生からもわざわざメッセージを頂きました。

僕はまだこの世に生まれて15年なので何が正しいのかはわかりません。
ただ今、70の国が1,500を超える職種を青年海外協力隊に必要としています。
「カルロスさんがインドでラグビーという職種で活動する。そして役に立つ。」
それができれば世界(青年海外協力隊)に行く理由はなんでもいいと思います‼︎
インドも「国際協力をしたい人」よりも「ラグビーをインドで教えて人の役に立てる人」を必要としていると思います‼︎
結果的には、ラグビーをインドで教えて人の役に立つということが国際協力となるからです‼︎
僕もこの前の協力隊訓練所宿泊研修できっかけは何でも良く理由は様々だと聞きました。
国際協力って難しいです‼︎
僕はまだ高校生なので、世界で活動をして人の役に立つということはまだできません。
だから世界で活動をして人の役に立つことができるカルロスさんはとても羨ましく憧れです‼︎
がんばってください‼︎
僕もがんばります‼︎

とても熱意のこもったコメントを頂きました。

ありがとう!

先日の小学校訪問と言い、年下からは大いに励まされるものなんですね。

ここに来るまで知りませんでした。

5.高知移住ブロガーのpskさんから

ブロガー友達のpskさんはコメントを添えて拡散してくださいました。

□参考記事:“日本のサクラダファミリア”こと高知県にある「沢田マンション」の引越をしたよ。

ぼくも謙虚さや感謝の気持ちはあくまで自然発生的なものであって、強要するようなものではないと思います。

pskさんと共有した時間は短いものの、とても濃い時間を共に出来ました。

そしてその後にはよく気にかけてくださっています。

わざわざ訓練所に“ふんどし”を送ってくださるくらいですし。

いつもありがとうございます。

6.池袋のシェアハウス“縁宅”で出会った友人から

イケメンすぎるカメラマンとして名高い友人からもコメントを頂きました。

俺の身近に協力隊員だった人が何人もいるからってのもあるけど、個人的には最近のカルロスのブログはめちゃ面白いよ!

悩みながらも頑張ってる姿が見えるし、ユーモアもあるから隊員に対してすごく親近感が湧いたよ。派遣されてからの記事も楽しみ。

靖国神社も、公人と私人を使い分けて参拝してる人いるから、「公カル」と「私カル」で二つブログ書けば?笑
それは冗談として、これからもブログ楽しみにしてんよ〜!

ありがとうございます。

批判的なコメントの中では“協力隊に悪いイメージを持たれてしまう”と言われました。

でもこちらでは「隊員に親近感が湧いた」とも書いてくださっています。

どっちともとれるから不思議ですね。

暖かいお言葉を、ありがとうございます。

7.浜松幸さんの親友から

初めて100人規模のトークイベントを主催しました。

その時の登壇者の一人がおなべ(性同一性障害)の浜松幸さんです。

□参考記事:「なぜ俺は“おなべ”として生まれたか」浜松幸が語った現在の心境。

そのイベントに来ていただいた幸さんの親友の方がコメントを下さいました。

おれは、それでも心折れずに書き続けられるカルロスの精神力を、心底尊敬する。
 
そして、ブログを読んで、考え方やスタンスにもほとんど同意。
世の中には色んな感じかたをする人がいるから、「このまま書き続けてくれ!」と言うのはとても無責任なので言えないが。
それでも、カルロスが自分の思ったことを、こうして書き綴ってくれている限り、そのスタンスと考え方と精神力に、おれは敬意を表します。
 
 
 
早い話が、
「おれはカルロス好きだな」
ってことね!(・∀・)ノ

まだあまりふかくはなしたことはありませんが、ゆっくりお話が出来そうですね。

ありがとうございます。

8.外国在住歴10年超えのゲストハウス・オーナーから

僕が大好きな友人も励ましてくれました。

カルロスは間違ってない!頑張れ!

実は前の記事に出演しています。

いつも気にかけて下さりありがとうございます。

出発前にお会いできるのを楽しみにしています!

9.尊敬する協力隊OBから

やるせない気持ちが頂点だった時、以前の記事で紹介したOBに相談しました。

そうしたら暖かいメッセージを頂きました。

協力隊を辞退する選択もアリだと思います。
カルロスさんなら協力隊以外の道でも活躍できると思いますし。
インドでもクッッソ怒られそうですし(笑)

これからもカルロスさん流な協力隊ライフを過してもらいたい。
それをブログを通して見てみたいと思いつつも、その2年間はカルロスさんが相当なダメージを受けそうで心配です。

そして、カルロスさんがいくら身を削ってもjicaや日本社会の体質が変わることはないと思います。
まさに、出るカルロスは打たれる。

僕を思って言ってくださる言葉に嬉しく思いました。

ありがとうございます。
 

ひとまずは生き長らえるように、いろいろと試行錯誤していきたいと思います。

もっと楽しく!


カルロスブログにクリックをお願いします。

カルロスと会いたい方、いつでも会いましょう!

小林勝宗
TEL:07066863561 or 08011269638
Facebook:https://www.facebook.com/kobayashi.katsuhiro
Twitter:https://twitter.com/crls1031
LINE:crls1031
Schedule:http://bit.ly/1F3ljpn
Mail:carlos1031.ind@gmail.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カルロスをTwitter で
Pocket