top
かんがえたこと

「カルロスさん、面白くないですね」「正直、残念です」会う読者は選ぼう。

カフェ
Pocket

カルロスを知らない方へ!

カルロスこと小林勝宗とは

先日の話です。

食らいましたね(笑)

トップ画:Photo credit: Steve Corey via Foter.com / CC BY-ND

「正直残念です。」

読者が会いたいと言ってきたので会うことにしました。

声を掛けてもらえることはとてもうれしいことです。

あまりにも変なメッセージでなければ2つ返事で会うことにしています。

「同じ川崎市民です。友達になってください。」

「カルロスさん、超おもしろ~い!私、◯◯と◯◯をやっているものでして・・・」

こういうのはスルーさせてもらっていますね。

前者はよくわかりません。

後者は聞いてもないのに自分の商売の話を始めるので、なんか商売に巻き込まれそうですし。

そんな感じで適当に判断しています。

静かな和食屋さんにて

待ち合わせに着いてみると、大柄な男性が待っていました。

静かな和食屋さんに案内され、実に健康的な野菜たっぷりな定食を食べました。

僕はいつも通りに場を楽しませるように話しましたが、全然相手のツボを抑えることが出来ません。

調子が悪いのかなぁ・・・と思いながら、全然場を楽しくすることが出来ませんでした。
 

一方で彼は今回会う目的を話し始めました。

一つは面白そうな方だったので、ただ会いたかった。

もう一つは、自分が転職支援のサービスを提供していて、そういった人が集まりそうなカルロスさんに紹介して欲しい。

ということでした。

後者は出来れば、ほんのちょっと、なんて言っていましたが、コチラが本音でしょう。

別に紹介してもいいのですが、僕もビジネスをやるなら人を選びます。

全然楽しい雰囲気になれない人と一緒にいるのも嫌なのでやんわり断りました。
 

すると

「カルロスさん、想像と違って自分をオープンにしないんですね。」

「自分の見られ方ばかりを気にして守る方なんですね」

「正直、残念です」

そんな言葉たちをまくし立てられました。

僕としてもなんで呼ばれて、飯を食わせてもらって、批判されまくらなきゃならないんだということに、逆に笑うしかありませんでした。

いやぁ、食らいましたね・・・

馬場じむこさん

そんなこともあったので、読者に会うのに積極的になれなくなりそうでした。

でも予定をしてしまっていたので、次の機会もちゃんと会うことにしました。

馬場じむこさんという方で、実は本も出されている方でした。

すげー!w

そして話がまぁ、超面白かったです!

現代社会のことを体験者の見地から話していただいたり、とても身になりました。

僕も本を出すべきと、企画書を出さずに本を出版するルートなども教えてもらったり、非常に有益でした。

ちなみにコチラがじむこさんおWebでの執筆活動です。

□参考:馬場じむこ(書評ブロガー) | パピマミ
 

こういう出会があるからこそ人に会いたくなっちゃうんですよね。

でも前回の経験があるのでこれからはもうちょっと会う人を選ぼうかなと思いました。

もっと楽しく!

カルロスに会おうッ!

カルロス [カルロスに会う方法]やってもらいたいことを、やってもらいたい金額でやってもらおう! カルロス

Dream comes true!!

カルロス wants to do カルロス wants to do!! カルロス wants to do

カルロスと会いたい方、いつでも会いましょう!

小林勝宗 Katsuhiro Kobayashi【Carlos】
TEL:07066863561 or 08011269638
Facebook:https://www.facebook.com/kobayashi.katsuhiro
Twitter:https://twitter.com/crls1031
LINE:crls1031
Schedule:http://bit.ly/1F3ljpn
Mail:carlos1031.ind@gmail.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カルロスをTwitter で
Pocket