[左派に告ぐ]デモもいいけど、対案はこれでどう?

スポンサードリンク

面白い動画を見つけました。

それをシェアするためだけに記事を書きます。

トップ画:Photo credit: Elvir K / Foter / CC BY

対案がなければ意志を表明してはならないか

僕は完全に政治思想は左寄りです。

(毎度ですが、子カルロスは右斜め下です。

 右利きの人は左斜め下の方が多いみたいですね。)
 

よく左をバッシングされる方法として「じゃぁ、対案はどうなんだ?」という場面を見ます。

「嫌なことは嫌!」

でも知識が足りなくて、対案がわからない。。。

こんなところで僕も“思考回路はショート寸前”でしたし、“今すぐ会いたいよ”・・・?
 

でも振り出しに戻りますが、対案がなければ意志は表明してはならないのでしょうか?

対案がなければ議論は深まらないのでしょうか?

よくわかりません。

中国脅威論を上手く取り込む

そんな時に、一つの動画を見つけました。

いかにも胡散臭い風貌の彼ですが、言っていることは至って真面目です。

なるほど!

こういう考え方もあるんですね。

軍事論と経済論は並行できない

ただEUはギリシャショックに見られるような経済危機を多数迎えました。

現状はしっかり把握していませんが、まだまだ危ないんでしょうかね?

おそらく日本も中国や韓国を含め“環太平洋なんちゃら”というものを結ぶとします。

EUがドイツ脅威論を上手く使ったのように、中国脅威論を平和に収められるかもしれません。

でも各国の貨幣価値が著しく異なるので、EUのような経済的混乱は免れないでしょう。
 

TPPは経済的に見れば、完全に不平等条約でしかありません。

(と僕は思っています。)

でも軍事上、米軍と組むためだけに必要ということで結ばれそうですよね。

まぁ、国民は納得いかないことでしょう。
 

軍事か、経済か、どちらをとるのか。

どちらも取れる策はあるのか。

もっと勉強が必要みたいです。
 

僕はこの方のメディアを通してよく勉強しています。

□参考記事:We are all one

完全に左寄りっぽいですが、僕には非常に勉強になっています。

もっと楽しく!

【随時更新】カルロスのほしいものリスト!

【無料開放宣言】カルロス(小林)の取扱説明書

カルロスと会いたい方、いつでも会いましょう!

小林勝宗 Katsuhiro Kobayashi【Carlos】
TEL:07066863561 or 08011269638
Facebook:https://www.facebook.com/kobayashi.katsuhiro
Twitter:https://twitter.com/crls1031
LINE:crls1031
Schedule:http://bit.ly/1F3ljpn
Mail:carlos1031.ind@gmail.com

スポンサードリンク

この思い、届けッ!!!

ABOUTこの記事をかいた人

1988年、生まれのみ岩手県花巻市で、育ちは神奈川県川崎市。2011年、早稲田大学 政治経済学部 経済学科を卒業。体育会ラグビー部に所属し、日本一を経験。五郎丸選手が4年生の時に1年生だった。2011年、野村證券入社。自分の能力のなさに絶望し、1年半で逃げるように退社。その後独立を試みるも、騙されて貯金を切り崩し、アイフル・アコム・レイクで借金100万円を負った。ブログを開始し、今までの失敗談や自分の考えを書き始めると、読者と接点が出来人生が面白くなる。最近は高校で授業をしたり、インドに放浪したり、ミュージシャンのスタッフとして全国ツアーを回ったり、千葉県富津市の金谷に移住したり、イベントを主催したりと、自分が楽しいと思ったことを貪欲に行っている。