top
かんがえたこと

やまとなでしこで感じたのは「清貧」と「挑戦」

やまとなでしこ
Pocket

Facebookで友人がやまとなでしこのYoutubeをシェアしてたもんだから、一夜で全部見切ってしまいました。

廃人、万歳ヽ(=´▽`=)ノ

見ただけでは“真実の廃人”で終わってしまうので、感じたことを記しておきます。

平均視聴率26.4%・やまとなでしこ

実にドラマらしいドラマでしたね(^^)

見てて気持ちよかったです。

以前に東京ラブストーリーを見たこともありますが、こちらのほうがわかりやすくて好きでした。

(あちらはいろいろとしこりが残りましたw)

お金で買えない価値

「清い貧乏」と「ただの金持ち」ではどちらがいいか。

これが中心の命題だと感じました。

最終的には前者が選択されドラマを終えます。

それはお金では決して買えない価値がある、ということが背景にあります。

実にわかりやすく、明快でした。

“行き過ぎた”清貧思想

通常、ドラマの主人公には自身を投影します。

僕も主人公のように純粋であり、貧しくとも清くありたいと思いました。

かと言って、この度が過ぎても良くないと最近感じています。
 

先日、加美さんの投稿を見ました。

いいね!もシェアもとんでもない数になっています。

しかし、僕は以前この記事に対して反論をしたことがありました。

中国 大気汚染 「お金を儲ける事に遠慮してしまいます。…」これは素敵な話ではないっ!! : もっと楽しく! 中国 大気汚染

その頃の僕は、左派の勉強会にも出入りしていました。

既存の価値観を考え直す時。#郭洋春先生の講義による脱成長MTGに参加して

自分の経済に対する疑問を解消してくれ、当時は目からうろこでした。

「足るを知る」という素晴らしい価値観を学びました。

でもそれ一辺倒なのも飽きました。
 

稼いだ先にも素晴らしい世界がありそうです。

それは、ホリエモンや永江一石さんらの活動を見て知りました。

最近の僕は貯金残高が10万を超えることが稀です。

もうちょっとバランスよく生きていく必要がありそうです。

余談:加美大輔さんのユーモアたるやいなや

加美さん、ビジネスもすごいですが、ユーモアも半端ないです。

こちらが僕が初めて加美さんと出会うこととなった投稿ですが、素敵すぎます。

心から尊敬します!!

35歳にて再び志を持つ

もう一つ感じたのは「挑戦」です。

主人公は借金まみれの店を営んでいる状況です。

そんな状況関係なしに、自分の夢に向かって動き始めます。

年齢は35歳です。

ドラマらしい展開ですが、それをドラマで終えるか自分の人生に反映させるか。
 

先日7年間自転車で大陸を移動し続けている日本人を知りました。

[出堀良一]7年間自転車で大陸を移動し続けている日本人、を知って希望が湧いた。#現在90カ国

ポリーラウンジには15年間、世界各国の家を居候し続けている方がいらっしゃいました。

挑戦できる環境は目の前に広がっています。

あとは自分が何を選択するか。
 

僕はインド旅を経て、もっと挑戦できるということを感じました。

さて、何を自分は選択していこうか。

基本的に日常では、筧利夫みたいなまっすぐで面白い人でありたいと思います。


 

もっと楽しく!
 

■ ライター業務、執筆、講演会、トークイベント登壇などの問い合わせは、以下からお気軽にお願いします( ´ ∀ ` )

小林勝宗 Katsuhiro Kobayashi【Carlos】
Facebook:https://www.facebook.com/kobayashi.katsuhiro
Twitter:https://twitter.com/crls1031
Mail:carlos1031.ind@gmail.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カルロスをTwitter で
Pocket