top

人間にはきっと“暇”が必要である。

4910647166_0e0c8e4fe3_o
Pocket

現在、駒ヶ根でインド派遣前の訓練中です。

久しぶりに義務教育に戻ったような感じです。

面白い仲間ができる事は非常に楽しいですが、座学でつまらないこともあります。

トップ画:Photo credit: blinkingidiot / Foter / CC BY-ND

大企業、大きな組織あるある

僕はJICAの力を借りてインドに行くことになります。

JICAは国が肩を持っているような機関であるためか、とてもルールに厳粛です。

僕が新卒で入った上場企業もとてもルールに厳粛でした。

内閣府かどこかのお偉いところが規定しているのかはわかりません。

そういうところでは一定時間コンプライアンスなどを学ぶ時間が必要だったりします。

その中ではしばし一般論が繰り広げられ、退屈な時間をすごさなければなりません。

“ハラスメント”で抑圧された社会は息苦しい

現代では何事に関してもハラスメントというレッテルが貼られるようになりました。

それをしっかり学んだ人たちは自分に枠を設けすぎて、行動に移しづらくなってしまっているのではないかと思ってしまいます。

言ってみれば僕はハラスメントの塊みたいなものです。

ハラスメントの代名詞。

Mr.ハラスメント。

ネットに“ド下ネタ”を実名で書いてみれば、隣の部屋のSOを“舎弟”呼ばわりしているくらいですからね。

逆算的思考が全てではない

また「目標を達成するために、現在の行動を選択するのが正しい」という価値観が広く一般的です。

このような自己啓発的、義務教育的な逆算思考が僕には合いませんでした。

それを信じて邁進した結果、様々な失敗を経験しました。

□参考記事:【新「新卒3年間」論】僕は新卒3年間で最高の経験をした。

その渦中では“目標を達成しない自分は悪”という評価から自分を益々苦しめることになりました。

僕は坂爪圭吾さんが言うような価値観のもとで生きることを選択します。

□参考記事:【目標達成型より瞬間燃焼型】最近聞かれる10の質問。ー 「幸せになるために生きている」という意識が日本は希薄だ。 – いばや通信

また、タモリさんは

「夢があるようじゃ人間終わりだね」

と言い切っているくらいですしね。

□参考記事:タモリ 夢を持つ生き方について持論「人間終わりだね」 – ライブドアニュース

ユーモアは世界を救い得る

ハラスメントもコンプライアンスも非常にセンシティブな問題でしょう。

でも僕は面倒なのであまり考えたくありません。

それよりも目の前の人を大切にする、ユーモアを混ぜて話をわかりやすくするということのほうがよっぽど重要だと感じています。

チャップリンがユーモアで社会を風刺したような姿勢が人々にわかりやすいのかもしれません。

詰め込むって効果的なんでしょうか。

今訓練中で詰め込み教育の真っ只中、なかなかクリエイティブに発想がしづらくなっている気がします。

訓練前には時間が有り余っていたので、たくさんの面白いことを考えられていた気がします。

まさに「3年寝太郎」のような、以下の記事の通りです。

□参考記事:寝ながらアレコレ考えることが大きな成果を出す可能性を生む。民話「三年寝太郎」に学ぶ。 – コストのかからない男ブログ

神経を使いすぎることなく、楽しく毎日を過ごすことを最も大切に行動を選択していくことにします(^^)

もっと楽しく!

< カルロス出現情報 >

7/9(木)- 9/16(水)派遣前訓練 @長野県駒ヶ根

10/7(水) インド派遣予定

□参考記事:カルロス、故郷・インドに帰ります。

カルロスと会いたい方、いつでも会いましょう!

小林勝宗
TEL:07066863561 or 08011269638
Facebook:https://www.facebook.com/kobayashi.katsuhiro
Twitter:https://twitter.com/crls1031
LINE:crls1031
Schedule:http://bit.ly/1F3ljpn
Mail:carlos1031.ind@gmail.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カルロスをTwitter で
Pocket

コメントを残す

*