top

【月曜日が楽しみな理由】ラーメン屋を例に説明してみる。

405230515_069ed62dc9_b
Pocket

本編はコチラです。

【ブログコンサル承ります】今、Livedoorブログが猛烈に熱い!!

月曜日は憂鬱ですか?

世の中はブルーマンデーなんて言われますね。

自殺者が多いのも実は月曜日だったりするんですよね・・・

プロ無職として人気ライターのヨッピーさんもツイートで皮肉ってますもんね!

そんな月曜日ですが、実は僕にとっては楽しみでもあるんです。

平日には株式市場が動く

それは“株式市場が開くから”です。

2865510059_28b4599b6e_b

Photo credit: Stéfan / Foter / CC BY-SA

僕は株をやっていますので、毎週月曜日がくると少し楽しみだったりします。

「今週はどういう動きをするのかな?」

と言うことを想像せずにはいられませんね!

そこでいきなり“株”とか言われてもそもそも「株」とは何なのでしょうか。

今日はラーメン屋さんを例に「株」について説明していこうと思います。

ラーメン屋で株を説明

あるところに太郎さんという類まれなるくらい普通の男性がいました。

突然ですが、太郎さんは美味しいラーメンのレシピを開発することに成功します。

405230515_069ed62dc9_b

Photo credit: wEnDaLicious / Foter / CC BY-ND

これを多くの人に広めるために「ラーメン屋を始めたい」と考えました。

材料費・チューボーの設備代・店舗改装費など合計500万円は最低でも必要になりました。

しかし太郎さんにはお金がありません。

貯金は総額300万円しかないので、あと200万円が必要です。

200万円の調達方法

まず銀行で200万円を貸してくれるように頼んでみました。

すると成功するかどうか分からない太郎さんのラーメン屋に、銀行はそう簡単にお金を貸してくれません。

それでも太郎さんはやっぱりラーメンを作りたいと思っています。

どうにかして残り200万円集めたいと。

銀行がダメなら・・・

最終手段として両親から100万円ずつ借りる方法を思いつきます。

太郎さんはそう決断し、両親にそのことを話してみることにしました。

すると意外にもすんなりと応援してくれることになりました。

結果、

・父親:150万円、

・母親:50万円

を借りることに成功しました。

200万円は返さなくてもいい

両親からは

この金は返さなくてもいい。お前への投資だ!

と言われました。

それでは申し訳ないと思った誠実な太郎さんは、株を発行することにします。

「1株=1万円」で株券を発行しました。

それを両親に渡す代わりに、太郎さんは両親からお金を頂きました。

これが株の仕組みである

一旦整理します。

・太郎:自己資金300万円(300株を所有)

・父親:150万円(150株を所有)

・母親:50万円(50株を所有)

⇨合計:500万円(発行済株式総数500株)

となりました

つまりこれが株式会社の仕組みであり、株というものです。

要するに株券を発行するということは、“誰かに発行した株を買ってもらって、引き換えにお金を調達する手段”として用いられます。

さらに言うと、現在の株価は“1株=1万円”です。

なぜなら1株=1万円で発行しているからです。

まとめ

このラーメン屋の話をベースに展開します。

今後は「どうやって株価は動くのか?」、「株価の決まり方」「株式上場」「配当」「会計」「経済」について書いていこうと思います。

ということで乞うご期待(^^)

では今日はこの辺で失礼しますっ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カルロスをTwitter で
Pocket

コメントを残す

*