[ポリアモリー]田舎でポリアモリーを語る会、無事終了! #田舎ポリアモリー

田舎 ポリアモリー
スポンサードリンク

田舎でポリアモリーを語る会が無事に終了しました。

[イベント]田舎でポリアモリーを語る会 #田舎ポリアモリー

開催1ヶ月前にはすでに定員ギリギリまで達しました。

予想以上に人気コンテンツとなったのがとても驚きでした。
 

大学生から50代までの総勢20名が集いました。

茨城、大阪など遠いところからの参加者も見受けられましたね。
 

会の最中には金谷の海浜公園に行って海風に当たったり、夕日を楽しんだりしました。

参加者さんたちのいつもいる都会とは違った空気で、少しはリフレッシュして頂けたのなら幸いです。

田舎ポリアモリーの様子

ポリアモリーについて、日常で行なっている恋愛関係において、様々な角度からトークを展開しました。

また社会問題の解決策としてのポリアモリーなんて議論も様々なところで見受けられました。

参加者の感想

参加者から感想を募ったので、一部を紹介します。

30代女性

最高に面白かったです!!
自分の考えがいかに狭まっていたか気づき、視野が広がりました。
相手に好きな人ができれば素直に喜ぶ。
それって究極の愛だなぁとも思います。

30代男性

みんなそれぞれ自由に生きてることがわかり安心した。
これでいいんだと。
食べるのも飲むのもやめて光合成で生きてくことを目標に掲げてる人がいたり。
やっぱりこうやって全く違うコミュニティに飛びこんでみるのはいいね!
しへえどんはゆるいミーティングにピッタリの場所。ないす

40代男性

初めましてで会って、サラッとディープな話しができるのも、きのコさんのおかげですかね。
それとも、主催者カルロスが作った鍋のおかげかな?
美味しかった~!

価値観が近い人たちといるのは、心地よいです。
とても有意義な時間でした。

ポリアモリーの世界、本当に成立するのかも。
1歩踏み出してもいいのかな。
話さないと始まらない。
何事も、はじめの一歩なのかな。

実際に行動してる人たちの眼差しと真摯な向き合い方、ポリアモリーは当人同志たちにしかわからない事だけど、誰も適当な人がいないと感じました。
と、同時に人生を愉しむひとつの答えがありました。
ポリアモリーを実践しているファミリーに興味を抱きました。

40代男性

遅れて行ったので既に雰囲気かできあがっていて馴染みずらいんだろうな、と思っていました。
でもみんな気さくに迎えいれてくれてうれしかった。(≧▽≦)
金谷は好きな町なんで、また金谷でやってほしい!

30代男性

既婚者でもお互い自由恋愛を楽しんでいる人や、恋人が3人いる人や、彼氏と彼女が両方いる人など、様々な人がいて面白かった。
参加者はポリアモリーでもそれぞれが全然違っていて、しかしお互いの違いを認めることのできる器の大きい愛に溢れた人達ばかりで、とても心地良い場でした。

金谷は自然に囲まれていて、源泉の温泉があって、海のすぐそばで、飯は美味いし、将来はこういう場所に住みたいと思った。
夏もあれば是非参加したい。
カルロスさんありがとうございました。”

40代女性

色々な方の、現在の状況や考えを聞けて、ポリアモリーについての捉え方が、自分なりに深まったように思います。
社会の枠だけが重要ではなく、個人個人がどのように自分自身を誠実に生きるため、人と人の関係性をどう築いていくか。
生と性を通して、共感したり考えたりできる、いい機会になりました。

ゲストハウスも海も、思った通りにくつろげて素敵なところでした。
自由な感じが最高╰(*´︶`*)╯♡
ありがとうございました!!!”

20代男性

とても楽しくお話できました!
素敵な企画でしたので、また機会があれば参加させていただきます。
金谷と言う土地柄、古民家のゲストハウスといい、私の日常とは異なる空間でした。
それが不思議な感覚となり、話しやすかったです。
ありがとうございました!

30代男性

同じポリアモリーでも、いろんなタイプがいて、興味深かったです。
古民家ゲストハウスでの開催は面白かったです。
コタツに鍋、いいですねー

50代女性

こんな人も存在するんだ。
好きな人が沢山いるって良いな。って思いました。
その人が幸せであることが大切なんだと思います。

鍋料理でお腹いっぱい!!
山や海が綺麗で空気が美味しかったです。
自由な感じも良かった?

なにが正しいか?なにが正解か?でなくて、
どう過ごしたら楽しいか?自分はどう有りたいのか?
そんなことが大切なんだと思います。

20代女性

想像していたのよりも勉強になりました。
日本の法律上では一夫一妻制で、1人の人としか恋愛しちゃいけませんと多くの人は無意識に思ってます。
しかし、実際人間の本能の視点から考えれば、パートナー以外の人に興味を湧くのはごく自然のことではないかと。

世の中の浮気や不倫がなくならないのはまさにその事実を証明していますね。
現状ではポリアモリーはまだまだ少数派のように感じるが、実は誰でもポリアモリーになりうるじゃないかって思いました。

今まではポリアモリーのいう言葉自体あまり知りませんでした。
このイベントに参加して、色んな人の話を聞いて、こういう考え方もあるんだなって新しい価値観に出会うことができました。

2日目に行ったマザー牧場観光は楽しかったです(*^ω^*)

共催者きのコさんの感想

きのコさんもTwitterでつぶやいてくれていました。

上記の感想といい、みなさん楽しんで頂けたようで僕としても嬉しく思います!

時開催は夏かな

次は夏に開催したい、そしてみんなで海に飛び込みたい!

という声が寄せられました。

また開催できれば嬉しいですね!
 

ちなみにこちらが夏に僕が海に飛び込んでいる様子です。

海 金谷 ジャンプ

みんなでまた楽しい時間が共有できればと思います!

わざわざ遠いところまで参加して頂き、ありがとうございました!


  もっと楽しく!
 
ピックアップ
  1. カルロスブログ代表作一覧
  2. ラグビー特化ブログ ➡︎ Sanchoz Rugby
  3. 下ネタ専用ブログ ➡︎ 20代モテたい男子のエロ事情
スポンサードリンク
田舎 ポリアモリー

この思い、届けッ!!!

ABOUTこの記事をかいた人

1988年、生まれのみ岩手県花巻市で、育ちは神奈川県川崎市。2011年、早稲田大学 政治経済学部 経済学科を卒業。体育会ラグビー部に所属し、日本一を経験。五郎丸選手が4年生の時に1年生だった。2011年、野村證券入社。自分の能力のなさに絶望し、1年半で逃げるように退社。その後独立を試みるも、騙されて貯金を切り崩し、アイフル・アコム・レイクで借金100万円を負った。ブログを開始し、今までの失敗談や自分の考えを書き始めると、読者と接点が出来人生が面白くなる。最近は高校で授業をしたり、インドに放浪したり、ミュージシャンのスタッフとして全国ツアーを回ったり、千葉県富津市の金谷に移住したり、イベントを主催したりと、自分が楽しいと思ったことを貪欲に行っている。