僕のブログを一番理解して欲しいのは、間違いなく過去の自分だ。

カルロス 広島時代

カルロスを知らない方へ!

カルロスこと小林勝宗とは

僕はなんのためにブログを書いているのか。

それがちょっと腑に落ちた。

といってもこれは移り変わるものである。

現時点での答えでしかない。

明日変わることだって大いにある。

でも、今の気持ちを記したい。

ただ楽しいだけである。

カルロスさんのブログに元気をもらいました!

カルロスさんだから是非相談したいと思いました!

そんなメッセージを貰うようになり非常に嬉しく思う。

ただ僕は人を救うために、人の役に立つためにブログを書いているわけではない。

自分が楽しいからやっているだけである。

だからちょっと不思議な感覚にさいなまれる。

ブログに関しては(今のところ)アフィリエイト、広告も貼らず、収益的にはなんもない。

でも楽しいから続けられている。

不安を煽ればたくさん読まれる

不安を煽れば購入は促される。

これは世の常識かもしれない。

そして記事に関しても同じで、不安を煽ればたくさんの人の目に届くようになる。

その情報が本当にたくさんの目に届くべき内容だったりすれば問題ないと思う。

だが僕はそのスタイルは取りたくない。

野村証券の記事も人によっては不安を煽っているととられるようだが、僕はそんなつもりは毛頭ない。

そう感じられてしまっていることをただただ残念に思う。

過去の自分への手紙である。

では僕はなんのために書いているのか。

それは「過去の自分への手紙」なのかもしれない。

僕は自己紹介の記事に書いてある通り、新卒3年間で手当たり次第に失敗した。

そして既存のレールから踏み出してしまったことにより、人生が終わったと思った。

僕は資本主義社会では生きる価値がない人間だと思った。
 

でもそれは錯覚だった。

今レールから外れることで、無限の可能性を目の当たりにしている。

最近の僕のブログは活動記録のようになっている。

こんなことあったよ!

こんなことも出来るんだよ!

これは人生が終わったと思っていた僕に投げかけているメッセージなのかもしれない。

絶望を目の前にした僕をよしよし、と頭を撫でてあげているのかもしれない。

それに共感する人が少なからずいるのかなと少し思った。

過去の自分ではなく、今の自分、未来の自分。

これらをもっと表現していくことが一つの課題なのかもしれない。

でも自分の思うままに書き綴っていこうと思う。

もっと楽しく!

12月20日(日)18時:坂爪圭吾さん 中島芭旺くん 対談

坂爪圭吾 中島芭旺 いばや通信・坂爪圭吾 × 天才少年・中島芭旺 対談 坂爪圭吾 中島芭旺

12月16日(水)19時:たろう、カルロスのオフ会

たろう、カルロスのオフ会 たろう、カルロスのオフ会 たろう、カルロスのオフ会

ブログ塾、始めます!

カルロス Wonderful 「ブログを活用して、もっと楽しい日常を」毎月4名限定・カルロスブログ塾、始動!! カルロス Wonderful

記事作成依頼、承ります。

あなたの人生を僕なりに綴ります。 #記事作成依頼開始 カルロス 横顔

Dream comes true!!

カルロス wants to do カルロス wants to do!! カルロス wants to do

カルロスと会いたい方、いつでも会いましょう!

小林勝宗 Katsuhiro Kobayashi【Carlos】
TEL:07066863561 or 08011269638
Facebook:https://www.facebook.com/kobayashi.katsuhiro
Twitter:https://twitter.com/crls1031
LINE:crls1031
Schedule:http://bit.ly/1F3ljpn
Mail:carlos1031.ind@gmail.com

カルロス 広島時代

この思い、届けッ!!!

ABOUTこの記事をかいた人

1988年、生まれのみ岩手県花巻市で、育ちは神奈川県川崎市。2011年、早稲田大学 政治経済学部 経済学科を卒業。体育会ラグビー部に所属し、日本一を経験。五郎丸選手が4年生の時に1年生だった。2011年、野村證券入社。自分の能力のなさに絶望し、1年半で逃げるように退社。その後独立を試みるも、騙されて貯金を切り崩し、アイフル・アコム・レイクで借金100万円を負った。ブログを開始し、今までの失敗談や自分の考えを書き始めると、読者と接点が出来人生が面白くなる。最近は高校で授業をしたり、インドに放浪したり、ミュージシャンのスタッフとして全国ツアーを回ったり、千葉県富津市の金谷に移住したり、イベントを主催したりと、自分が楽しいと思ったことを貪欲に行っている。